ヤングリヴィング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤングリヴィング(Young Living)
企業形態 公開会社でない株式会社
業種 連鎖販売取引
設立 1993年 (1993)
創業者 Donald Gary Young
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ユタ州リーハイ
事業地域 世界
代表者等 Donald Gary Young (創設者・CEO)
製品 精油、home products

ヤングリヴィング英語: Young Living)とは、アメリカ合衆国ユタ州リーハイ英語版を本拠地とし、精油(エッセンシャルオイル)やその他の商品の連鎖販売取引マルチ商法)を行う企業である。ドナルド・ゲイリー・ヤングによって、1993年に設立された[1]

連鎖販売取引[編集]

ヤングリヴィングは、連鎖販売取引英語: multi-level marketingマルチ商法、ネットワークビジネス)の会社である。つまり、この会社は数千人の個人の加盟者(ディストリビューター)を募集し、その加盟者が直接顧客に商品を販売する。加盟者は売り上げの一部から手数料として儲けを得て、新しい加盟者を勧誘して「ダウンライン」と呼ばれる階層的なネットワークを拡大させていくのである[2]。ヤングリヴィングは世界に展開しており、オーストラリア、ヨーロッパ、カナダ、日本、シンガポールなどに支社を持っている。1999年に日本支社を設立し[3]、日本でも精油の連鎖販売取引を行っている。

レインドロップセラピーの危険性とアメリカのアロマセラピー協会(NAHA)による注意喚起[編集]

精油の販売に付随し、精油の内服や、自社の精油を原液のまま脊髄に沿って皮膚に大量に滴下するいわゆる「レインドロップセラピー」を推奨し、セミナーなどを開催している。精油には薬効があるが、副作用がでる場合もある。皮膚に塗布した際の副作用として、接触皮膚炎などの皮膚の障害が最もよく知られる[4]。また、日本で精油は、日本薬局方に収録されたもの以外は雑品扱いであり、一般的に市販されている精油の原液塗布は行われない[5]。内服はティートリーを除いてできないと考えられており[4]、ティートリーの内服も医師の指導の下で行われる。そのため、ヤングリヴィンが推奨する療法は代替医療としても通常は行われることはなく、例外的である。[6]、アメリカのアロマセラピー協会The National Association for Holistic Aromatherapy (NAHA)は、その危険性を周知するために、White Paper Raindrop Therapy (レインドロップセラピー白書)を公開した[7][8][9]

ドテラ(doTerra)との訴訟[編集]

2013年8月、ヤングリヴィングはドテラ英語: doTerra、精油の連鎖販売取引企業)に対し、同社が企業秘密を盗み、違法にヤングリヴィングの生産工程を再現していたとして提訴した[2][10]。精油コンサルタント・化学者のロバート・パパスは、フランス国立科学研究センターが化学分析したヤングリヴィング農場の精油は、2013年のドテラのケースを含めて、ドテラが販売しているどの精油とも同じではないようだったと述べた[11]。それに対しドテラは、ヤングリヴィングが研究所で、違法で不正確な製品検査を行っていたとして告訴し、自社のウェブサイトにヤングリヴィングの精油の検査結果を掲載した[12]。ドテラは、ヤングリヴィングが偽のドテラ製品のサンプルを作って偽の分析結果を広めたと反撃した[13]。訴訟が取り下げられた後、両社は互いに混ぜ物をした精油を販売していると批判し合うのをやめた[14]

アメリカ食品医薬品局(FDA)による警告と同社の対応[編集]

ヤングリヴィングの精油は医薬品として承認されておらず、治療効果を謳った販売は認められない。しかし同社や一部会員は、医療従事者でないにもかかわらず、同社の「医療グレード[15]」の精油がパーキンソン病自閉症糖尿病高血圧不眠症心臓病心的外傷後ストレス障害(PTSD)、エボラ出血熱を含むウイルス感染、認知症多発性硬化症などに効果があると主張して販売を行っていた[16]。2014年9月、ヤングリヴィングとドテラは、アメリカ合衆国の政府機関・アメリカ食品医薬品局(FDA)から、会社のホームページ、フェイスブックページ、ツイッターPinterest(ピンボード風の写真共有サービス)等において、同社の精油で病気の治療、回復、軽減、緩和、手当て、または予防ができると述べているが(現在は述べられていない)、製品の効能を謳ってマーケティング流通を行うのは違法であるため、改善するよう警告を受けた。

