ムハンマド・スイスメズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハンマド・スイスメズ
Muhammed Suiçmez
ムハンマド・スイスメズ (手前)
ムハンマド・スイスメズ (手前)
基本情報
出生 1975年11月28日(38歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ
バーデン=ヴュルテンベルク州
カールスルーエ行政管区
カールスルーエ
ジャンル デスメタル
テクニカルデスメタル
職業 ボーカリスト
ギタリスト
ベーシスト
プログラマ
作曲家
作詞家
音楽プロデューサー
レコーディングエンジニア
担当楽器
ギター
ベース
活動期間 1992年 -
共同作業者 ネクロファジスト
著名使用楽器
7-string Ibanez LACS Falchion

カーカス
デス
エントゥームド
カンニバル・コープス
モービッド・エンジェル
Nocturnus
イングヴェイ・マルムスティーン

ムハンマド・スイスメズ [1](Muhammed Suiçmez1975年11月28日 - )は、ドイツカールスルーエ出身のヘヴィメタルミュージシャンテクニカルデスメタルバンドネクロファジストの中心人物。

略歴[編集]

1975年11月28日カールスルーエトルコ人の移民とドイツ人の間に生まれる。10歳頃からデスメタルを中心とした音楽を聴き始め、カーカスデスエントゥームドカンニバル・コープスモービッド・エンジェル、Nocturnus、他にイングヴェイ・マルムスティーン等をお気に入りとしていた。14歳の頃、後の1stアルバム『Onset Of Putrefaction』の原型となる歌詞を書き始めたが、当時はカーカスにインスパイアされていたせいか、ゴアかつダークなものだった。

15歳の頃、曲作りやギターを演奏したいという願望を抑え切れなくなった。しかし、彼の両親は彼がギターを始めることを禁止していたため、仕方なく彼は自分の金を兄に渡して自分の代わりにギターを購入してもらい、それを譲ってもらう形で念願のギターを手に入れた。そのギターは父に発見され破壊されてしまったものの、彼の情熱を挫けさせるまでには至らなかった。ギターを始めた最初の3年間は毎日、耳コピーしながら独学で練習し続けた。そのせいか、彼のギターソロスタイルはハーモニックマイナースケールの使用、スウィープピッキングなどのレガートな奏法など、イングヴェイからの影響が見られる。

1992年、書き溜めていた楽曲のレコーディングの準備が整うと同時にネクロファジストを結成。ベーシストの書いた1曲を除いて他は全てムハンマドが全ての曲と歌詞を書いた5曲入りのファーストデモをリリースした。ムハンマドは作曲を続け、18歳頃には1stアルバムの『Onset of Putrefaction』の全楽曲は既に完成していた。以降、ネクロファジストの中心人物として活動を続ける。

ネクロファジストでは、ボーカリストギタリストとして活動しているが、1stアルバム『Onset of Putrefaction』では、ムハンマド以外のメンバーが揃わずベースも演奏し、ドラムマシンのプログラミングも行った。また、ネクロファジストのほぼ全曲の作詞作曲を担っている。更には、音楽プロデューサーレコーディングエンジニアとして、アルバム制作に携わっており、ミキシングなどを行っている。また、レーゲンスブルク出身のブルータル・デスメタルバンド、Common Graveの2ndアルバム『Dehumanized』のプロデューサー、ミキシングエンジニアとしてアルバム制作に携わった[2]

ディスコグラフィ[編集]

ネクロファジスト[編集]

  • 1992年 Requiems of Festered Gore (Demo)
  • 1995年 Necrophagist (Demo)
  • 1999年 Onset of Putrefaction
  • 2004年 Epitaph

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トルコ語での読みは「スイチュメズ」
  2. ^ [1]

外部リンク[編集]