メルセデス・ベンツ・W114

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メルセデス・ベンツ・W114/W115
セダン
Mercedes Strich8.jpg
クーペ
Mercedes-Benz W114 coupe.jpg
販売期間 1968年 - 1976年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアクーペ
エンジン 2.0L,2.2L,2.3L直列4気筒
2.3L,2.5L,2.8L直列6気筒
2.2L,2.4L直列4気筒ディーゼル
3.0L直列5気筒ディーゼル
駆動方式 FR
全長 4,680 mm - 5,340 mm
全幅 1,770 mm -1,790 mm
全高 1,395 mm - 1,440 mm
ホイールベース 2,750 mm - 3,400mm
車両重量 1,360 kg - 1,555 kg
先代 メルセデス・ベンツ・W110
後継 メルセデス・ベンツ・W123
-自動車のスペック表-

メルセデス・ベンツ・W114Mercedes Benz W114 )は、ドイツの自動車メーカーであるダイムラー・ベンツメルセデス・ベンツブランドで展開していた自動車である。W114は6気筒ガソリン車で、W115は4気筒ガソリン車、4気筒ディーゼル車及び5気筒ディーゼル車であった。

W110の後継として1968年から販売され、1976年にW123にバトンタッチする。

概要[編集]

W114/W115は1968年に発売されたことからstroke8とも呼ばれたが、一般的にはコンパクトという呼称で、上位モデルSクラスと区別された。「Sクラスより小型で扱いやすい」との意。次モデルのW123も、より小型の190クラス(W201)が登場するまでは「コンパクト」と呼ばれた。

世界初の5気筒ディーゼルエンジンを採用している。モデル240D 3.0、300D

1973年にはマイナーチェンジを行い、外観・内装の変更及びエンジンの改良が行われた。これは同年発表されたSクラス(W116)に準じた改良で、当時の安全実験車ESFでの研究成果を採り入れたものである。より高い位置に上げられたフロントバンパー、雨天走行時の窓汚れを低減するAピラーとリアウインドウのレインチャンネル、ヘッドライトワイパー、泥などの汚れが付着しにくい凹凸形状のリアコンビネーションランプ、大きなセンターパッドをもつ衝撃吸収式ステアリング・ハンドル、フロント三角窓の廃止、猫の耳のような形状のヘッドレストなど。

クーペモデルはピラーレスハードトップで、モデル表記では、数字の次にCが付く。250C(2.5Lキャブレター)、250CE(2.8L燃料噴射)と280CE(2.8L燃料噴射ツインカム)がラインナップされた。ダイムラー・ベンツは1950年代からガソリンエンジンの燃料噴射技術に積極的に取り組んでおり、300SLRなどのレース専用モデルのみならず、市販型300SLなどの高価なスーパースポーツモデルにも採用してきた。1969年、250CEにダイムラー・ベンツの汎用乗用車として初めて機械式燃料噴射システムを採用した。以後、ボッシュ製K-ジェトロニック燃料噴射システムを採用するまでは、自社製燃料噴射システムを採用していた。

モデル[編集]

W114[編集]

シャーシコード 製造年 モデル エンジン
排気量 モデル タイプ
W114 1968年–1972年 230.6 2.3 L M180 直列6気筒
W114 1968年–1972年 250 2.5 L M114 直列6気筒
W114 1969年–1972年 250/8 2.5 L M130 直列6気筒
W114 1969年–1972年 250C 2.5 L M130 直列6気筒
W114 1972年–1976年 280 2.8 L M110 直列6気筒
W114 1973年–1976年 280C 2.8 L M110 直列6気筒

W115[編集]

シャーシコード 製造年 モデル エンジン
排気量 モデル タイプ
W115 1968年–1973年 200 2.0 L M121 直列4気筒
W115 1973年–1976年 200 2.0 L M115 直列4気筒
W115 1968年–1973年 220 2.2 L M115 直列4気筒
W115 1968年–1974年 220D 2.2 L OM615 ディーゼル 直列4気筒
W115 1973年–1976年 230.4 2.3 L M115 直列4気筒
W115 1973年–1976年 240D 2.4 L OM616 ディーゼル 直列4気筒
W115 1975年–1976年 300D 3.0 L OM617 ディーゼル 直列5気筒

関連項目[編集]