メイカーズピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メイカーズピア
Maker's Pier
Maker’s Pier Overview 201706.jpg
地図
店舗概要
所在地 455-0848
名古屋市港区金城ふ頭二丁目7-1
座標 北緯35度3分1.9秒 東経136度50分49秒 / 北緯35.050528度 東経136.84694度 / 35.050528; 136.84694座標: 北緯35度3分1.9秒 東経136度50分49秒 / 北緯35.050528度 東経136.84694度 / 35.050528; 136.84694
開業日 2017年3月30日
土地所有者 名古屋市
設計者 矢作建設工業[WEB 1]
施工者 矢作建設工業[WEB 1]
最寄駅 金城ふ頭駅
最寄IC 名港中央インターチェンジ
外部リンク www.makerspier.com
テンプレートを表示
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:施設外観の画像提供をお願いします。2017年4月

メイカーズ ピア和製英語: Maker's Pier)は、名古屋市港区金城ふ頭二丁目にある飲食店雑貨店、お化け屋敷等の複合商業施設。メイカーズピアは「ものづくりふ頭」を意味する[新聞 1]

概要[編集]

金城ふ頭は名古屋港の中央部に位置し、貿易の中心として利用されてきた[WEB 2]。当地は1976年昭和51年)から1982年(昭和57年)にかけて整備された「金城ふ頭中央緑地」があった[WEB 3]。名古屋市は金城ふ頭全体を「モノづくり文化交流拠点」として再開発を行う構想を策定した[WEB 4]。そして、その一環としてレゴランドジャパンの名古屋への誘致のコーディネートと努力をしたGCDS Corporation及びその子会社GCDS JAPANが、基本コンセプトを提案し設計された商業施設がメイカーズピアである[WEB 4]。その基本コンセプトの元で、商環境設計やテナントコンセプト設計は野村不動産グループのジオ・アカマツが[WEB 5]、建設は矢作建設工業が[WEB 6]担当し、GCDS JAPAN及び矢作地所が共同で運営している[新聞 1]

メイカーズピアは「モノづくり文化交流拠点」構想に沿って、英語の「Make」と「Entertainment」を組み合わせた造語である「Makertainment」(メイカーテインメント)をコンセプトとして掲げている[公式 1]。2万4千平方メートルの敷地に、53店舗が入居する[新聞 1]。施設内は、体験型施設中心の「フォレストガーデン」、レストランが並ぶ「セントラルパーク」、雑貨やアクセサリー店が中心の「アップタウン」という3つのエリアに大別される[公式 1]

沿革[編集]

  • 2016年平成28年)1月31日 - 同日をもって金城ふ頭中央緑地北側部分を閉鎖[WEB 3]
  • 2017年(平成29年)3月30日 - 全面開業[新聞 1]
  • 2017年(平成29年)5月22日 - テナントのレストランの1店舗が閉店[新聞 2]
  • 2017年(平成29年)8月 - テナントが更に3店舗撤退[新聞 3]
  • 2019年(平成31年)3月 - anelaオープン
  • 2019年(平成31年)4月 - 日本茶漬け専門店 貴×2オープン
  • 2019年(令和元年)7月 - 台湾銘茶 曉茶オープン
  • 2019年(令和元年)12月 - Kinoco.木と鉄interiorオープン
  • 2019年(令和元年)12月 - feel forest with Rosemaryオープン。

施設[編集]

フォレストガーデン[編集]

フォレストガーデン(2017年4月)
  • VALORE
  • cafe & pancake gram
  • 異国精肉店 ザ・アミーゴス GRILL & BBQ
  • ペットショップCoo&RIKU
  • 西条園抹茶カフェ - 愛知県西尾市にある西尾の抹茶を使用した抹茶店「あいや」によるカフェ[1]
  • 日本茶漬け専門店 貴×2
  • メイカーズピアラウンジ - イベント区画をリニューアルし、本や絵本を置いた無料休憩スペース。

セントラルパーク[編集]

