ラヴX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラヴX
Lovex
出身地 フィンランドの旗 フィンランド 西スオミ州
ピルカンマー県 タンペレ
ジャンル グラム・メタル
グラムロック
活動期間 2001年 - 現在
レーベル フィンランドの旗 EMIフィンランドフィンランド語版2004年 - 現在)
ドイツの旗 GUN レコード2006年 - 2009年
日本の旗 EMIミュージック・ジャパン2007年9月 - 現在)
公式サイト lovex.fi (フィンランド語)
メンバー テオン・マッキンセーン(ヴォーカル
ヴィヴィアン・シンアモール(ギター
サミー・ブラック(ギター)
クリスチャン(キーボード
ジュリアン・ドレイン(ドラムス
ジェイソン(ベース

ラヴX(Lovex)はフィンランドロックバンド。前バンドで活動していた一部のメンバーと元メンバーが、彼ら自身の音楽を楽しみ、またそれを表現するため、2001年から2002年にかけて結成された。

来歴[編集]

2004年、ラヴXはEMIフィンランドフィンランド語版と契約し、多数の楽曲を制作し、レコーディングした。2005年8月、ラヴXの初ヒット曲『ブリーディング』が発売された。二枚目のシングル『ガーディアン・エンジェル』は2006年1月に発売され、フィンランドで大ヒットした。続いてラヴXの初アルバム『ディヴァイン・インサニティー英語版』が2006年3月に発売された。ドイツスイスオーストリアでは、シングル『ガーディアン・エンジェル』が2007年1月5日に発売され、アルバムは2007年2月16日に発売された。日本では2007年9月19日に発売された[1]。ラヴXはユーロビジョン・ソング・コンテスト2007に出場し、『ディヴァイン・インサニティー』に収録された楽曲『エニーワン・エニーモア』を演奏し、好評を博した。

2010年1月、ラヴXは、三枚目のアルバム『ウォッチ・アウト!英語版』に収録される予定の『マーブル・ウォールズ』と名づけられたデモ曲を、Myspaceにアップロードした。2010年夏、ラヴXは『ウォッチ・アウト!』のレコーディングを開始した。9月8日、ヴィヴィアンはFacebookを通じて、『ウォッチ・アウト!』の制作が佳境を迎えていること、残すはジャケット写真の制作のみであることを発表した。2011年初頭、ラヴXは『ウォッチ・アウト!』の発売日が5月11日になると発表した。4月5日、ジャケット写真が公表された。4月14日、アルバム収録曲である『スレイヴ・フォー・ザ・グローリー』のミュージック・ビデオが公表された。2011年5月11日、ラヴXの三枚目のアルバムとなる『ウォッチ・アウト!』がいよいよ発売された。同日、アルバムから『U.S.A.』がシングル・カットされた。『U.S.A.』のミュージック・ビデオはアメリカとフィンランドで撮影され、2011年6月7日に公表された。2011年9月、アルバムと同名曲である『ウォッチ・アウト!』がシングル・カットされた。

日本での展開[編集]

日本では、2011年7月6日に『ウォッチ・アウト!』の日本盤がEMIミュージック・ジャパンから発売された。日本盤にはボーナス・トラックが収録されており、うち一曲『U.S.A.(feat. 雅-MIYAVI-)』には、日本のヴィジュアル系ミュージシャンである雅-MIYAVI-が客演として参加した。ラヴXは、もともと2009年10月25日幕張メッセで開催されたV-ROCK FESTIVALへの出演を契機に、日本のバンドに興味を持ち始めていた[2][3]。日本盤を発売するうえで、ラヴXとEMIフィンランドとの間で話し合いが持たれ、日本盤に収録するボーナス・トラックには特別なアーティストに客演を依頼したいとの意見が上がった[2][3]。そこで、フィンランドにも多くのファンを擁し、同じEMIグループの内国レーベルに所属するアーティスト同士でもある雅-MIYAVI-との協業が実現した[2][3]

メンバー[編集]

全メンバーが変名を名乗っており、本名を使うことはない。

アルバム[編集]

  1. ディヴァイン・インサニティー英語版2007年9月19日、TOCP-66707、EMIミュージック・ジャパン
  2. プリテンド・オア・サレンダー英語版2008年5月21日、TOCP-66793、EMIミュージック・ジャパン)
  3. ウォッチ・アウト!英語版2011年7月6日、TOCP-71093、EMIミュージック・ジャパン)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フィンランドから注目のR&Rバンド、ラヴXが登場” (日本語). CDジャーナル. 音楽出版社 (企業) (2007年8月16日). 2012年4月28日閲覧。
  2. ^ a b c 新世代ハード・ロックの聖地フィンランド発!ラヴX新作発売!雅-MIYAVI-がゲスト参加!” (日本語). EMIミュージック・ジャパン (2011年7月6日). 2012年4月25日閲覧。
  3. ^ a b c ラヴX新作アルバムに、“サムライ・ギタリスト”雅-MIYAVI-がゲスト参加!” (日本語). Vif. アンドモア (2011年7月7日). 2012年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]