リッキー・ローソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リッキー・ローソン
Ricky Lawson
出生名 Richard David Lawson
生誕 (1954-11-08) 1954年11月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト
死没 (2013-12-23) 2013年12月23日(59歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ
ジャンル ジャズ
フュージョン
ポップ・ミュージック
ロック
R&B
職業 ドラマーコンポーザー
担当楽器 ドラム
活動期間 1970年代 - 2013年
共同作業者 イエロージャケッツ
マイケル・ジャクソン
公式サイト Ricky Lawson's Official Web page

リッキー・ローソンRicky Lawson1954年11月8日 - 2013年12月23日)は、アメリカセッションドラマーコンポーザー

最初期のフュージョン・バンド、イエロージャケッツのオリジナル・メンバーで、マイケル・ジャクソンのツアーにも参加していた。

略歴[編集]

デトロイト出身。チャールズ・バニスター・ドラムスクールでドラムを学ぶ。同窓生にはマービン・レノアーがいる。

主にセッション・マンとして活動しており、ロベン・フォード等をサポートしていた。彼の1978年発表のアルバム『ギターに愛を (The Inside Story)』にキーボーディストのラッセル・フェランテ、ベーシストのジミー・ハスリップと参加し、共演したのをきっかけにイエロージャケッツを結成。1981年にワーナー・ブラザース・レコードと契約し、セルフ・タイトルのアルバムを発表した。ローソンは、1987年まで在籍していた。

以後もセッション・マンとして活動するなか、コンポーザーとしても活動した。1998年にはフィル・コリンズアル・ジャロウジェラルド・アルブライトジョージ・デューク等の友人達とともにソロ・アルバム『ファースト・シングス・ファースト』を発表した。

2013年12月13日の公演中に体調不良となり、脳動脈瘤で重体となり、12月23日に死去[1]。59歳没。翌2014年3月に発表されたフォープレイのベーシスト、ネイザン・イーストの初ソロ・アルバム『ネイザン・イースト』のレコーディングに参加しており、これが遺作となった[2]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『ファースト・シングス・ファースト』 - First Things 1st (1998年)
  • Ricky Lawson and Friends (2001年)
  • Christmas with Friends (2008年)

イエロージャケッツ[編集]

  • 『イエロージャケッツ』 - Yellowjackets (1981年)
  • 『マリブの旋風 (かぜ)』 - Mirage a Trois (1983年)
  • 『サムライ・サンバ』 - Samurai Samba (1985年)
  • 『シェイズ』 - Shades (1986年)

参加アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米ドラマー、R・ローソン氏が死去 MSN産経ニュース 2013年12月25日
  2. ^ Nathan East: Dramatic Debut Solo Album – Bass Musician Magazine, March 2014 Issue - Nathan East http://nathaneast.com 2014年3月1日

外部リンク[編集]