ラパーク蓮田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラパーク蓮田
LAPARK HASUDA
店舗概要
所在地 349-0111
埼玉県蓮田市四丁目5番13号
座標 北緯35度58分49秒 東経139度39分29秒 / 北緯35.98028度 東経139.65806度 / 35.98028; 139.65806 (ラパーク蓮田)座標: 北緯35度58分49秒 東経139度39分29秒 / 北緯35.98028度 東経139.65806度 / 35.98028; 139.65806 (ラパーク蓮田)
開業日 2000年10月18日
閉業日 2010年11月7日
施設所有者 市光工業[1]
商業施設面積 12,340m²
中核店舗 長崎屋 蓮田店
店舗数 14[1](2002年3月1日時点)
営業時間 9:00 - 21:00
駐車台数 900台
前身 市光工業蓮田製造所
後身 MEGAドン・キホーテ 蓮田店
最寄駅 蓮田駅
外部リンク http://www.nagasakiya.co.jp/cgi-bin/tenpo/tenpo.cgi?hasuda
テンプレートを表示

ラパーク蓮田(ラパークはすだ)は埼玉県蓮田市国道122号線沿いに所在していたショッピングセンターである。 2000年平成12年)10月開業、2010年(平成22年)11月閉店。

概要[編集]

国道122号線沿いにあった市光工業の跡地[2](1997年閉鎖[3])を利用して2000年(平成12年)10月にオープン。当時土壌汚染問題(六価クロムトリクロロエチレンが敷地内と隣接する工場から検出[4])があったため土壌と表層の入れ替えを1億円余りをかけて行った[5]。当時は上新電機長崎屋がキーテナントとして入居したが、2007年(平成19年)9月に上新電機が撤退した。その他の入居テナント(専門店)も大型ショッピングモールが周辺地域に多数開業した影響で撤退傾向にあった。その後2010年(平成22年)10月31日に長崎屋の衣料品・住居関連売場を閉店、同年11月7日の食品売場の営業終了をもって長崎屋ラパーク蓮田店は閉店した。跡地は同年11月26日に「MEGAドン・キホーテ蓮田店」として開業し[6] 、長崎屋以外の入居テナントをMEGAドン・キホーテ蓮田店の専門店として存続し、ラパーク蓮田の名称は廃止された[7]

入居していたテナント[編集]

出店テナントの詳細は公式サイト過去ページ「フロアガイド」を参照。

商圏について[編集]

  • 蓮田駅前には、蓮田マインが立地している。
  • 長崎屋は当初、1985年(昭和60年)に蓮田駅西口再開発事業として西口に出店を予定していた[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]