リバデオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ribadeo

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

自治体庁舎
自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag of Lugo province.svg ルーゴ県
コマルカ ア・マリーニャ・オリエンタル
司法管轄区 モンドニェード
面積 108.9 km²
教区数 12
居住地区数 135
人口 10,061 人 (2012年)[1]
人口密度 92.39 人/km²
住民呼称 ribadense
ガリシア語率 91.64% (2011年[2]
自治体首長
(2011年)
フェルナンド・スアーレス・バルシア
BNG
Ribadeoの位置(スペイン内)
Ribadeo
Ribadeo
スペイン内リバデオの位置
Ribadeoの位置(ルーゴ県内)
Ribadeo
Ribadeo
ルーゴ県内リバデオの位置

北緯43度32分10秒 西経7度02分25秒 / 北緯43.53611度 西経7.04028度 / 43.53611; -7.04028座標: 北緯43度32分10秒 西経7度02分25秒 / 北緯43.53611度 西経7.04028度 / 43.53611; -7.04028
リバデオ公式サイト

ガリシア州内の位置

リバデオRibadeo)は、スペインガリシア州ルーゴ県の自治体、コマルカ・ダ・マリーニャ・オリエンタルに属す。ガリシア統計局によれば、2012年の人口は10,061人(2011年:10,023人、2009年:9,983人)[1]。住民呼称は、男女同形のribadense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は91.64%(2001年)。

地理[編集]

リバデオはルーゴ県の北東部に位置し、コマルカ・ダ・マリーニャ・オリエンタルに属する。北は大西洋(カンタブリア海)に面し、東はリア・デ・リバデオエオ川をはさんでアストゥリアス州カストロポルベガデオ)と、南はトラバーダと、西はバレイロスの各自治体と隣接する[3]

リバデオはモンドニェード司法管轄区に属す[4]

人口[編集]

住民は12の教区の135の地区(集落)に居住する[1]

リバデオの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[5]、1996年 - [6]

歴史[編集]

経済[編集]

交通[編集]

N-634号線はリア・デ・リバデオにかかるサントス橋(Ponte dos Santos)でアストゥリアスとつながっており、海岸地帯を経てフォスフェロルア・コルーニャサンティアゴ・デ・コンポステーラへと至っている。スペイン狭軌鉄道(FEVE)によってヒホンオビエドともつながっている。

政治[編集]

自治体首長はガリシア民族主義ブロック(BNG)のフェルナンド・スアーレス・バルシア(Fernando Suárez Barcia)、自治体評議員は、ガリシア民族主義ブロック:7、ガリシア国民党(PPdeG):4、UPRI(Unión do Pobo Ribadense、リバデオ住民連合):1、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):1となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[7]

1999年6月13日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 3,006 53.90% 8
BNG 1,394 25.00% 3
PSdeG-PSOE 980 17.57% 2
EU-IU[8] 113 2.03% 0

首長当選者:ホセ・カルロス・ロドリゲス・アンディーナ(PPdeG)

2003年5月25日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 2,597 42.98% 6
PSdeG-PSOE 1,941 32.13% 4
BNG 1,408 23.30% 3

首長当選者:バルビーノ・ペレス・バカス(PSdeG-PSOE)

2007年5月27日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
BNG 1,927 30.70% 4
PPdeG 1,815 28.92% 4
PSdeG-PSOE 1,530 24.37% 3
UPRI[9] 899 14.32% 2

首長当選者:フェルナンド・スアーレス・バルシア(BNG)

2011年5月22日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
BNG 2,701 44.12% 7
PPdeG 1,897 29.35% 4
UPRI 742 12.12% 1
PSdeG-PSOE 735 12.01% 1

首長当選者:フェルナンド・スアーレス・バルシア(BNG)

名所・観光[編集]

  • カテドライス海岸(Praia das Catedrais) - アウガス・サンタス海岸とも呼ばれる。ア・デベーサ教区にある景勝地。浸食された崖となっており、シュンタ・デ・ガリシア(ガリシア自治政府)によって天然記念物に指定されている。
  • イバニェス館(Praia das Catedrais) - 18世紀に陶器のサルガデーロスを創設したアントーニオ・ライムンド・イバニェス(Antonio Raimundo Ibáñez)、サルガデーロス侯爵の館。
  • インディアーノの家(Casas de Indianos) - インディアーノの家とは、かつてインディアスと呼ばれた新大陸アメリカに移民し、成功。彼らが送金した金によって建てられた家である。当時アメリカへの移民者はインディアーノと呼ばれたため、この名称で呼ばれる。リバデオにはいくつものインディアーノの家がある。

教区[編集]

リバデオは12の教区に分けられる。

  • アランテ(サン・ペドロ)
  • セドフェイタ(サンタ・マリーア・マダレーナ)
  • コウシェーラ(サンティアーゴ)
  • コベーラス(サン・ビセンテ)
  • ア・デベーサ(サンタージャ)
  • オベ(サン・ショアン)
  • ピニェイラ(サン・ショアン)
  • リバデオ(サンタ・マリーア)
  • リンロ(サン・ペドロ)
  • サンタージャ・デ・ビラウセンデ(サンタージャ)
  • ビラフラミル(サン・ロウレンソ)
  • ビラセラン(サンタ・マリーア)

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b c IGE(ガリシア統計局)” (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2013年7月27日閲覧。
  2. ^ Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública., http://praza.gal/recurso/1263/evolucion-no-uso-do-galego-por-concellos/ 
  3. ^ Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.22、p.92-94、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5838-0
  4. ^ Mondoñedo, partido judicial nº1 de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年8月12日閲覧。
  5. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  6. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  7. ^ a b c d e Consulta de Resultados Electorales” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior, Subsecretaría Dirección General de Política Interior. 2013年9月20日閲覧。
  8. ^ EU-IUはEsquerda Unida - Izquierda Unida(ガリシア統一左翼)、統一左翼の地域支部政党。
  9. ^ UPRIはUnión del Pueblo Ribadense-Unión do Pobo Ribadense(リバデオ住民連合)、ローカル政党。


外部リンク[編集]