マルコ・バロッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マルコ・バロッタ Football pictogram.svg
Marco Ballotta.JPG
名前
愛称 ノンノ
カタカナ マルコ・バロッタ
ラテン文字 Marco Ballotta
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1964-04-03) 1964年4月3日(54歳)
出身地 カザレッキオ・ディ・レーノ
身長 181cm
体重 77kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・バロッタ(Marco Ballotta1964年4月3日-)(バッロッタの表記もあり)はイタリアエミリア=ロマーニャ州ボローニャ県カザレッキオ・ディ・レーノ出身の元サッカー選手である。ポジションはGK。セリエAとUEFAチャンピオンズリーグでの最年長出場記録を持っている。愛称は『ノンノ(おじいちゃん)』。

経歴[編集]

ボローニャFCのユースで技を磨く。ここでアマチュア登録だった1981年、17歳の時に初めてベンチに入るがその時の出場はなかった。1982年地元のSSカザレッキオ1921でプロとしてキャリアを始める。1984年モデナFCに移籍するまで22試合に出場した。モデナFCでは6年在籍し178試合に出場。1990年移籍したACチェゼーナでは出場機会に恵まれなかったが、同年12月16日の対ジェノア戦でセリエA初出場を記録している(試合は4対1でジェノアの勝利)。翌シーズンにパルマへ移籍。バックアッパーとして33試合で出場。特に1992-93シーズン、彼はセリエA3位とUEFAカップウィナーズカップ優勝(ロイヤル・アントワープに3-1で勝利)を経験した。しかし翌シーズンまでその勢いは続かずわずか3試合しか出場できなかった。その年に行われたUEFAスーパーカップでの勝利(ACミランに2-0で勝利)でもルカ・ブッチの控えだった。

翌年ブレシアへ移籍し32試合に出場するもクラブはセリエBに降格してしまった。1995年から1997年までレッジャーナへ在籍し97年から第三キーパーとしてラツィオへ加入。主にバックアッパーだったが優勝した99-00シーズン後半の猛烈な追い上げに貢献した。2000年インテルへ加入するも静かな日々を過ごす。そして翌年から若き日を過ごしたモデナに移籍。初めてフルシーズンスタメンで全試合に出場。経験も資金も乏しいクラブを残留に導く(しかし翌シーズンは健闘むなしく降格)88試合に出場するも『ケンカ別れ』してしまった。

セリエBのトレビーゾでセリエB5位(自力昇格は無かったがジェノアの八百長問題でセリエC1に降格)での昇格に貢献。シーズンオフに親しいスタッフがラツィオに移籍しプレーヤー兼コーチとして招いたため再びラツィオへ移籍。アンジェロ・ペルッツィマッテオ・セレーニのケガで出場機会を得て8試合に出場。翌シーズンも11試合に出場しクラブはインテルとASローマに次ぐ3位でシーズンを終えUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した(後述、最年長出場記録を更新)。

2007-2008シーズンを最後に現役引退し古巣モデナのゼネラル・ディレクターに就任した

記録[編集]

2006年5月7日の最終節対アスコリ・カルチョ戦でセリエA最年長出場記録を更新(42歳34日、以前はディノ・ゾフが持っていた41歳77日)した。また2007年9月18日、チャンピオンズリーグのオリンピアコス戦でUEFAチャンピオンズリーグの最年長出場記録(以前はACミランアレッサンドロ・コスタクルタが2006年11月21日に作った40歳221日)を作った。43歳168日という記録は前記録を大きく超えるもので驚きを与えた。

エピソード[編集]

  • 一番苦手だった選手はディエゴ・マラドーナ。ゴールを決められた時『自分の無力さを感じた』と語っている。また、ポジション争いを好み、『闘争心が無くなるまで現役を続ける』と語っている。(CALCiO2002、1月号のインタビューより)。また日々の入念な体調管理を心がけており、それがここまで現役を続けられてきた秘訣だ、とも語っている。
  • 『プレーをすることをやめる時がきたら、それからのことを考えるつもりだ。ゴールキーパーのスクールを開き、そこで先生として生きるのも悪くない。今は自宅のカザレッキオ・ディ・レーノの近くでそういうことができないか考えているところだよ』としてプロチームでゴールキーパーコーチにはならない模様。また来シーズンは新加入のフアン・パブロ・カリーソの控えになる公算が大きいが、『来年のことはもうすぐ会長と話をする予定だ』とし、『僕のラツィオでの未来についてどんな決定が下されることになるとしても、話し合いに応じる意思はある』と44歳になったいま(2007年6月16日現在)も現役引退は考えていない。さらにカリーソに対し、『彼は強い個性と決断力があり、チームにとって理想的な選手だ。もちろんイタリアのリーグはほかの国のリーグとは違うし、まだまだ成長しなければならない。でも、十分に成長の余地があることは間違いない』と彼の能力を称えた。(『ラディオインコントロ』局のインタビューより)

所属クラブ[編集]