ララ物資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ララ物資(ララぶっし)とは、ララ(LARA ; Licensed Agencies for Relief in Asia:アジア救援公認団体)が提供していた日本向けの援助物資のこと。

概要[編集]

ララはアメリカ合衆国救済統制委員会が1946年(昭和21年)6月に設置を認可した日本向け援助団体。1946年(昭和21年)1月22日アメリカサンフランシスコ在住の日系アメリカ人浅野七之助が中心となって設立した「日本難民救済会」を母体としている。

当時アメリカにおける対外的な慈善活動は「海外事業篤志団アメリカ協議会」(American Counsel of Voluntary Agency for Work Abroad) が担っていたが、その対象地域は欧州のみであり日本は含まれていなかった。そのため、日本に対する援助物資輸送のために新たな援助団体を設立する必要があった。反日感情が残る中での「アジア救援公認団体」認可に際しては知日派キリスト友会員の協力によるところが大きい。

支援物資は1946年(昭和21年)11月から1952年(昭和27年)6月までに行われ、重量にして3300万ポンド余の物資と、乳牛や2000頭を越える山羊などもあり、全体の割合は食糧75.3%、衣料19.7%、医薬品0.5%、その他4.4%となった。[1]多数の国にまたがり、多くの民間人、民間団体からの資金や物資の提供であったためその救援総額は不明であるが、推定で当時の400億円という莫大な金額であったといわれている[2]

救援物資の20%は日系人が集めたものだといわれている[1]

アイスクリームチョコレート、日本のみんなに下さった、ララのみなさんありがとう」という歌があったという[3]。また、療養所でララ物資を受け取った歌人の歌がある(「華麗なるドレス身につけひとときははしゃぎてはみぬララの配給」)[4]

年表[編集]

(終了以降)
  • 1997年(平成09年) - 外務省は第14回外交記録公開で受け入れ経緯などを示す史料、外務省記録「ラ・ラ(アジア救済連盟)関係雑集」を公開[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 議長は傍聴席にいる総司令部公衆衛生福祉部福祉課長・ネフ、ララ代表者バット、バット夫人、マキロップ、ローズ女史の5名を紹介。

出典[編集]

  1. ^ a b c 奥須磨子 2007.
  2. ^ 五月女光弘 1996.
  3. ^ 『桑原征平 粋も甘いも』ABCラジオ、2011年5月12日放送。
  4. ^ 「福田節子遺稿集」(歌誌「未来」1953年4月号)
  5. ^ 千代田区立麹町幼稚園 2015.
  6. ^ [[#CITEREF.E5.9B.BD.E7.AB.8B.E5.9B.BD.E4.BC.9A.E5.9B.B3.E6.9B.B8.E9.A4.A81947-07-31|国立国会図書館 1947-07-31]].
  7. ^ (外交史料館 2007-06)、第14回外交記録公開の日時確認は(外務省 1998-06-15)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]