永久盟約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永久盟約

永久盟約は、1291年に現在のスイス中部に当たるウーリシュヴィーツウンターヴァルデンの3つのカントンの間で結ばれた盟約である[1]。この文書は、1291年7月15日のルドルフ1世の死に際して法的な確実性を保証するために結ばれた。

スイスの建国記念日(8月1日)はこの文書の日付に基づいている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Visitor Information to the Bundesbriefmuseum

外部リンク[編集]