ヤマルLNG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヤマルLNGから始めてタンカーにLNGを積み込む式典(2017年12月8日)

ヤマルLNG(ロシア語:Ямал СПГ)は、ロシアヤマル半島北東部のサベッタに位置する液化天然ガスプラントである。 予想費用は270億$で[1]、3基の合計処理能力は年間1650万tである[2][3]。 1基目は2017年末に操業開始し、2021年までに完全稼働予定である[4]。 また、2つ目のLNGプラントである「Artic LNG 2」が[5]、対岸のギダン半島で計画されている。 テクニップ英語版日揮の合弁企業が設計した[2]。 プラントに加え、海港と空港と発電所も建設される[6]。 発電所はテクノプロメックスポート英語版が建設し、タービンはシーメンスが提供する。 発電能力は380MWで、2018年までに稼働する[7]。 港湾建設は2013年9月に始まった[8]。 LNGは主に南タンべイスコエガス田英語版から供給され[2]、その多くが北極海航路を通って中国に送られる[9][10] 大宇造船海洋(韓国)は16隻の複動砕氷式ガスタンカーを製造し[6]、それらをソヴコムフロット英語版(ロシア)が運行する[11]。 この計画はJSC Yamal LNGが進めている。 株式保有比率はノヴァテク(ロシア)が50.1%、トタル(フランス)と中国石油天然気集団が20%ずつ、シルクロード基金英語版(中国)が9.9%である[12]。 総責任者はGleb Luxemburg [3]だったが、2014年9月にCEOがEvgeny Kotになった[13]。 かつてガスプロム(ロシア)が同名の代替計画を提案した事が有り、提携候補としてエクソンモービルコノコフィリップス(共にアメリカ合衆国)が挙がっていた[14]ロイヤル・ダッチ・シェル(オランダ)やレプソル(スペイン)、ペトロ・カナダも可能性が有るとされた[14]

砕氷LNG輸送船[編集]

一年を通してLNGを輸出するために、厚さ2.5mの氷を砕ける砕氷船を15隻契約した。 ヤマルLNGはSovcomflotから1隻、商船三井から3隻、Dynagasから5隻、Teekayから6隻を借りる[15]2017年8月、最初の砕氷船のChristophe de Margerieが、19日をかけてノルウェーから韓国に移動した[16]

脚注[編集]

  1. ^ Belsinski, Scott (2015年4月2日). “Putin May Have Last Laugh Over Western Sanctions”. Oilprice.com. 2015年4月6日閲覧。
  2. ^ a b c Griffin, Rosemary (2013年4月1日). “Technip, JGC win tender to build Russian Yamal LNG plant”. Platts. http://www.platts.com/latest-news/natural-gas/Moscow/Technip-JGC-win-tender-to-build-Russian-Yamal-21890981 2013年7月25日閲覧。 
  3. ^ a b Griffin, Rosemary (2013年5月22日). “Russia's Yamal LNG to fully market LNG from project, take FID regardless of export rights”. Platts. http://www.platts.com/latest-news/natural-gas/Paris/Russias-Yamal-LNG-to-fully-market-LNG-from-project-26959889 2013年7月25日閲覧。 
  4. ^ Staalesen, Atle (2015年2月11日). “Partners raise bets in Yamal LNG”. Barents Observer. http://barentsobserver.com/en/energy/2015/02/partners-raise-bets-yamal-lng-11-02 2015年4月6日閲覧。 
  5. ^ Artic LNG 2”. Sourcewatch. 2018年2月5日閲覧。
  6. ^ a b “Daewoo to Build Ice-Class Tankers for Yamal LNG”. Downstream Today. Interfax. (2013年7月5日). http://www.downstreamtoday.com/news/article.aspx?a_id=39995 2013年7月25日閲覧。 
  7. ^ “Siemens to Supply Turbines for Yamal LNG Power Plant”. The Moscow Times. (2013年7月19日). http://www.themoscowtimes.com/business/article/siemens-to-supply-turbines-for-yamal-lng-power-plant/483358.html 2013年7月25日閲覧。 
  8. ^ Kalinin, Andrey. “Seaport Sabetta (PDF)”. Aker Arctic. 2013年7月25日閲覧。
  9. ^ Arkhipov, Ilya; Rudnitsky, Jake (2013年7月21日). “CNPC to Join Novatek’s Yamal LNG Project With 20% Stake”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/2013-06-21/cnpc-to-join-novatek-s-yamal-lng-project-with-20-stake.html 2013年7月25日閲覧。 
  10. ^ Kramer, Andrew E. (2013年7月24日). “Polar Thaw Opens Shortcut for Russian Natural Gas”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/07/25/business/energy-environment/polar-thaw-opens-shortcut-for-russian-natural-gas.html 2013年7月25日閲覧。 
  11. ^ “Russia: Sovcomflot, NOVATEK and VEB to Cooperate in Yamal LNG Project”. World Maritime News. (2013年6月21日). http://worldmaritimenews.com/archives/87104/russia-sovcomflot-novatek-and-veb-to-cooperate-at-yamal-lng-project/ 2013年7月25日閲覧。 
  12. ^ Kobzeva, Oksana; Golubkova, Katya (2015年9月8日). “Russia's Sberbank says to decide on Yamal LNG financing terms by month-end”. Reuters. http://uk.reuters.com/article/2015/09/08/russia-yamal-lng-china-idUSL5N11E38620150908 2015年10月27日閲覧。 
  13. ^ Mackenzie, Rhod (2014年9月24日). “E. Kot is appointed a CEO of Yamal LNG”. Rusmininfo. http://rusmininfo.com/news/23-09-2014/e-kot-appointed-ceo-yamal-lng 2016年1月15日閲覧。 
  14. ^ a b “Gazprom makes Yamal LNG partner list”. Upstream Online (NHST Media Group). (2008年11月18日). http://www.upstreamonline.com/live/article166793.ece 2009年1月1日閲覧。 
  15. ^ http://worldmaritimenews.com/archives/207525/teekay-cuts-steel-for-second-yamal-lng-icebreaker/
  16. ^ http://www.turkishmaritime.com.tr/icebreaking-lng-carrier-completes-unescorted-journey-in-just-6-days-12-hours-31719h.htm