アメリカ食品医薬品局の警告レターでは、効能を謳って販売を行ったと認められた具体的な商品として、シナモンバーク(シナモン樹皮)、オレガノローズマリー、マートル(ギンバイカ)、サンダルウッド(ビャクダン)、ユーカリ ブルー(フトモモ科、詳細不明)、ペパーミントイランイラン 、フランキンセンス(乳香)、オレンジ、ヤングシーヴス(クローブレモンシナモン樹皮、ユーカリラディアータ、ローズマリーのブレンド[17])、イミュウェル(またはイミュパワー。ヒソップセイボリーシスタスラベンサラ乳香オレガノ、クローブ、クミンタンジーのブレンド[18])が挙げられている[19][20]

ヤングリヴィングはFDAの警告に対し、違反した会員に法令順守とルールなどについて理解するよう対応をとった。 またヤングリヴィングはすべての会員に対しても、法令順守を改めて徹底するよう呼び掛けている。 [21] 2016年6月に同社は、植物由来の成分で作られた製品をOTG医薬品製品として発売している。 [22]

典拠[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Young Living Opportunity
  2. ^ a b Harvey, Tom (2013年8月1日). “Essential oils rivalry spills into Utah courts”. Salt Lake Tribune. http://www.sltrib.com/sltrib/money/56660253-79/doterra-living-oils-lawsuit.html.csp 2014年6月19日閲覧。 
  3. ^ ヤング・リヴィング20年の歴史 公式ウェブサイト
  4. ^ a b 今西二郎 著 『補完・代替医療 メディカル・アロマセラピー』 金芳堂、2006年
  5. ^ トリートメントに精油を原液で使用すると… IFA認定アロマセラピスト・翻訳家 飯嶋慶子
  6. ^ 特定商取引法の連鎖販売取引(マルチ商法)ヤングリビング社の精油を利用した「レインドロップ」の利用に関するアロマテラピー技術者石原慎一の見解 石原慎一
  7. ^ The hazards of Raindrop Therapy(レインドロップセラピーの危険性) Nature's Gift
  8. ^ アメリカのアロマテラピー協会が安全性を問題視しているセラピーとは IFA認定アロマセラピスト・翻訳家 飯嶋慶子
  9. ^ アメリカのアロマテラピー協会が安全性を問題視しているセラピーとは 続き IFA認定アロマセラピスト・翻訳家 飯嶋慶子
  10. ^ Young Living Essential Oils, LC (Plaintiff) v. doTERRA, Inc., et al. (Defendants)”. United States District Court for the District of Utah Central Division (2013年7月18日). 2014年8月20日閲覧。
  11. ^ http://www.utahstories.com/2014/08/report-used-in-young-living-farms-case-against-doterra-suspect/  Markosian, Richard (21 August 2014). "Report Used in Young Living Farms Case Against DoTERRA Suspect". Utah Stories. Retrieved 6 September 2014.
  12. ^ Essential oils manufacturers Young Living and doTERRA battle it out in court over alleged theft of trade secrets, phony lab tests and false advertising” (2013年9月13日). 2014年6月20日閲覧。
  13. ^ Essential oils rivalry spills into Utah courts Tom Harvey The Salt Lake Tribune、2013年8月1日
  14. ^ Damning Evidence That Young Living and DoTERRA’s Essential Oils are Adulterated Utah Stories 2014年8月15日
  15. ^ 医療グレードとは、医療に使用される高品質精油を意味する自称・通称にすぎず、このような規格は存在しない。
  16. ^ 万能薬な効果(エボラを含む)を宣伝するエッセンシャルオイル業者Young LivingとdōTERRAにFDAが警告 Kumicit Transact
  17. ^ 中世ヨーロッパのセージタイム、ローズマリー、ラベンダーをつけこんだペスト除けの酢「4人の泥棒の酢英語版」に由来するとしている
  18. ^ イミュウェル ヤングリヴィング
  19. ^ Young Living 9/22/14 WARNING LETTER U.S. Food and Drug Administration(アメリカ食品医薬品局)
  20. ^ FDA Warning Letters: Young Living, dōTERRA Consultants Must Cease Marketing Claims That Essential Oils Fight Disease The Inquisitr News.
  21. ^ Sharing YL the Right Way Young Living、2015年9月16日閲覧。
  22. ^ Young Living Essential Oils Unveils First Over-the-Counter Products Young Living、2016年6月27日閲覧。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]