ヤング・メイレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Young Maylay
出生名 Christopher Bellard
生誕 (1979-06-17) 1979年6月17日(42歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル
職業
  • ラッパー
  • 音楽プロデューサー
  • 声優
活動期間 2000年 -
レーベル
共同作業者

ヤング・メイレイYoung Maylay, 本名: クリストファー・ベラード[1], 1979年6月17日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のラッパー音楽プロデューサー声優グランド・セフト・オート・サンアンドレアスの主人公、カール・ジョンソンの声優を務めたことで知られる。

経歴[編集]

ロサンゼルスの、ストリート・ギャングギャングスタ・ラップが身近な、貧困に基づく犯罪の多い地域で生まれ育った。

2000年、King Tの協力を得てラッパーデビュー。2002年にRodney-O & Joe Cooley英語版主催のイベントに参加して以来、西海岸において、数多くの作品にフィーチャーされた。

2005年にはグランド・セフト・オート・サンアンドレアスへの出演で得た収入でインディーズレーベル「Maylaynium Muziq」を設立し、ミックステープをリリースした。

2008年からはアイス・キューブらが設立した「Lench Mob Records」に所属し[2]、様々なラッパーの作品に参加している。

グランド・セフト・オート・サンアンドレアス[編集]

メイレイがニューヨークで働いていた頃、彼の共同作業者の一人でありグランド・セフト・オート・サンアンドレアスの音楽を手掛けていたDJ Poohが、ロックスター・ゲームスのスタッフとのミーティング中にメイレイに電話をかけ[注釈 1]、2人の間で交わされた音楽に関する普段の会話を聞いていたスタッフが、電話の後DJ Poohに対し、メイレイがオーディションを受けに来るよう勧めた。その後、メイレイはオーディションに合格し、主人公カール・ジョンソン(CJ)の声優を務めることになった[3]

なおメイレイは、今後グランド・セフト・オートシリーズでCJを再演する機会がある場合、出演を検討するかどうかを尋ねられた際、ロックスター・ゲームスと過去に衝突があったためCJを演じることは二度とないと答えている[4]

人物[編集]

グランド・セフト・オートVの主人公の一人である、フランクリン・クリントンの声優を務めたショーン・フォンテーノ英語版は、いとこにあたる[5]

ディスコグラフィ[編集]

ミックステープ

脚注[編集]

注釈

  1. ^ この時DJ Poohは、ロックスター・ゲームスのスタッフとのミーティング中であることをメイレイに明かしておらず、スピーカーモードにすることで、そのことを知らないメイレイの声がスタッフに聞こえるようになっていた。

出典

  1. ^ Young Maylay”. Discogs. 2021年9月15日閲覧。
  2. ^ Ice Cube Dubcnn interview”. 2021年9月15日閲覧。
  3. ^ Young Maylay RiotSound interview”. 2021年9月15日閲覧。
  4. ^ Bhushan, Rahul (2021年1月14日). “Young Maylay from GTA San Andreas: The actor behind CJ and his dispute with Rockstar Games”. Sportskeeda. 2021年9月15日閲覧。
  5. ^ IGN's GTA 5 Panel - NY Comic Con 2013”. IGN. 2021年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]