ヤイトムシ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤイトムシ目
Hubbardia pentapeltis female.jpg
Hubbardia pentapeltis
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: クモ綱 Arachnida
: ヤイトムシ目 Schizomida
下位分類群

本文参照

ヤイトムシ目学名:Schizomida)は、節足動物門鋏角亜門クモ綱に所属する分類群である。 サソリモドキと似たような外見を持つ微小動物。かつて、サソリモドキと同じ仲間と見なされたこともある。

特徴[編集]

節に分かれた背甲と垂直の触肢
雄の尾節

大きさは1cmに満たない小型の動物、胴体は縦長い。 頭胸部は細長く、背甲は前後に分かれ、前半部が大きく、後半部は細く更に左右に分かれている。この特徴は "分かれた中心" を意味する学名 "Schizomida" の由来となる。

鋏角クモのものに似た鎌状で毒を持たず、餌を食いちぎるようになっている。触肢は太短く垂直の鎌状となり、捕獲用に使えそうになっている。第1脚は細長く、前に伸ばして触角のように使う。他の三脚は丈夫にできている。

腹部は楕円形で体節に分かれ、頭胸部とつながる部分はやや狭まる。末端は細くなり、短い尾節を持つ。雄の尾節は節に分かれず、雌は3 - 4節ほど分かれる。

習性[編集]

肉食性を持ち、湿潤な環境を好む、光を避ける。森林の落ち葉や朽ち木の間、洞穴れきの隙間などに生息する。

配偶行動としては、婚姻ダンスを行うものが知られている。雌は雄の尾に掴まり、前後につながって移動し、雄が地上においた精包を受け取る。産卵時には雌は地中に小さな穴を掘って潜り、卵を腹につけて孵化まで保護するという。

分布と分類[編集]

世界の熱帯を中心に広く分布する。日本では琉球列島にヤイトムシ、ウデナガサワダムシ、小笠原諸島にサワダムシなどを産する。

捕脚状の触肢、腹部の形状、細長い第1脚など多くの共通点を持つサソリモドキ目の姉妹群となり、共に有鞭類(Uropygi)を構成する。

下位分類[編集]

  • ケリヤイトムシ科 Calcitronidae
  • サワダムシ科 Hubbardiidae
  • ムカシヤイトムシ科 Protoschizomidae
  • ヤイトムシ科 Schizomidae

参考文献[編集]

  • 内田亨監修 『動物系統分類学』第7巻(中A)「真正蜘蛛類」、中山書店。