モンザバス・エドワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モンザバス・エドワーズ Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Monzavous Edwards
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
大学 アメリカ合衆国の旗 ベビル・ステート・コミュニティ大学 (en
アメリカ合衆国の旗 カンザス・シティ・コミュニティ大学 (en
生年月日 (1981-05-07) 1981年5月7日(38歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アラバマ州オペリカ
身長 183cm
体重 79kg
成績
世界選手権 100m 準決勝2組6着 (2009年)
地域大会決勝 パンアメリカン競技大会
4x100mR 3位 (2007年, 2011年)
アフリカ選手権
100m 3位 (2014年)
4x100mR 優勝 (2014年)
自己ベスト
60m 6秒51 (2009年)
100m 9秒99 (2008年)
9秒96w (2015年)
200m 20秒28 (2009年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

モンザバス・"レイ"・エドワーズMonzavous "Rae" Edwards1981年5月7日 ‐ )は、アメリカ合衆国オペリカ出身で短距離走が専門の陸上競技選手。100mでは10秒00の自己ベストを持つ、2009年ベルリン世界選手権のアメリカ代表。ナイジェリアにルーツを持つため、2014年からはナイジェリアの選手として競技している。

経歴[編集]

1999年、オペリカ高校 (enを卒業した。高校時代は最終学年にアラバマ州選手権男子100mで優勝を果たした[1]

2000年、全米ジュニア選手権とジュニアカレッジ(JUCO)選手権で男子100mと男子200mの2冠を達成。世界ジュニア選手権の男子100mと男子200mに出場し、ともに準決勝まで進出した[2]

2003年、全米選手権の男子100m予選で10秒09(+1.0)の自己ベスト(当時)をマークすると、準決勝も10秒28(-2.1)で通過し、初めて決勝に進出した。迎えた決勝は10秒25(+1.6)の6位(当時)に終わった。後にティム・モンゴメリのドーピングによって順位が5位に繰り上がった[3]

2004年、7月25日のノーウィッチユニオン国際(Norwich Union International)のドーピング検査でテトラヒドロカンナビノールに陽性反応を示したため警告を受けた。大会では男子100mで3位に入っていたが失格となった[4]

2005年、全米選手権の男子100m準決勝で10秒09(+1.0)の自己ベストタイ(当時)をマークし、2年ぶりに決勝に進出した。決勝では10秒35(-2.3)で6位に入り、ヘルシンキ世界選手権の男子4×100mリレーアメリカ代表の座を掴んだが、大会で出番は回ってこなかった[5][2]

2009年、全米選手権の男子100m予選を9秒98(+3.4)、準決勝を10秒00(+4.0)でそれぞれ通過し、4年ぶりに決勝に進出すると、迎えた決勝ではマイク・ロジャース(9秒91)、ダービス・パットン(9秒92)に次ぐ10秒00(+3.1)の3位に入った[6]。この結果、ベルリン世界選手権の男子100mアメリカ代表に選出され、初めて出場したシニア世界大会では準決勝まで進出した。

2010年、全米選手権の男子100mで2年連続の決勝に進出し、10秒35(-1.5)で5位に入った[7]

2012年-2013年、怪我に悩まされた[8]

2014年、アメリカとナイジェリアの二重国籍を保持していたため(祖父母がナイジェリア人)、ナイジェリアの選手として競技を開始した[8][9]。ナイジェリア選手権で2位に入り、英連邦競技大会アフリカ選手権のナイジェリア代表に選出されると、アフリカ選手権では男子4×100mリレーで優勝に貢献した(男子100mは3位)。

2016年、リオデジャネイロオリンピック男子100mの参加標準記録(10秒16)をギリギリ突破する10秒16(+1.9)をマークし、35歳にしてオリンピック代表の座を初めて掴んだ[10]。しかし、オリンピックマークタトゥーを入れるなどオリンピック出場を心待ちにしていたが、ナイジェリアオリンピック委員会のエントリーミスにより出場は叶わなかった[9]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒00 (+1.4) 2010年6月12日 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク
9秒98w (+3.4) 2009年6月25日 アメリカ合衆国の旗 ユージーン 追い風参考記録
200m 20秒17 (+0.3) 2009年5月24日 ブラジルの旗 ベレン
室内
50m 5秒78 2009年2月10日 フランスの旗 リエヴァン
60m 6秒57 2008年2月24日 アメリカ合衆国の旗 ボストン
200m 21秒09 2008年2月10日 ドイツの旗 カールスルーエ

主要大会成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2000 世界ジュニア選手権 チリの旗 サンティアゴ 100m 準決勝 10秒51 (-0.3)
200m 準決勝 DNF 2次予選21秒32 (-1.6)
2007 北中米カリブ選手権 (en エルサルバドルの旗 サンサルバドル 100m 2位 10秒32 (+0.8)
4x100mR 優勝 38秒99 (4走)
パンアメリカン競技大会 (en ブラジルの旗 リオデジャネイロ 4x100mR 3位 38秒88 (2走)
2009 世界選手権 ドイツの旗 ベルリン 100m 準決勝 10秒14 (-0.2)
2010 コンチネンタルカップ (en クロアチアの旗 スプリト 100m 4位 10秒23 (+0.7) アメリカ大陸代表
2011 パンアメリカン競技大会 (en メキシコの旗 グアダラハラ 100m 予選 10秒53 (-0.2)
4x100mR 優勝 39秒17 (4走)
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
2014 英連邦競技大会 (en イギリスの旗 グラスゴー 100m 準決勝 10秒30 (-0.5)
4x100mR 6位 40秒17 (2走)
アフリカ選手権 (en モロッコの旗 マラケシュ 100m 3位 10秒16 (+0.4)
4x100mR 優勝 38秒80 (2走)
コンチネンタルカップ (en モロッコの旗 マラケシュ 4x100mR 3位 39秒10 (2走) アフリカ大陸代表

脚注[編集]

  1. ^ Opelika native to compete in Rio Olympics”. oanow.com (2016年7月11日). 2017年9月30日閲覧。
  2. ^ a b Monzavous "Rae" Edwards”. 全米陸上競技連盟. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月30日閲覧。
  3. ^ 2003年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年9月30日). 2017年9月30日閲覧。
  4. ^ U.S. Track Athlete Edwards Accepts Public Warning From U.S. Anti-Doping Agency”. United States Anti-Doping Agency (2004年10月6日). 2017年9月30日閲覧。
  5. ^ 2005年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年9月30日). 2017年9月30日閲覧。
  6. ^ 2009年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年9月30日). 2017年9月30日閲覧。
  7. ^ 2010年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2017年9月30日). 2017年9月30日閲覧。
  8. ^ a b Athlete Interview: MONZAVOUS EDWARDS – 2nd place in 100m at Nigerian Trials, formerly of Team USA!!!”. MAKING OF CHAMPIONS (2014年7月3日). 2017年9月30日閲覧。
  9. ^ a b HEARTBREAK: Nigerian sprinter can’t compete in Olympics after 16 years of disappointments”. TheCable (2016年8月9日). 2017年9月30日閲覧。
  10. ^ Athletics: Okagbare, Ogunlewe top 35-member Nigeria list for Rio Olympics”. Premium Times Nigeria (2016年7月12日). 2017年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]