メン・アット・ワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メン・アット・ワーク
Men At Work 1983.jpg
1983年撮影。ジョン・リース(写真上)、ジェリー・スペーサー(写真左)、ロン・ストライカート(写真中央)、コリン・ヘイ(写真右)、グレッグ・ハム(写真下)
基本情報
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア ビクトリア州メルボルン
ジャンル
活動期間
レーベル
メンバー
旧メンバー

メン・アット・ワーク (Men at Work) は、オーストラリアロックバンドである。1979年にコリン・ヘイとロン・ストライカートとのアコースティック・デュオとして結成された後、ジェリー・スペーサー、ジョン・リース、グレッグ・ハムが加入。

1983年にグラミー賞最優秀新人賞を受賞し、アリア・ホール・オブ・フェイム英語版の殿堂入りを果たした。

来歴[編集]

1979年にコリン・ヘイとロン・ストライカートとのアコースティック・デュオとして結成[1]。その後、ジェリー・スペーサー、グレッグ・ハム、ジョン・リースが加入[1]1981年にアルバム『ワーク・ソングス』(Business as Usual) をリリース。アルバムの好評を受けて1982年に世界進出する。いきなり「ノックは夜中に」("Who Can It Be Now?")、「ダウン・アンダー」("Down Under") の2曲の全米ナンバーワンヒットを放ち、グラミー賞最優秀新人賞にも輝いた。『ワーク・ソングス』は日本ではオリコン洋楽アルバムチャートで1983年3月28日付から4週連続1位を獲得した[6]

コリン・ヘイの飄々とした歌声と、(多くの世界地図を上にして描かれることから)オーストラリアが世界地図の下側にあることを自虐的に「ダウン・アンダー」と表現するユーモアセンスが受け、一時はオーストラリアのロックを指して「オージー・ロック」なる言葉も生まれるほど、シーンに対する影響力を持った。

初日本公演は1983年4月。招聘元はVAN Production(現H.I.P)。中野サンプラザで始まり渋谷公会堂で終わった。

余勢を駆って次作の『カーゴ』もヒットするが、メンバーの脱退もあって後が続かず、1985年に活動を停止。ヘイはソロ活動に移行したが成功には至らなかった。

1996年に再結成され、2000年シドニーオリンピックの閉会式においてライブパフォーマンス[7]を行うも、2002年には再び解散。

以降はコリンとグレッグの2人がゲストやサポートメンバーを迎えて、不定期にライブ活動を行っていたが、2012年にグレッグが58歳で死去[8][9]

2019年、ヘイがバックバンドを迎えてツアー活動を再開[10]

メンバー[編集]

現メンバー
名前 担当楽器 在籍期間
コリン・ヘイ
(Colin Hay)
ボーカル
リズムギター
ベース
1978年 - 1986年
1996年 - 2002年
(2012年まで複数回の一時的な復活)
2019年 -
旧メンバー
名前 担当楽器 在籍期間
ロン・ストライカート
(Ron Strykert)
リードギター
ベース
ボーカル
1978年 - 1985年
ジェリー・スペーサー
(Jerry Speiser)
ドラムス
パーカッション
バッキング・ボーカル
1978年 - 1984年
グレッグ・ハム
(Greg Ham)
キーボード
ボーカル
サクソフォーン
フルート
1978年 - 1985年
1996年 - 2002年
(2012年まで複数回の一時的な復活)
※2012年没
ジョン・リース
(John Rees)
ベース
バッキング・ボーカル
1980年 - 1984年

サポートメンバー[編集]

