マルクス・ファビウス・ブテオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルクス・ファビウス・ブテオMarcus Fabius Buteo, 生没年不詳、紀元前3世紀) は、共和政ローマ元老院議員。

第二次ポエニ戦争の際の最中、紀元前216年の後半期に独裁官を務めた。カンナエの戦いで元老院議員の3割が戦死し、この未曾有の混乱を収拾するために、カンナエの生き残りガイウス・テレンティウス・ウァッロと前任の独裁官マルクス・ユニウス・ペラによって任命された。彼の任期はカンナエで激減した元老院議員を補充するために新たな者を加えて登録することにあったという。そして元老院議員の名簿が完成するとすぐに辞職した。