セントラルパーク入口(2017年6月)
セントラルパーク(2017年4月)
  • FABRIK's
  • 台湾銘茶 曉茶
  • だるまうなぎ
  • 和食麺処 サガミ - 蕎麦打ち体験が楽しめる[公式 2]
  • ピッツェリアマリノ バンビーナ
  • 洋食屋 マ・メゾン
  • Gottie's BEEF - 熟成肉専門店[1]
  • THE MATSUKASA
  • らんまん食堂
  • 奥山安蔵商店 Seafood Grill
  • フジヤマ55
  • シルバニアファミリー森のお家
  • ジグソーパズルのお店マスターピース
  • 杉養蜂園 - 蜂蜜を使った食品などを扱う[2]
  • Kinoco.木と鉄interior
  • &ANTIQUE

アップタウン[編集]

アップタウン(2017年4月)
  • MILKISSIMO
  • LAUNDRY TOWN
  • タオル美術館
  • カトージ
  • 台場怪奇学校 名古屋校 - お化け屋敷[3]
  • えびせんパーク
  • BLYNROOK CAFE
  • 名古屋紀念品商店 HAIKARA
  • カレーハウスCoCo壱番屋 - 3歳以上を対象に店員を体験できるプログラムを準備している[新聞 4]。1500円から3000円の3コースがあり、注文から配膳までを本格的に体験することができる[新聞 4]
  • きなりがらす
  • GOSABURO
  • ぬパンダーら
  • 和傘屋 北斎グラフィック
  • さんぷる工房 - 食品サンプルの制作体験が可能[新聞 4]
  • anela

閉店した店舗・施設[編集]

  • シーグリルバンケット(2017年5月22日)
  • 飲茶楼パンダーら(2017年8月末)
  • MELLOWS MEATBALL STAND(2017年8月末)
  • にっぽんCHACHACHA(2017年8月末)
  • KAMMI-BAR(2018年1月末)
  • THE BROOKLYN CAFÉ(2018年1月末)
  • 果汁工房 果琳(2018年2月)
  • Sweets Spoon(2018年2月)
  • セガ(2018年2月25日)
  • teniteo(テニテオ)SHOP(2018年3月31日)
  • ヨロズマート(2018年4月8日)
  • ハム工房mokumoku(2018年5月6日)
  • yebisu gogo cafe ピア・マルシェ
  • Nikiフィッシュバル
  • 串家物語
  • OKONOMIYAKI LABO BOTECO
  • Shachi Pon!- シヤチハタが初めて手がけるスタンプ体験ショップ[新聞 5]。店内ではオリジナルスタンプ作成やスタンプを使った遊びができる[新聞 5]
  • DEVAPURA
  • お香専門店 香源
  • みのりカフェ - 愛知県を中心とした東海・北陸地域の農産品を利用したジェラートなどを提供する[公式 3]JAあいち経済連およびJA全農による共同事業で、実際の店舗運営はエスエルディーが受託して行う[WEB 7]
  • グリルみのる - 松阪牛飛騨牛みかわ牛といった地元のブランド牛を使った料理を提供するレストラン[公式 4]。前述のみのりカフェと同じく、JAあいち経済連およびJA全農による共同事業で、実際の店舗運営はエスエルディーが受託して行う[WEB 7]
  • SWANKY MARKET
  • ロボ工房

集客問題[編集]

名古屋市が観光拠点化したいという思惑、出店業者の想定に反して予想外の業績不振が報じられている。

  • 繁忙期を除いて火、水曜が休園日
  • 入場料が割高で来場者数が延びない
  • 年間パスポート以外は再入場ができない
  • 夜間営業が無い
  • 周辺に居住者が存在しない

2018年5月10日、開業から1年余りでテナント12店が撤退したこと、52区画のうち10区画が空いていることなどが、矢作建設工業の決算会見で明らかになった[WEB 9]

しかし、集客に苦労しているメイカーズピアが位置する金城ふ頭エリアは、名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)の新展示館、コンベンション施設などの大型開発が2022年10月の開業に向けて続々着手へと進んでおり、2022年度以降に、金城ふ頭駅の東部へ旅客船ターミナルの新設が計画されるなど[4]、名古屋を代表するウォーターフロントへと成長できるか真価が問われている。

アクセス[編集]

