ヤマル半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤマル半島と周辺の地図

ヤマル半島(ヤマルはんとう、ロシア語: полуо́стров Яма́л パルオーストラフ・イマール)は、ロシア連邦シベリアヤマロ・ネネツ自治管区にある半島である。長さは約700km(435マイル)。西はカラ海に面し、東のオビ湾を挟んでギダン半島に向かい合う。北はマリーギナ海峡パガ湾を挟んでベルイ島と隣接している。「ヤマル」はネネツ語で「世界の果て」を意味する。

北極圏にあるヤマル半島の大部分は永久凍土に覆われており、地質学的には1万年未満の非常に若い地域である。

伝統的で大規模なトナカイ遊牧が、ロシア連邦内では最もよく維持されている地域である。数千人のネネツ人ハンティ人が約50万匹のトナカイを飼育している。また、数多くの種類の渡り鳥が生息する地域でもある。

ヤマル半島にはロシアで最大量の天然ガスが埋蔵されている。ロシアの巨大ガス企業ガスプロムにより、ボヴァネンコフスコー石油ガス田ロシア語版: Бованенковское нефтегазоконденсатное месторождение: Bovanenkovskoe oil and gas field)を開発する「ヤマル・プロジェクト英語版」が計画されているが、伝統的なトナカイの遊牧に重大な影響が心配されている。

実際の天然ガス採掘は2017年、ノヴァテクと仏トタル中国石油天然気(ペトロチャイナ)により開始され、12月8日に最初の液化天然ガス(LNG)がタンカーに積み込まれた。記念式典にはウラジミール・プーチン大統領も出席した。当初は年産550万トンで、2019年までに1650万トンへの増産を目指す[1]。LNGは砕氷タンカーなどにより主にアジアへ輸出される予定である[2]。2017年3月には、半島東部に建設されたサベッタ港に、新造された砕氷タンカー「クリストフ・ドマージュリー号」が初入港していた[3]

赤い部分がヤマル半島
ネネツの家族

脚注[編集]

  1. ^ ロシア、北極圏でLNG生産開始 19年に生産量3倍に『日本経済新聞』夕刊2017年12月11日
  2. ^ 「北極圏でLNG開発急ぐ/ロシア 年内開始、年産1650万トン」『日経産業新聞』2017年5月18日
  3. ^ 「【新興国ABC】北極海航路に新型LNG船」『日経産業新聞』2017年5月30日

関連項目[編集]