マーク・シャパイロ (スポーツエグゼクティブ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mark Shapiro.png

マーク・シャパイロMark Shapiro 1967年 - )は、MLBトロント・ブルージェイズの球団社長兼CEO2015年8月 - )。

父は元代理人ロン・シャパイロ英語版であり、カル・リプケンエディ・マレーらを担当していた[1][2]

来歴[編集]

マサチューセッツ州ミドルセックス郡ケンブリッジ生まれ。プリンストン大学出身であり、卒業後の1991年からクリーブランド・インディアンスのフロント入りする。当時のGMであるジョン・ハート英語版の下でインディアンスの1990年代の黄金時代を選手育成部門の担当やGM補佐として支えた。2001年オフにハートがテキサス・レンジャーズへ去ると、後任のGMに就任した。

チーム予算が潤沢では無くなってくる中、バートロ・コローンチャック・フィンリーを放出していずれも後に主力となるクリフ・リーグレイディ・サイズモアココ・クリスプらを獲得するトレード[3]を敢行するなどインディアンスを低予算ながら勝てるチームに作り上げ、2005年2007年にはスポーティング・ニュース社が選出するエグゼクティブ・オブ・ザ・イヤーに選出されている。

2010年には、部下のクリス・アントネッティにGM職を譲り、自身は社長に就任した。

2015年8月末には、長年勤めていたインディアンスを離れ、球団社長兼CEOとしてトロント・ブルージェイズへ移籍した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 梅田香子「スーパースター列伝10 カル・リプケン[オリオールズ]」『月刊メジャー・リーグ』 2001年3月号 ベースボール・マガジン社 39頁
  2. ^ 「30球団マンスリー・リポート クリーブランド・インディアンス 念願の打撃コーチとなったマレー 早くも注目集める”マレー計画”」『月刊メジャー・リーグ』 2002年2月号 ベースボール・マガジン社 52頁
  3. ^ 「フラッグ・ディール年度別回顧 2002・インディアンス」『月刊メジャー・リーグ』 2005年10・11月合併号 ベースボール・マガジン社 34頁
  4. ^ Gregor Chisholm (2015年8月31日). “Shapiro to become Blue Jays president, CEO” (英語). MLB.com. 2019年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]