リスペクト (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リスペクト
Respect
監督 リースル・トミー
脚本 トレイシー・スコット・ウィルソン
原案 トレイシー・スコット・ウィルソン
カーリー・クーリ
製作 ハーヴィー・メイソン・Jr
スコット・バーンスタイン
ジョナサン・グリックマン
ステイシー・シェア
製作総指揮 ジェニファー・ハドソン
スー・ベイドン=パウエル
ジェイソン・クロース
アーロン・L・ギルバート
リースル・トミー
出演者 ジェニファー・ハドソン
フォレスト・ウィテカー
マーロン・ウェイアンズ
オードラ・マクドナルド
音楽 クリス・バワーズ
撮影 クレイマー・モーゲンソー
編集 アヴリル・ボークス
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
ブロン・クリエイティブ英語版
シネサイト
グリックマニア
ワン・コミュニティ
クリエイティブ・ウェルス・メディア・ファイナンス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ・リリーシング
世界の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2021年8月13日
日本の旗 2021年11月5日
上映時間 142分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000[2]
興行収入 $31,500,000[3]
日本の旗 2億1000万円[4]
テンプレートを表示

リスペクト』(原題: Respect)は2021年アメリカ合衆国伝記ドラマ映画。 監督は長編監督デビュー作となるリースル・トミー、脚本はトレーシー・スコット・ウィルソン、カリー・クーリが務め、ジェニファー・ハドソンフォレスト・ウィテカーマーロン・ウェイアンズオードラ・マクドナルドらが出演する。 アメリカの歌手アレサ・フランクリンの人生を題材にしている。

概略[編集]

アレサ・フランクリンは子供時代に父親が運営する教会の聖歌隊に所属しており、その才能の片鱗を既に見せていた。大人になったアレサはそのまま歌手の道へと進み、ついには「ソウルの女王」と称されるほどの成功を収めた。しかし、その私生活は順風満帆なものではなかった。

本作はそんなアレサの前半生を描き出していく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替。

製作[編集]

アレサ・フランクリンは20年以上にもわたって自身の伝記映画を製作しようとしており、ハル・ベリーかオードラ・マクドナルドが若い頃の自分を演じてくれることを願っていた。しかし、フランクリンは計画の実現を見ないまま2018年8月16日にこの世を去った。その時点で、既にジェニファー・ハドソンの主演起用が決定していたという[5]。そして、2019年1月10日、リースル・トミーが本作の監督に起用されたと報じられた[6]。10月18日、本作の主要キャストが発表された[7]

撮影・音楽[編集]

本作の主要撮影は2019年9月にジョージア州アトランタで始まり[8]、2020年2月15日に終了した[9]

2020年8月25日、クリス・バワーズが本作で使用される楽曲を手掛けるとの報道があった[10]。2021年6月18日、ハドソンが歌う劇中歌「Here I Am (Singing My Way Home)」がシングルとして発売された[11]。8月13日、本作のサウンドトラックとスコアアルバムが発売された[12][13]

公開・マーケティング[編集]

当初、本作は2020年8月14日に全米公開される予定だったが[14]、後に公開日は同年10月9日→12月25日→2021年1月15日→同年8月13日と延期されていった[15][16][17]

2019年12月20日、本作の劇中映像が初めて公開された[15]。2020年6月29日、本作のティーザー・トレイラーが公開された[18]。2021年5月29日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[19]。8月14日、本作はロカルノ映画祭で上映された[20]

興行収入[編集]

本作は『フリー・ガイ』及び『ドント・ブリーズ2』と同じ週に封切られ、公開初週末に1000万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[2]、実際の数字はそれを若干下回るものとなった。2021年8月13日、本作は全米3207館で公開され、公開初週末に880万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場4位となった[21]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには98件のレビューがあり、批評家支持率は62%、平均点は10点満点で6.3点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『リスペクト』はごく普通の伝記映画であり、アレサ・フランクリンの唯一無二の輝きを十分に表現できていない。しかし、ジェニファー・ハドソンの名演はリスペクトに値するものである。」となっている[22]。また、Metacriticには34件のレビューがあり、加重平均値は63/100となっている[23]。なお、本作のCinemaScoreはAとなっている[24]

