マーケティング・オペレーション・マネジメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーケティング
主要概念

プロダクト • 価格戦略
流通 • サービス • 小売
ブランド管理英語版
アカウントベースドマーケティング英語版
マーケティング倫理英語版
マーケティング効果英語版
市場調査
市場細分化
マーケティング戦略
マーケティング論
市場支配英語版

宣伝内容

広告 • ブランディング • アンダーライティング英語版
ダイレクトマーケティング • 個人販売
プロダクトプレイスメント • 広報
販促活動英語版 • 宣伝における人間の性英語版

宣伝媒体

印刷 • 出版物  • 放送
アウトドア英語版 • インターネットマーケティング
ノベルティ
レベルマーケティング英語版 • ゲーム内広告
実演販売 • ブランドアンバサダー英語版
口コミ

  

マーケティング・オペレーション・マネジメント: Marketing operations management, MOM)とは、マーケティングにかかる作業インプットをマーケティングコンテンツというアウトプットに変化させる制御(マネジメント)手法のこと。特に営業とマーケティングなど、互いに独立した複数の部門間でオペレーションを共有する必要がある場合に、有効な手段とされる。やり方としてはまず、実現したい理想的な作業フローを設定し、それを目標とした作業制御(マネジメント)を行う。実現した場合それ自身は通常の業務フローとなる。複数の作業工程を制御(マネジメント)することによって、マーケティング予算ならびに作業工程を最適化する。マーケティング施策にかかる上流工程から下流工程までのコンテンツ管理英語版に関し、適切なセールス&マーケティング予算の策定から企画・実行・分析までを一貫して行うものである。一貫したコンセプトに則り予め用意されたフレームワーク上で行われるため、マーケティング作業のマネジメントとして「マーケティング・オペレーション・マネジメント」または単に(マーケティング資産を有効にするための)「作業マネジメント」と名付けられている。

作業マネジメントの対象領域[編集]

セールス&マーケティング予算を策定するための適切なマーケティング利益の算出と、個別のマーケティング施策の企画・実行・分析までを行う企画・制作・改善作業の2つの作業のマネジメントに大別される。

マーケティング利益のマネジメント[編集]

マーケティング戦略が売上に寄与した額からマーケティングコストの全総和を差し引いたマーケティング利益は、管理会計のフレームワークの一部を定義する。したがって、マーケティング・オペレーション・マネジメントの範囲は管理会計すなわち

マーケティング売上の算出作業
売上のうち、マーケティング特にデジタルマーケティングによる寄与部分の算出
マーケティング費用の算出作業
マーケティングオートメーションSFAその他セールス&マーケティングに関連するすべての費用のうち、マーケティングソフトウェアコスト、マーケティング外注費、社内での企画コンテンツにかかる費用(人件費)の総和の算出

を行い、売上が極大化する最適なマーケティング予算を、後記する施策作業のうち、いずれの作業に充当するか、効率性の観点から予算配分をマネジメントする。

個別施策にかかるオペレーションマネジメント[編集]

マーケティングの個別施策は予め社内で定義された「マーケティングステージの各項目を次のステージへ遷移させる手段である。セールスの場合(案件を次に進めるための)アプローチともいうが、このマーケティングアプローチの効果を上げるためのあらゆる作業が、個別施策のオペレーションである。

プロセス[編集]

プロセスはソフトウェアツール、すなわちマーケティング・リソース・マネジメント英語版システム内で構築される。この作業マネジメントの目的は、マーケティング投資回収率英語版(ROMI) を重要業績評価指標として観測されるマーケティング効果英語版を改善させるために実行されている[1]

なお、マーケティング戦略が売上に寄与した額の算出、マーケティングコストの全総和の算出の両方が無ければマーケティング利益の計算ができない。このため、先ずはこの値の算出に向けた取り組みが重要である。

マーケティングオートメーションソフトウェアをはじめとするすべてのマーケティングシステムの導入目的は活用可能なレベルのデータの取得である。しかしながらこれら取得すべき十分な量のデータは顧客の能動的な行動によって観測・収集されるため、顧客が能動的に多くのデータを残すよう、分析に必要なデータ取得を行える程度に有効なマーケティング資産を保持していなければならない。マーケティング資産を有効化させる手段を企業が持っていない場合、十分な量の分析データを取得することができない。このマネジメント手法が必要とされている背景には以上の点がある。

従ってマーケティングオートメーションソフトウェアや、その他マーケティングのためのリソース管理ツールなどのソフトウェアはこの作業マネジメントの一環として選定される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Improving marketing efficiency and effectiveness (PDF)”. Musqot MPM App. 2017年11月30日閲覧。

関連項目[編集]