ユホ・ハンニネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユホ ハンニネン
基本情報
国籍  フィンランド
生年月日 (1981-07-25) 1981年7月25日(36歳)
WRCでの経歴
活動時期 20062011, 20132015,2017年
所属チーム シュコダフォードヒュンダイトヨタ
出走回数 47
チャンピオン回数 0
優勝回数 0
表彰台回数 0
ステージ勝利数 4
初戦 2006年ラリー・スウェーデン
テンプレートを表示

ユホ・ハンニネン(Juho Hänninen,1981年7月25日 - )は、フィンランド出身のラリードライバー。2010年インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ(IRC)、2011年S2000世界ラリー選手権(SWRC)、2012年ヨーロッパラリー選手権(ERC)チャンピオン。

略歴[編集]

2003年にフィンランドラリー選手権でラリーデビューし、その翌年にホンダ・シビックタイプRでグループNクラスタイトルを獲得。2007年から三菱・ランサーエボリューションⅨでプロダクションカー世界ラリー選手権 (PWRC) に参戦し、2008年には3勝してランキング2位を獲得。同年、プジョー・207S2000でIRCに参戦。

2009年よりシュコダワークスドライバーとなり、ヤン・コペッキーと共にチームを牽引。ファビアS2000を駆り、2010年にIRC[1]、2011年SWRC、2012年にERCと、異なるシリーズで3年続けてチャンピオンを獲得した。

世界ラリー選手権 (WRC) には2006年からプライベーターとして三菱の型落ちWRカーやランサーエボリューションⅨ、シュコダなどでスポット参戦を続けた。シュコダを離れたあと、2013年はフォードMスポーツ)からスポット参戦しつつ、ヒュンダイの新車i20 WRCの開発を担当[2]。2014年はヒュンダイからスポット参戦したが、目覚ましい戦果を挙げるには至らなかった。

2016年にはトヨタのテストドライバーとなり、新車ヤリスWRCの開発を担当[3]。2017年に35歳にして初めてWRCにフル参戦することが決定した[4]。シーズン序盤はチームメイトに比べてペース不足やクラッシュが目立ったが、第9戦母国フィンランドでは上位陣の脱落にも助けられ初のWRC3位表彰台を獲得した。なおこれはコ・ドライバーカイ・リンドストロームにとってはトミ・マキネンと組んでいた2003年のラリーGB以来のWRC表彰台にもなった。続くドイツスペインでもチーム最上位の4位を獲得したが、来期はオット・タナクがトヨタに加入することになり、ハンニネンは正ドライバーの座を失うことが決まった。また最終戦からリンドストロームがスポーティングディレクターに就任するため、ハンニネンも最終戦を欠場することになった[5]

エピソード[編集]

  • 休日は自身の牧場で重機を運転して牛の世話をしている[6]
  • テレビ朝日の番組『地球の走り方〜世界ラリー応援宣言〜』でのキャッチフレーズは『遅咲きのラリー職人』。

*トヨタの来季ドライバー解任が決まった直後にスポット参戦したフィンランド選手権で、セリカST165を駆るヤリ=マティ・ラトバラのコ・ドライバーを務めた[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]