出典[編集]

  1. ^ リスペクト”. 映画.com. 2021年8月16日閲覧。
  2. ^ a b Disney’s ‘Free Guy’ Is Playing Only in Theaters. Can That Help Ticket Sales?”. Variety (2021年8月11日). 2021年8月25日閲覧。
  3. ^ Respect (2021)”. The Numbers. 2021年8月25日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報』 2022年3月下旬特別号 p.37
  5. ^ Aretha on Screen: What’s the Fate of Jennifer Hudson Biopic and Embattled ‘Amazing Grace’ Doc?”. Variety (2018年8月17日). 2021年8月14日閲覧。
  6. ^ Liesl Tommy to Direct Aretha Franklin Biopic ‘Respect’”. Variety (2019年1月10日). 2021年8月14日閲覧。
  7. ^ ‘Respect’: MGM Aretha Franklin Biopic Rounds Out Cast With Forest Whitaker, Marlon Wayans, Mary J. Blige & More”. Deadline.com (2019年10月18日). 2021年8月14日閲覧。
  8. ^ EXCLUSIVE: Aretha Franklin biopic ‘Respect’ starring Jennifer Hudson shooting in Georgia”. The Atlanta Journal-Constitution (2019年9月11日). 2021年8月14日閲覧。
  9. ^ Jennifer Hudson Says It Was An “Honor” After Wrapping Production On Aretha Franklin Biopic ‘Respect’”. Deadline.com (2020年2月15日). 2021年8月14日閲覧。
  10. ^ Kris Bowers to Score Liesl Tommy’s ‘Respect’”. Film Music Reporter (2020年8月25日). 2021年8月14日閲覧。
  11. ^ ‘Respect’ to Feature Original Song ‘Here I Am (Singing My Way Home)’ by Jennifer Hudson”. Film Music Reporter (2021年6月16日). 2021年8月14日閲覧。
  12. ^ ‘Respect’ Score Album to Be Released”. Film Music Reporter (2021年8月12日). 2021年8月14日閲覧。
  13. ^ ‘Respect’ Soundtrack Album Details”. Film Music Reporter (2021年7月26日). 2021年8月14日閲覧。
  14. ^ Lodric D. Collins To Play Smokey Robinson In Aretha Franklin Biopic ‘Respect’; Vincent Pastore Joins ‘The Birthday Cake’; Michael Braun In ‘Deep Water’”. Deadline.com (2019年12月13日). 2021年8月14日閲覧。
  15. ^ a b Jennifer Hudson Demands R-E-S-P-E-C-T In First-Look Aretha Franklin Biopic Footage”. Deadline.com (2019年12月20日). 2021年8月14日閲覧。
  16. ^ Aretha Franklin Biopic ‘Respect’ Heads To Christmas For Awards Season Rollout”. Deadline.com (2020年3月26日). 2021年8月14日閲覧。
  17. ^ Aretha Franklin Biopic ‘Respect’ Going Wide Over MLK Weekend Instead Of Christmas Platform Release”. Deadline.com (2020年7月22日). 2021年8月14日閲覧。
  18. ^ RESPECT Official Teaser Trailer”. YouTube (2020年6月29日). 2021年8月14日閲覧。
  19. ^ RESPECT Official Trailer MGM Studios”. YouTube (2021年5月29日). 2021年8月14日閲覧。
  20. ^ Locarno Unveils 2021 Line-Up: Abel Ferrara’s Ethan Hawke-Starrer ‘Zeros And Ones’ To World Premiere”. Deadline.com (2021年7月1日). 2021年8月14日閲覧。
  21. ^ Domestic 2021 Weekend 33/August 13-15, 2021”. Box Office Mojo. 2021年8月25日閲覧。
  22. ^ Respect”. Rotten Tomatoes. 2021年8月14日閲覧。
  23. ^ Respect (2021)”. Metacritic. 2021年8月14日閲覧。
  24. ^ 午後1:13 · 2021年8月14日 by@CinemaScore”. Twitter. 2021年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]