レオポルト1世 (オーストリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーストリア公レオポルト1世

レオポルト1世(Leopold I., 1290年8月4日 - 1326年2月28日)は、ハプスブルク家オーストリア公およびシュタイアーマルク公(在位:1308年 - 1326年)。ドイツ王アルブレヒト1世と王妃エリーザベト・フォン・ケルンテンの三男で、兄にボヘミアルドルフ1世(オーストリア公ルドルフ3世)、ドイツ王フリードリヒ3世(美王、オーストリア公フリードリヒ1世)が、弟にオーストリア公を継いだアルブレヒト2世(賢公)とオットー(陽気公)がいる。

概要[編集]

1308年5月に父アルブレヒト1世が従兄弟のヨーハン・パリツィーダに暗殺されると、すでに長兄ルドルフはすでに死去していたため、次兄フリードリヒとともに所領を共同統治した。ハプスブルク家の旧領であるスイスの所領の統治にも当たったが、1315年11月15日モルガルテンの戦い英語版ドイツ語版でスイスの農民兵に大敗した。

レオポルトは、次兄フリードリヒが神聖ローマ皇帝選出を求めてルートヴィヒ4世対立王に立つのを支援し、1322年9月28日ミュールドルフの戦い英語版ドイツ語版でフリードリヒが捕虜となった後は和睦に尽力した。

子女[編集]

1315年にサヴォイア伯アメデーオ5世の娘カタリーナ(1284年 - 1336年)と結婚し、2女をもうけた。

  • カタリーナ(1320年 - 1349年) - クシー領主アンゲラン6世と結婚
  • アグネス(1322年 - 1392年) - シフィドニツァ公ボルコ2世マウィと結婚
先代:
アルブレヒト1世
オーストリア公
1308年 - 1326年
フリードリヒ1世と共同統治
次代:
フリードリヒ1世
(単独統治)