所在地
〒455-0848 名古屋市港区金城ふ頭二丁目7-1[公式 5]
鉄道
あおなみ線金城ふ頭駅から専用連絡通路が整備されている[公式 5]。名古屋駅から最速17分。
水上バス
名古屋市営地下鉄名港線名古屋港駅のある名古屋港ガーデン埠頭から水上バス「名古屋港トリトンライン」で約30分、のりばから徒歩7分で到着できる[公式 5]
自家用車
伊勢湾岸自動車道名港トリトン名港中央インターチェンジを利用し、名古屋市営金城ふ頭駐車場に駐車が可能[公式 5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

公式サイト[編集]

  1. ^ a b Maker's pierについて” (日本語). Maker's Pier. 2017年4月7日閲覧。
  2. ^ 和食麺処 サガミ” (日本語). Maker's Pier. 2017年4月7日閲覧。
  3. ^ みのりカフェ” (日本語). Maker's Pier. 2017年4月7日閲覧。
  4. ^ グリルみのる” (日本語). Maker's Pier. 2017年4月7日閲覧。
  5. ^ a b c d 交通アクセス” (日本語). Maker's Pier. 2017年4月7日閲覧。

WEB[編集]

  1. ^ a b 「Maker's Pier着工記念式典」 を開催 (金城ふ頭商業施設)”. 矢作建設工業株式会社. 2017年4月19日閲覧。
  2. ^ 新たな役割を担う「内港地区」金城ふ頭 (PDF)” (日本語). 名古屋港管理組合. 2017年4月5日閲覧。
  3. ^ a b 名古屋港管理組合建設部総合開発室金城・南5区開発担当. “金城ふ頭中央緑地閉鎖のお知らせ” (日本語). 名古屋港管理組合. 2017年4月28日閲覧。
  4. ^ a b 名古屋市役所住宅都市局都市整備部名港開発振興課金城ふ頭開発担当 (2016年9月20日). “金城ふ頭開発の方針(モノづくり文化交流拠点構想)” (日本語). 名古屋市. 2017年4月5日閲覧。
  5. ^ Maker's Pier(メイカーズ ピア)
  6. ^ Maker's Pier 開発プロジェクト|50周年コンテンツ 矢作地所
  7. ^ a b JA全農直営店舗「みのりカフェ」「グリルみのる」名古屋にオープン ━ エスエルディーが開業支援、運営受託 (PDF)” (日本語). 株式会社エスエルディー (2017年1月30日). 2017年4月7日閲覧。
  8. ^ レゴランド隣接施設の戸惑い 「あふれる客」見込んだが”. 朝日新聞 (2017年7月17日). 2018年7月18日閲覧。
  9. ^ 当て外れた? レゴランド隣、開業1年で撤退12店”. 朝日新聞 (2018年5月10日). 2018年7月18日閲覧。

新聞[編集]

  1. ^ a b c d “名港エリア 次々新顔 レゴ隣は… ものづくり体験活況 メイカーズ・ピア開業” (日本語). 中日新聞朝刊 (中日新聞社): p. 9. (2017年3月31日) 
  2. ^ 来場者低迷、レゴランド隣接店舗が2か月で閉店” (日本語). 読売新聞社(YOMIURI ONLINE) (2017年5月23日). 2017年5月25日閲覧。
  3. ^ レゴランド:来場者、9月に100万人へ 隣接施設は苦戦” (日本語). 毎日新聞社 (2017年8月17日). 2017年9月17日閲覧。
  4. ^ a b c “30日開業 メイカーズ・ピア 仕事体験やってみよう カレー屋さん 食品サンプル作り” (日本語). 中日新聞朝刊 (中日新聞社): p. 7. (2017年3月15日) 
  5. ^ a b “にこにこBOX スタンプ体験ショップがオープン” (日本語). 中日新聞夕刊 (中日新聞社): p. 11. (2017年3月21日) 

書籍[編集]

参考文献[編集]

  • 『レゴランド・ジャパン完全ガイドブック』TokaiWalker編集部、KADOKAWA、2017年3月18日(日本語)。ISBN 978-4-04-895958-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]