ムッシモール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ムッシモール
{{{画像alt2}}}
C4H6N2O2
識別情報
CAS登録番号 18174-72-6
特性
モル質量 114.10 g/mol
融点

184-185°C

への溶解度 易溶
エタノールへの溶解度 難溶
メタノールへの溶解度 易溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ムッシモール (muscimol) は、イボテン酸脱炭酸したもの。抑制系の神経伝達物質のひとつであるγアミノ酪酸(GABA)の作動薬として作用する、神経伝達物質の放出頻度を落とすように作用する[1]。つまり、脳の働きを不活発にするということである。 ベニテングタケなどテングタケ属のキノコに含まれる成分。

ベニテングタケAmanita muscaria

ムッシモールは、イボテン酸ムスカゾンとの3つのアルカロイドの主なもの[2]。ムッシモール単独では、6ミリグラムでその作用が識別できる程度となり、通常量は7-20ミリグラム[2]イボテン酸の方が5-10倍効力が強い[2]

身体には痙縮、嘔吐、平衡感覚の喪失、めまい、手足の感覚の麻痺を起こし、精神には2時間ほど幻覚を伴う混迷、眠気などを起こした後、高揚させ感覚と知覚を鋭敏にし、身体イメージを変化させる[2]。高用量では譫妄、昏睡、記憶喪失[2]

日本での研究は、ムッシモールやイボテン酸がハエの発育を阻害することを発見し、その作用はイボテン酸の方が高かった[3]

出典[編集]

  1. ^ 草野源次郎「キノコの毒成分」、『遺伝』第39巻第9号、1985年9月、 p32-36、 NAID 40000130647
  2. ^ a b c d e レスター・グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ-向精神物質の科学と文化』 杵渕幸子訳、妙木浩之訳、工作舎、2000年。ISBN 978-4875023210。58頁。Psychedelic Drugs Reconsidered, 1979
  3. ^ ニコラス・P.マネー 『キノコと人間 医薬・幻覚・毒キノコ』 小川真訳、築地書館、2016年、172頁。ISBN 978-4-8067-1522-1 Mushroom, 2011.

関連項目[編集]