ラ・ヴァレンヌ (メーヌ=エ=ロワール県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
La Varenne
Confluent de la Divatte et de la Loire au fond La Varenne.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason duche fr Anjou (moderne).svg
(département) メーヌ=エ=ロワール県Blason duche fr Anjou (moderne).svg
(arrondissement) ショレ郡
小郡 (canton) ラ・ポムレー小郡
INSEEコード 49360
郵便番号 49270
市長任期 ジャン=シャルル・ジュエル[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) C. C. du canton de Champtoceaux
人口動態
人口 1 733人
2012年
人口密度 122人/km2
住民の呼称 Varennais, Varennaise
地理
座標 北緯47度18分48秒 西経1度19分15秒 / 北緯47.3133333333度 西経1.32083333333度 / 47.3133333333; -1.32083333333座標: 北緯47度18分48秒 西経1度19分15秒 / 北緯47.3133333333度 西経1.32083333333度 / 47.3133333333; -1.32083333333
標高 平均:64m
最低:1m
最高:82m
面積 14.19km2
La Varenneの位置(フランス内)
La Varenne
La Varenne
公式サイト Site de La Varenne
テンプレートを表示

ラ・ヴァレンヌLa Varenne)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県のかつて存在したコミューン

地理[編集]

モージュ地方北部にあるコミューンで、ロワール川南岸とディヴァット川の中間に位置している。ロワール=アトランティック県との県境にあり、ナントの東25km、アンスニの西15km、アンジェの南70kmのところにある。

同じ県のコミューンではシャントソーと、ロワール=アトランティック県のコミューンではバルブシャラ・シャペル=バス=メール、ル・セリエ、ウドンと接している。

ロワール川に浮かぶモロン島は、行政上はラ・ヴァレンヌに属している。

都市化[編集]

1999年にINSEEがまとめた順位表によれば、ラ・ヴァレンヌは都市化された農村型コミューンであった。メーヌ=エ=ロワール県のコミューンではあるが、ナント都市圏の一部となっている。

由来[編集]

varenneとはラテン語のterre sableuse(沖積された土地)からきている。これはロワールの強い存在感や蛇行する様、そしてディヴァット川と境界を接していることを想起させる。

歴史[編集]

歴史的に、ラ・ヴァレンヌはブルターニュアンジューの間に広がる緩衝地帯、マルシュ・ド・ブルターニュ(fr、シャントソーからモンフォーコンまで広がる)の一部であった。

10世紀、アンジュー伯フルク・ネラは新たな領土を占領し、アンジュー伯領をディヴァット川岸まで西進させ、南はモージュ地方を占領した。領地のうえでも、司法及び政治上でも、ラ・ヴァレンヌはアンジュー伯領、アンジュー公領であった。宗教上では、ラ・ヴァレンヌ教区はシャントソーやラ・ボワシエール=デュ=ドレと同様に、フランス革命までナント司教区に属していた。1790年、それまでナント司教区に属したアンジューの教区は、メーヌ=エ=ロワール県新設に伴いアンジュー教区に編入された。

ヴァンデ戦争中の1794年3月17日、エティエンヌ・コルドリエ率いる地獄部隊がシャントソーを通過しラ・シャペル=バス=メールへ向かった。その日、38人のラ・ヴァレンヌ住民(36人の男性と2人の女性)に死が宣告されたとラ・ヴァレンヌで登記されている。犠牲者の最年少は19歳、最年長は91歳であった。

2014年、自治体間連合に加盟する全てのコミューンが合併して新たにコミューン・ヌーヴェル(frサルコジ政権時代に成立したフランス国家領土改革法によって、合併して誕生したコミューンの名称)となる案が浮上した。2015年7月1日から8日にかけ、自治体間連合内の全コミューン議会でコミューン・ヌーヴェルであるオレ=ダンジュー創設を可決した[2][3]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
864 887 904 1088 1278 1366 1612 1733

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[4]、2004年以降INSEE[5][6]

脚注[編集]