ラットパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラットパークとは、薬物依存性調査した研究の一環として用意された、ネズミの楽園である。サイモンフレーザー大学カナダ人心理学者ブルース.K.アレクサンダー英語版教授と彼の同僚によって、1970年代後半に実施され、1980年に発表された。

前提[編集]

自己注射実験[編集]

アメリカ国立衛生研究所の薬物乱用研究所が制作した、ラットの自己注射実験の図。レバーを押すと薬物が自分に注射される

麻薬には依存性がある。その理由は、19世紀には「意志の弱さ」などとも考えられたが、20世紀になると麻薬が脳の報酬系に作用するドーパミン経路の存在が明らかになり、麻薬の依存性は麻薬自体の科学的な構造によるものであるとされるようになった。それに関連して行われたのが、スタンフォード大学のアヴラム・ゴールドスタイン教授が1979年に行った「自己注射実験」と呼ばれるものである。

1匹の猿をケージに入れ、注射針を挿して固定し、ケージの中のレバーを押すと猿に挿された注射針からモルヒネが投与されるようにする。すると猿はモルヒネに依存性を示し、レバーを押して自分にモルヒネを注射するようになる。しかも規則的にレバーを押すタイミングを確立し、それを通常の活動よりも優先するようになる。これは猿だけではなく他の動物、例えばラットでも同様の依存性を示すとゴールドスタインは主張した。

この実験は、社会において麻薬が全く歯止めが無い状態で濫用された場合、人においても同様の問題が起こることを示唆するものである。

反論[編集]

しかしアレクサンダーによると、19世紀のイギリスでは医療用のアヘン剤がただの下痢や咳などの軽い病気にまで濫用されたにもかからわず、依存症になった人は少ない。そこでアレクサンダーが立てた仮説によると、依存症の原因は薬物自体の依存性ではなく、孤独やストレスなど周囲の環境によるもので、その苦痛を軽減するために人は麻薬に手を出すのだとしている[1]

この仮説が確かならば、ラットが麻薬に依存性を示すのも麻薬の依存性のせいではなく、金属製のケージに一匹で隔離されたことによるもので、ラットを苦痛のない環境に置いて同じ実験をすれば麻薬を用意しても依存性を示さないはずである。アレクサンダーはそれを証明するため、ラットにとって理想的な環境「ラットパーク」を用意した。

ラットパーク実験[編集]

ラットを1匹だけ入れた普通の実験用ケージと、普通のケージの200倍の広さの中に十分な食料とホイールやボールなどの遊び場所とつがいのための場所などもある中に雌雄のラットを16-20匹入れた「ラットパーク」を用意した。それぞれ、普通の水とモルヒネ入りの水を用意し、モルヒネを混ぜた水は苦いので砂糖を混ぜて甘くした。

実験用ケージのラットは砂糖が少なくてもモルヒネ入りの水を好んで飲むようになった。ラットパークのラットはどんなに砂糖を入れてもモルヒネ入りの水を嫌がった。実験用ケージではモルヒネに依存性を示すようになったラットも、ラットパークに移すと普通の水を飲むようになった。実験用ケージで長期間も強制的にモルヒネ入りの水を飲まされ中毒の状態になったラットは、ラットパークに移されるとけいれんなどの軽い離脱症状を見せたが、普通の水を飲むようになった。

この実験は、麻薬依存症の原因は麻薬の依存性よりも環境であることを示唆するものであった。

結果[編集]

アレクサンダーの研究は大手論文誌であるネイチャー誌とサイエンス誌には掲載を拒否されたため、Psychopharmacology誌というあまり有名でない論文誌に1980年に発表された。当時かなり批判を浴びたが、2000年代以降は支持する者が増え、引用件数が多くなっている。

彼が2001年に、カナダ上院に報告したところによると、従来の金属ケージに閉じこめられ、自己注射の装置に繋がれたラットを使った実験は、”薬物によってストレスを和らげようとする事は、多大なストレスを受けている動物にとっての唯一の手段であり、人間も同じように行動する”ことを示しているとしている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Alexander, Bruce K., (2001) "The Myth of Drug-Induced Addiction", a paper delivered to the Canadian Senate, January 2001, retrieved December 12, 2004.
  2. ^ Weissman, D. E. & Haddox, J. D. (1989). "Opioid pseudoaddiction: an iatrogenic syndrome," Pain, 36, 363--366, cited in Alexander 2001, op cit.

参考文献[編集]

  • Alexander, Bruce K., (2001) "The Myth of Drug-Induced Addiction", a paper delivered to the Canadian Senate, January 2001, retrieved December 12, 2004.
  • Weissman, D. E. & Haddox, J. D. (1989). "Opioid pseudoaddiction: an iatrogenic syndrome," Pain, 36, 363–366.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]