水酸化アンモニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水酸化アンモニウム
{{{画像alt3}}}
識別情報
CAS登録番号 1336-21-6 チェック
ChemSpider 14218 チェック
UNII 5138Q19F1X チェック
特性[1]
化学式 NH4OH
モル質量 35.04 g/mol
外観 揮発性の高い水溶液, 無色透明, 苦い臭気を持つ
密度 0.91 g/cm3 (25 %)
0.88 g/cm3 (32 %)
融点

−57.5 °C (25%)
−91.5 °C (32%)

沸点

37.7 °C (25%)
24.7 °C (32%)

への溶解度 混和性
危険性
EU分類 Corrosive (C)
Dangerous to the environment (N)
Rフレーズ R34, R50
Sフレーズ (S1/2), S26, S36/37/39, S45, S61
関連する物質
その他の陰イオン 塩化アンモニウム
シアン化アンモニウム
その他の陽イオン 水酸化テトラメチルアンモニウム
関連物質 アンモニア
ヒドロキシルアミン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

水酸化アンモニウム(ammonium hydroxide)は、アンモニア水溶液を示す場合に用いられる名称である。アンモニア水(ammonia water)とも呼ばれ、NH3(aq)と表すことができる。アンモニア水中の電離平衡において中間体として NH4OH の存在が仮定されたこともあるが[2]、この化学種の存在は否定されている[3]

化学式で[NH4+][OH]と塩のように表すが、この化学種の単離は不可能であり、希釈水溶液としてのみ存在する[4]

塩基性度[編集]

水溶液中ではアンモニアと水は次のような平衡にある。

NH3 + H2O \rightleftharpoons NH4+ + OH

1Mのアンモニア水溶液では、約0.42%のアンモニアがアンモニウムイオンとなり、pHは11.63となる。塩基解離定数は:

Kb = [NH4+][OH-]/[NH3] = 1.8×10−5

実験室での用途[編集]

アンモニア水は伝統的に定性分析に用いられる。他のアミンと同様に銅(II)イオンと混合すると深青色の溶液になる。硝酸銀水溶液にアンモニア水を加えると酸化銀(I)が沈殿するが、アンモニア水を過剰量加えるとジアンミン銀(I)イオン錯体として溶解する。これはトレンス試薬と呼ばれる。

アンモニア水をCu2+のような金属イオンの存在下で過酸化水素水と混合すると、過酸化水素が急激に分解する。

脚注[編集]

  1. ^ Record in the GESTIS Substance Database from the Institute for Occupational Safety and Health (IFA)
  2. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  3. ^ F.A. コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年
  4. ^ Housecroft, C. E.; Sharpe, A. G. (2004). Inorganic Chemistry (2nd ed.). Prentice Hall. p. 187. ISBN 978-0130399137.

関連項目[編集]