ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス (紀元前237年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス
L. Cornelius L.f. Ti.n. Lentulus Caudinus
出生 不明
死没 紀元前213年
出身階級 パトリキ
氏族 コルネリウス氏族
官職 執政官(紀元前237年)
監察官(紀元前236年)
最高神祇官(紀元前221年-紀元前213年)
テンプレートを表示

ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌスラテン語: Lucius Cornelius Lentulus Caudinus、- 紀元前213年)は紀元前3世紀中期の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前237年執政官(コンスル)、翌年紀元前236年には監察官(ケンソル)を務めた。

出自[編集]

パトリキ(貴族)であるコルネリウス氏族の出身。父のプラエノーメン(第一名、個人名)はルキウス、祖父はティベリウスである[1]。コルネリウス氏族で、レントゥルスのコグノーメン(第三名、家族名)を使ったことが確認できるのは、紀元前327年の執政官ルキウス・コルネリウス・レントゥルスであるが、カピトリヌスのファスティが欠落しており父および祖父の名前が不明で、氏族の他家との関係は特定できていない[2]。レントゥルスはこのルキウスの直系の子孫ではないが、紀元前275年の執政官ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌスの息子である。父ルキウスはマニウス・クリウス・デンタトゥスと共にピュロス戦争を戦っている[3]。紀元前236年の執政官プブリウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌスとは兄弟である。

息子には、紀元前199年の執政官ルキウス・コルネリウス・レントゥルス紀元前201年の執政官グナエウス・コルネリウス・レントゥルスがいる。

経歴[編集]

カウディヌスが記録に最初に登場するのは紀元前237年の執政官就任時である。同僚のプレブス(平民)執政官はクィントゥス・フルウィウス・フラックスであった。執政官としてリグリア(en)との戦いに出征した。エウトロピウスは、その勝利を讃えて凱旋式が実施されたと記しているが[4]凱旋式のファスティには記録されていない。

紀元前236年には監察官(ケンソル)に就任。紀元前221年から死去した紀元前213年まで最高神祇官(ポンティフェクス・マクシムス)を務め、また紀元前220年から元老院筆頭(プリンケプス・セナトゥス)を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ カピトリヌスのファスティ
  2. ^ Münzer F. "Cornelii Lentuli", 1900, s. 1356.
  3. ^ Münzer F. "Cornelii Lentuli", 1900, s. 1359-1360
  4. ^ エウトロピウス『首都創建以来の歴史』、III, 2.

参考資料[編集]

  • カピトリヌスのファスティ
  • エウトロピウス『首都創建以来の歴史』
  • Münzer F. Cornelii Lentuli // RE. — 1900. — Bd. VII. — Kol. 1355—1360.

関連項目[編集]

公職
先代:
ティベリウス・センプロニウス・グラックス
プブリウス・ウァレリウス・ファルト
執政官
同僚:クィントゥス・フルウィウス・フラックス
紀元前237年
次代:
プブリウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス
ガイウス・リキニウス・ウァルス
先代:
ガイウス・アウレリウス・コッタ
マルクス・ファビウス・ブテオ
紀元前241年
監察官
同僚:クィントゥス・ルタティウス・ケルコ
紀元前236年
次代:
ガイウス・アティリウス・ブルブス
アウルス・ポストゥミウス・アルビヌス
紀元前234年