ヤエヤマコクタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤエヤマコクタン
保全状況評価[1]
準絶滅危惧環境省レッドリスト
Status jenv NT.png
分類APG III
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 asterids
: ツツジ目 Ericales
: カキノキ科 Ebenaceae
: カキノキ属 Diospyros
: ヤエヤマコクタン D. ferrea
学名
Diospyros ferrea (Willd.) Bakh. (1933)[2]
シノニム

本文参照

和名
ヤエヤマコクタン
リュウキュウコクタン
ヤエヤマクロキ

ヤエヤマコクタン(学名:Diospyros ferrea[2]、八重山黒檀)は黒檀の一種。リュウキュウコクタン若しくはヤエヤマクロキとも。沖縄語においてはヤエヤマクルチ エーマクルチ。合弁花類カキノキ科の常緑高木

特徴[編集]

葉は倒卵形または倒卵状楕円(だえん)形で長さ3~6センチ、革質である。

利用[編集]

心材は黒色であり非常に硬く重い為加工は困難を極める。種子は食用ともなり、果実は楕円形で長さ約1センチ。用途は街路樹防風林防潮林・観賞用庭木 心材は楽器の三線などに加工され、高級材で成長が遅い事から、乱伐による資源の枯渇が問題となり保護の対象となる地域も増えており、維管束植物レッドデータブック (環境省)にも登録されている。

原産はインド。分布は一部薩南諸島及び鹿児島県から沖縄県を北限とし東南アジアに多く、台湾、中国南部にも分布する。慣例としては八重山列島で伐採された材のみがヤエヤマコクタンとされることもあるが、その他の地域でのリュウキュウコクタンも同一種であり、琉球大学の分析結果成分に炭素など生育した土地により微細な相違が見られるのみである。よって東南アジア産の黒木を沖縄県に移植した場合など全く同一な成分となる事からしても、分類上同一種であると考えられる。その他縞黒檀やカマゴンと呼ばれる黒檀は南方黒檀とされヤエヤマコクタンとは区別される。

なおしばしば混同される物にアフリカ黒檀としてアフリカンブラックウッドがある。こちらはマメ科であり黒檀では無いとされるのが通例である。

シノニム[編集]

ヤエヤマコクタンのシノニムは以下のとおり(キューガーデン の「World Checklist of Selected Plant Families」[2]による)

  • Diospyros angustifolia
  • Diospyros compacta
  • Diospyros egbert-walkeri
  • Diospyros ferrea var. angustifolia
  • Diospyros ferrea var. aroeensis
  • Diospyros ferrea var. buxifolia
  • Diospyros ferrea var. geminata
  • Diospyros ferrea var. littorea
  • Diospyros ferrea var. reticulata
  • Diospyros ferrea var. salomonensis
  • Diospyros ferrea f. angustata
  • Diospyros ferrea var. buxoides
  • Diospyros ferrea var. ellipsoidea
  • Diospyros ferrea f. globosa
  • Diospyros ferrea var. guineensis
  • Diospyros ferrea var. humilis
  • Diospyros ferrea var. indonesica
  • Diospyros ferrea var. lamponga
  • Diospyros ferrea f. lamponga
  • Diospyros ferrea f. laurina
  • Diospyros ferrea var. madagascariensis
  • Diospyros ferrea f. oblanceolata
  • Diospyros ferrea f. oblonga
  • Diospyros ferrea f. oblongata
  • Diospyros ferrea f. obovata
  • Diospyros ferrea f. subelliptica
  • Diospyros ferrea var. compacta
  • Diospyros geminata
  • Diospyros humilis
  • Diospyros littorea
  • Diospyros nigrescens
  • Diospyros salomonensis
  • Diospyros vera
  • Ebenoxylum verum
  • Ebenus compacta
  • Ebenus geminata
  • Ebenus hemicyclodes
  • Ebenus humilis
  • Ebenus lamponga
  • Ebenus laurina
  • Ebenus nigrescens
  • Ebenus obovata
  • Ebenus reticulata
  • Ferreola buxifolia
  • Ferreola ebenus
  • Ferreola guineensis
  • Maba angustifolia
  • Maba buxifolia
  • Maba buxifolia var. littorea
  • Maba compacta
  • Maba cumingiana
  • Maba ebenoxylon
  • Maba ebenus
  • Maba geminata
  • Maba guineensis
  • Maba hemicycloides
  • Maba humilis
  • Maba interstans
  • Maba lamponga
  • Maba laurina
  • Maba littorea
  • Maba madagascariensis
  • Maba nigrescens
  • Maba obovata
  • Maba papuana
  • Maba reticulata
  • Maba secundiflora
  • Maba smeathmannii
  • Maba vacciniifolia


脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 「日本大百科全書」小学館

外部リンク[編集]