モルガルテンの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モルガルテンの戦い
原初同盟の発展英語版
Bendicht Tschachtlan, Die Schlacht am Morgarten (c. 1470).jpg
1470年のチャフラン年代記英語版の挿絵
1315年11月15日
場所 モルガルテン峠英語版
結果 スイスの決定的勝利
衝突した勢力

原初同盟の旗 原初同盟
Flag of Canton of Uri.svg ウーリ州
Blutfahne.svg シュヴィーツ州

Old flag of Unterwalden.svg ウンターヴァルデン州
Austria coat of arms simple.svg オーストリア公国
指揮官
ヴェルナー・シュタウファッハ英語版 オーストリア公レオポルト1世
戦力
歩兵と弓兵1,500 歩兵5,500 重装騎兵2,500
被害者数
不明 1,500 ハプスブルク側の戦死者[1]

モルガルテンの戦いは、1315年11月15日に起こった。原初同盟英語版の1500名の軍隊は スイスのモルガルテン峠近くの エーゲリ湖英語版の湖畔で神聖ローマ帝国オーストリア公国軍兵士の一団を待ち伏せした。オーストリア軍を破ったスイス軍は ヴェルナー・シュタウファッハ英語版に率いられており、 オーストリア軍はレオポルト1世公に指揮されていた。スイスの勝利は現在のスイスの中核を形成する永続的な永久盟約を固めることとなった。

背景[編集]

13世紀末にかけてハプスブルク家は、イタリアへの最短経路である ゴッタルド峠周辺地帯を支配していた。しかし、ウーリ州シュヴィーツ州ウンターヴァルデン州は1291年に永久盟約を結び、神聖ローマ帝国内部での地方Wiktionary:自治権を前ハプスブルクの皇帝から認可され帝国直属身分英語版となっていた[2]。後に神聖ローマ皇帝となるヴィッテルスバッハ家ルートヴィヒ4世ハプスブルク家フリードリヒ美王が互いに皇帝への戴冠を主張していた1314年には、ハプスブルク家と永久盟約同盟の間の緊張が高まっていた。アイトゲノッセンシャフト英語版(スイス連邦)はハプスブルク家が同名の土地を併合することを恐れ、ルートヴィヒ4世を支持していた。その土地は13世紀末にもハプスブルク家が併合を図っていた。牧草地への経路を巡る紛争の結果、ハプスブルクの防衛するアインジーデルン修道院英語版をシュウィーツ連盟が襲撃したことで全面戦争となった[2]

戦闘[編集]

フリードリヒの弟のオーストリア公レオポルドは小規模の騎士を含む大軍を率いて反乱軍に激突した。彼はエーゲリ湖(Ägerisee、Äegen湖Aegeri湖とも記載する)とモルガルテン峠経由で南側から不意打ちをかけることを計画し、完全勝利を目論んでいた。ヨハネス・フォン・ヴィンタートゥール(Johannes von Winterthur)の戦闘に関する年代記は、(現在では不正確な値と信じられているが)オーストリア軍を2万としている。[3] 一方、ルドルフ・ハンハルト(Rudolf Hanhart)はオーストリア軍を9000名としている。[4] 一方歴史家ハンス・デルブリュックはオーストリア軍は2,000名から3,000名とし、彼らの中核はよく訓練され、装備万端の騎士であるとしている。[5]

シュヴィーツ同盟軍は、彼らの自律を恐れていたウリ同盟に支援されていたが、一方ウンターヴァルデンは、彼らが砦を構築していたアース村近郊の西側から敵軍が攻撃して来ることを予測していて、ウリとシュヴィーツの支援はしていなかった。同盟軍の規模は1,500名から3,000-4,000名と議論がある。[5] 同盟軍の規模に関わらず、同盟軍の装備は、訓練され装備もよいハプスブルク軍より不足していた。1852年にTait's Edinburgh Magazineに掲載された伝説では、ハプスブルク騎士ヘンリー・ヒューネンベルク(Henry Huenenberg)は、彼の軍の優勢を認識していて、"暴動"に対する勝利は不名誉だと懸念していて、騎士道の行いからしても、同盟軍の陣地へ矢を放つことで合図を送り、オーストリア軍が11月15日にモルガルテンを通って進軍して故郷に戻ることを伝えた[6]

