ラートリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラートリーRātrī)は、の意で、インド神話における女神である。天空神ディヤウスの娘で[1]、暁の女神ウシャスの姉[2]。また太陽の母とされる。『リグ・ヴェーダ』における数少ない女神の1つであり、ウシャスとともに称えられることが多いが[3]、独立讃歌はわずか1詩篇にとどまる(10巻127)。讃歌においては夜間の安全と安息が祈願されており、それによると女神は夜空の星を目としてあらゆる地を監視し[4]、ウシャスと交代して暗闇を遠ざけ、帰路に就く者を守護し、オオカミや盗人を遠ざけるという[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『リグ・ヴェーダ』10巻127・8。
  2. ^ 『リグ・ヴェーダ』10巻127・3。
  3. ^ 『インド神話伝説辞典』によれば1巻142、188など(ラートリーの項、p.339)。
  4. ^ 『リグ・ヴェーダ』10巻127・1。
  5. ^ 『リグ・ヴェーダ』10巻127・3-6。

参考文献[編集]