ヨラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨラ
Yola
ヨラからマンダラ山脈を望む風景
ヨラからマンダラ山脈を望む風景
座標 : 北緯9度13分48秒 東経12度27分36秒 / 北緯9.23000度 東経12.46000度 / 9.23000; 12.46000
歴史
建設 1841年[1]
行政
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
  アダマワ州
 市 ヨラ
人口
人口 (2010年現在)
  市域 111,840[2]
その他
等時帯 西アフリカ時間 (UTC+1)
ヨラの位置(ナイジェリア)
ヨラの位置(ナイジェリア)
ヨラ
ヨラの位置(ナイジェリア)

ヨラ (Yola) は、ナイジェリアアダマワ州の州都である。ベヌエ川沿いに位置し、人口は2010年時点で 111,840人である[2]。ヨラは1841年に建立され、1901年にイギリスに攻め落とされるまでは、フラニ族の国の首都だった[1]。乾季(4月から5月)の日中の温度は、40度を大幅に超える。

ヨラは2つの地域にわかれている。ヨラの古くからの町であるラミド (Lamido) は伝統的な都市であるのに対し、新しい町である北西 5 km 先にあるジメタ (Jimeta) は行政都市かつ商業都市である。通常、ヨラはラミドとジメタの両方を意味する。北部にはマンダラ山脈が、南部にはシエブシ山脈があり、ガシャカ・グムティ自然保護区やマンビラ高原へのアクセスポイントである。

歴史[編集]

ヨラは1841年に建立され、1901年にイギリスに攻め落とされるまでは、フラニ族の国の首都だった[1]。今日のヨラは、1991年にゴンゴラ州から分離してつくられたアダマワ州の州都である。

フラニ族の首長であるモディボ・アダマが1841年にヨラを建立した。

19世紀初頭のシャイフ・ウスマン・ダン・フォディオによるジハード・ムーブメントで、モディボ・アダマはベヌエ川上流の人々をムスリムへ導くことに成功したため、認められた。モディボはフラニ族の教師である。

ヨラが建設された後に初めて訪れたヨーロッパ人は、おそらく1849年のハインリヒ・バルトである。バルトはサハラ砂漠ボルヌ帝国の中心地であるクカワを経由して訪れた。

交通・文化[編集]

ジメタには、市場、動物園、サウジアラビアへの直行便がある空港、郵政公社と電話局の事務所、モスク大聖堂がある。ジメタは、北にあるムービマイドゥグリ、西にあるヌマンゴンベバウチ、南にあるマクルディカツィナなど[1]周辺の都市の交通(バスやタクシー)のハブとしての役割を持つ州都である。タクシーはカメルーンガルアまで利用できる。ヨラ空港からはアブジャラゴスへの定期便がある。州立ポリテクニックとヨラ連邦工科大学が、北のムービ方面へ 10 km 進んだ先にある。アダマワにはナイジェリアで最大の貨物倉庫の1つがあり、西のヌマン方面へ 5 km 進んだ先にある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Yola”. Maps of World. 2011年7月28日閲覧。
  2. ^ a b World Gazetteer: Yola”. 2013年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月28日閲覧。

座標: 北緯9度14分 東経12度28分 / 北緯9.23度 東経12.46度 / 9.23; 12.46