これに応じて同盟軍は道路を遮断して準備し、エーゲリ湖とモルガルテン峠の間の狭い、湿地と急斜面の間ので待ち構えた。同盟が岩や丸太やハルバードで攻撃してきた時、オーストリアの騎士は防ぐ場所もなく、砕け散った。一方後方にいた歩兵はツーク市へと逃げ込んだ。ハプスブルク軍の兵士約1,500名がこの戦闘で殺された[1]。カール・フォン・エルガー (Karl von Elgger) によれば、同盟軍は騎士との戦闘の習慣に疎く、逃げることのできない人々や撤退中の兵士を容赦なく虐殺した。スイス軍の残虐さに戦うよりも湖に身を投げることを選んだ兵士もいたという[1]

戦術革命[編集]

ブリタニカ百科事典の記事 "軍事技術・歩兵革命 1200–1500年(Military technology § The infantry revolution, c. 1200–1500)"にて、ジョン・ギルマーティン(John Guilmartin)は次のように述べている。

[ひとつの]重要で永続的な発見はスイス[における戦い]でなされた。[彼らは]装甲をつけていない兵士が持つ7フィート(2.14m)のハルバードが、装甲をつけた 重騎兵(中世)英語版を打ちのめすことができることを学んだ。先端が小さくとがった18フィートのパイクが彼らのハルバードの一部の代替として著しく適していることも学んだ。 もはや騎士の槍は届くことがなく、どのような騎士軍よりもより強い結束力を発揮し、スイス軍は、装甲をつけていようといまいと、数で圧倒することで、直ぐに装甲重騎兵打ち破ることができるようになった。パイクを用いた集団戦術隊形の発明により、スイスは近代歩兵部隊のモデルとなった。[7]

その後[編集]

Illustration from the Schweizer Chronik of Johannes Stumpf of 1547

戦闘の一月後の1315年12月、1291年の同盟の誓いを更新し、同盟は、原初同盟の発展 (スイス)英語版の時代に入った[2]。1316年3月、皇帝ルートヴィヒ4世は森林州英語版の特権と権利を確認した。しかしレオポルトは、同盟に対してもうひとつの攻撃を準備していた。これに呼応してスイス軍はベルナー・オーバーラントに進軍してハプスブルグの領地の一部とウンターヴァルデンを攻撃した。どちらの側も勝利することはできず、1318年に孤立した森林州はハプスブルクと10ヶ月の和平交渉を行い、それは数度にわたって延長された。1323年までに森林州は ベルンと同盟を結び、シュヴィーツはハプスブルクからの防衛のためにグラールス州との同盟に署名した[2]。40年のうちに、ルツェルンツークチューリヒなどの諸都市が同盟に参加した。同盟の勝利は仮想的な自治をもたらし、1386年のゼンパハの戦い英語版までハプスブルクとの間に平和をもたらした[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Von Elgger, Karl (1868). Die Kämpfe am Morgarten in den Jahren 1315 und 1798: Festschrift für die Jahresversammlung der schweiz. Officiersgesellschaft in Zug im August 1868. pp. 10–11. https://books.google.com/books?pg=PA10&id=l7A9AAAAcAAJ#v=onepage&q&f=false. 
  2. ^ a b c d Battle of Morgarten in German, French and Italian in the online Historical Dictionary of Switzerland.
  3. ^ Oechsli, Wilhelm (1891). Die Anfänge der Schweizerischen Eidgenossenschaft: zur sechsten Säkularfeirer des ersten ewigen Bundes vom 1. August 1291, verfasst im Auftrag des schweizerischen Bundesrates. pp. 348. https://books.google.com/books?pg=PA348&id=ajYwAAAAYAAJ#v=onepage&q&f=false. 
  4. ^ Hanhart, Rudolf (1829). Erzählungen aus der Schweizer-Geschichte nach den Chroniken, Volume 2. pp. 59. https://books.google.com/books?pg=PA58&id=DRxCAAAAcAAJ#v=onepage&q&f=false. 
  5. ^ a b Delbrück, Hans. Geschichte der Kriegskunst im Rahmen der politischen Geschichte, Volume 3. pp. 572–3. http://www.zeno.org/Geschichte/M/Delbr%C3%BCck,+Hans/Geschichte+der+Kriegskunst/3.+Teil.+Das+Mittelalter/5.+Buch.+Die+Schweizer/2.+Kapitel.+Die+Schlacht+am+Morgarten. 
  6. ^ Tait, William; Christian Isobel Johnstone (1852). Tait's Edinburgh Magazine, Vol 19. pp. 244. https://books.google.com/books?pg=PA244&id=VT5NAAAAMAAJ#v=onepage&q&f=false. 
  7. ^ Guilmartin, Jr., John F. (2015), “Military technology § The infantry revolution, c. 1200–1500”, p. 14 
  8. ^ Paul E. Martin, "The Swiss Confederation in the Middle Ages," in J.R. Tanner, ed., The Cambridge Medieval History (19320 volume 7 Chapter 7

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]