シュヴィーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュヴィーツ
Schwyz
スイスの旗
シュヴィーツの街とルツェルン湖
シュヴィーツの街とルツェルン湖
シュヴィーツの市章
ゲマインデ(Gemainde)
位置
シュヴィーツの位置の位置図
シュヴィーツの位置
座標 : 北緯47度1分0秒 東経8度39分0秒 / 北緯47.01667度 東経8.65000度 / 47.01667; 8.65000
行政
スイスの旗 スイス
  (Kanton) シュヴィーツ州
 郡 (Bezirk) シュヴィーツ郡
 ゲマインデ(Gemainde) シュヴィーツ
地理
面積  
  ゲマインデ(Gemainde) 53.17 km2 (20.5 mi2)
標高 516 m (1,693 ft)
人口
人口 (2006年12月現在)
  ゲマインデ(Gemainde) 14,171人
    人口密度   267人/km2(690人/mi2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 6430
公式ウェブサイト : http://www.gemeindeschwyz.ch/

シュヴィーツドイツ語: Schwyz [ʃviːt͡s] ( 音声ファイル)フランス語: Schwytzイタリア語: Svittoロマンシュ語: Sviz)は、スイスシュヴィーツ州にある基礎自治体: Gemeinde)で同州の州都。1291年、今のスイス連邦の元となる永久盟約を結んだ州の一つ。

地理[編集]

両ミューテン山とシュヴィーツの街

シュヴィーツの面積は53.2km2 (20.5 sq mi)で(2006年現在)、このうち 46.4% が農地、39.1% が森林、8.7% が市街地、5.8% が河川、氷河、山岳等の利用できない土地である。

自治体シュヴィーツは、シュヴィーツ市街の他にイーバッハゼーヴェンリッケンバッハの各集落も含んでいる。東側にホッホシュトゥックリクライナー・ミューテングロッサー・ミューテンローテンフルーフルッゲレンシュトックの山々が並ぶ。この山々からムオータ川が流れ、シュヴィーツを通ってルツェルン湖に注ぐ。ハッゲネック峠ホルツェック峠アルプタールへと越え、イーバーゲレック峠オーベリベルクへと越える[1]

名称[編集]

シュヴィーツの語源は972年に"Suittes"として最初に登場する。

これは英語では"to burn"を意味する古高ドイツ語の"suedan"と関連があるとされ、かつて建物を建てるために燃やされ、除去されたこの地域の森林に言及するものであると伝わる。

この名称はシュヴィーツ州に属する地域、そして後にはスイス連邦Schweizerische Eidgenossenschaft)にまで使われた。

一方、他の州は15世紀ごろには、この名称を避ける傾向があり、"Schwyzer"という名称は1499年以後、自称として広く使用された。シュヴァーベン戦争の間は、シュヴァーベン側の人が、悪意を持ったののしり言葉として使用した。16世紀にはEidgenossenschaft(「連邦」)やSchwytzerland(「スイス」)も、ほぼ同意味のののしり言葉として使用された。

今日、ドイツ系スイス人アレマン人)は、シュヴィーツの名前を、国の名前と同じ意味として使用している。スイス人がサッカーの国際試合で応援する際に使用する"Hop hop Schwyz"は有名である。

歴史[編集]

シュヴィーツ中央広場の噴水

シュヴィーツではローマ帝国時代の硬貨が発見されているが、人が居住した証拠となるものは、教区教会にあるアレマン人8世紀の墓が最も古く、その教会自体も8世紀前半に建てられたものである。この教会は1000年頃にオットー朝ルネッサンス様式(英語版)の教会として建て直されたが、1117年ヴェローナ地震によって倒壊した。1121年ロマネスク建築の建物で教会は再建され、15世紀にはさらに大きな建物に建て替えられたが、1642年にシュヴィーツの大半を焼いた大火事によって焼失した。その後、初期バロック建築の教会が再建されたが、構造的な欠陥から、現在の後期バロック様式の建物に1774年に建て替えられている[2]

シュヴィーツは、シュヴィーツ州の州都であるため、シュヴィーツ政府は街の行政と州の行政を同時に執り行ってきた。街の歴史も、州の歴史と密接に関連している。

1548年に出されたヨーハン・シュトゥンプの記録によれば、当時のシュヴィーツの街は広場、教会、墓地、市庁舎、宿屋、塔と、木造の家が散在する散村であった。1500年頃には、州名のシュヴィーツと区別するために、街は「キルヒガッセン」(Kilchgassen)と呼ばれたが、これは教会の周りに広がっている村を指す名称で、周辺の村落は含まなかった。1642年の大火事は、中心部の47棟の建物を焼失させたが、街は全体的な再建に入った。より広い広場、放射状に延びる大通り、その中心に位置する新しい教会、新市庁舎が建てられた。家屋は都市的な街家に様変わりし、30もの都市貴族英語版)の大きな農家が市街地を囲むようになった[2]

国の文化財[編集]

下記の写真の他、中近世の住居、ヴァルデックのマナーハウス、Köplihaus 邸がスイスの重要文化財に指定されている。また、シュヴィーツの古い市街全体が、スイスの史跡となっている[3]

脚注[編集]

  1. ^ Swiss Confederation. map.geo.admin.ch (地図). https://s.geo.admin.ch/658e15bf4e 2015年7月3日閲覧。 
  2. ^ a b Schwyz in German, French and Italian in the online Historical Dictionary of Switzerland.
  3. ^ Kantonsliste A-Objekte” (German). KGS Inventar. Federal Office of Civil Protection (2009年). 2010年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]