名前 担当楽器 在籍期間
ジミー・ブランリー
(Jimmy Branly)
ドラムス 2019年 -
サン・ミゲル・ペレス
(San Miguel Perez)
ギター
バッキング・ボーカル
2019年 -
ヨスメル・モンテホ
(Yosmel Montejo)
ベース
バッキング・ボーカル
2019年 -
シェイラ・ゴンザレス
(Scheila Gonzalez )
サクソフォーン
フルート
キーボード
バッキング・ボーカル
2019年 -
セシリア・ノエル
(Cecilia Noel)
バッキング・ボーカル 2019年 -
過去に参加したメンバー
名前 担当楽器 在籍期間
ジェレミー・オールソップ
(Jeremy Alsop)
ベース
バッキング・ボーカル
1985年 - 1986年
ジェームス・ブラック
(James Black)
ギター
キーボード
バッキング・ボーカル
1985年 - 1986年
マーク・ケネディ
(Mark Kennedy)
ドラムス 1985年
コリン・ベイリー
(Colin Bayley)
ギター
バッキング・ボーカル
1985年 - 1986年
チャド・ワッカーマン
(Chad Wackerman)
ドラムス
バッキング・ボーカル
1985年 - 1986年
ポール・ウィリアムソン
(Paul Williamson)
サクソフォーン
キーボード
バッキング・ボーカル
1985年 - 1986年
サイモン・ホスフォード
(Simon Hosford)
ギター
バッキング・ボーカル
1996年 - 1998年
1999年 - 2001年
スティーヴン・ハドリー
(Stephen Hadley)
ベース
バッキング・ボーカル
1996年 - 1998年
2001年
ジョン・ワトソン
(John Watson)
ドラムス 1996年 - 1997年
トニー・フロイド
(Tony Floyd)
ドラムス 1997年 - 1998年
1999年 - 2000年
リック・グロスマン
(Rick Grossman)
ベース
バッキング・ボーカル
1998年 - 1999年
ジェームズ・ライアン
(James Ryan)
ギター
バッキング・ボーカル
1998年 - 1999年
ピーター・マスレン
(Peter Maslen)
ベース
バッキング・ボーカル
1998年 - 1999年
スチュアート・スピード
(Stuart Speed)
ベース
バッキング・ボーカル
1998年 - 1999年
ロドリーゴ・アラベナ
(Rodrigo Aravena)
ベース
バッキング・ボーカル
2000年 - 2001年
ヘタ・モージス
(Heta Moses)
ドラムス 2000年 - 2001年
ウォーレン・トラウト
(Warren Trout )
ベース
バッキング・ボーカル
1985年 - 1986年

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • Keypunch Operator / Down Under (1979)
  • Who Can It Be Now? ノックは夜中に (1981)
  • Down Under (1982)
  • Be Good Johnny (1982)
  • Underground (1983)
  • High Wire (1983)
  • Overkill (1983)
  • It's a Mistake (1983)
  • Dr. Heckyll and Mr. Jive (1983)
  • Everything I Need (1985)
  • Maria (1985)
  • Two Hearts (1985)

アルバム[編集]

  • Business as Usual (1982)
  • Cargo (1983)
  • Two Hearts (1985)
  • The best of Men at Work

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2012年まで一時的な活動再開が複数回あった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Erlewine, Stephen Thomas. “Men at Work | Biography & History”. AllMusic. All Media Network. 2021年5月27日閲覧。
  2. ^ Tortorici, Frank (1999年6月28日). “Men At Work's Colin Hay”. MTV. オリジナルの2017年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170702023108/http://www.mtv.com/news/515559/men-at-works-colin-hay/ 2021年5月27日閲覧。 
  3. ^ Hyden, Steven (2012年4月19日). “Greg Ham of Men At Work, originator of the flute riff in "Down Under", found dead”. The A.V. Club. 2021年5月27日閲覧。
  4. ^ Brandle, Lars (2009-07-30). “Men At Work Loses First Stage In Copyright Dispute”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/business/1267253/men-at-work-loses-first-stage-in-copyright-dispute 2021年5月27日閲覧。. 
  5. ^ Fletcher, Alex (2009年7月30日). “Men At Work accused of plagiarism”. Digital Spy. 2021年5月27日閲覧。
  6. ^ オリコンのデータ協力による “全曲、80年代の週間オリコンチャートNo.1” の洋楽コンピが登場!、ソニーミュージック、2017年8月8日。
  7. ^ Men at Work”. Trove. 2012年7月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年5月27日閲覧。
  8. ^ Men At Work’s Greg Ham 1953-2012”. Complete Music Update. 3CM Enterprises Ltd. (2012年4月20日). 2021年5月27日閲覧。
  9. ^ “メン・アット・ワーク、グレッグ・ハムが遺体で発見される”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2012年4月21日). https://www.barks.jp/news/?id=1000079004 2021年5月27日閲覧。 
  10. ^ Cashmere, Paul (2018年11月24日). “Colin Hay to return to Men At Work in 2019”. Noise11.com. The Noise Network. 2021年5月27日閲覧。