マニウス・クリウス・デンタトゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rmn-social-header-1-.svg
マニウス・クリウス・デンタトゥス
M'. Curius M'. f. M'. n. Dentatus
タッデーオ・ディ・バルトーロの描くデンタトゥス , シエーナのパラッツォ・プッブリコ
出生 紀元前330年
死没 紀元前270年
出身階級 プレブス
氏族 クリウス氏族
官職 護民官(紀元前298年頃)
執政官(紀元前290年、275年、274年)
プラエトル(紀元前283年)
ケンソル(紀元前272年)
水道二人官(紀元前270年)
指揮した戦争 第3次サムニウム戦争(紀元前290年)
ベネウェントゥムの戦い(紀元前275年)
テンプレートを表示

マニウス・クリウス・デンタトゥスラテン語: Manius Curius Dentatus紀元前330年 - 紀元前270年)は、共和政ローマ時代に三度執政官に就任し、サムニウム戦争を終結させたプレブス出身の英雄である。大プリニウスによると、マニウスの子として産まれた時すでに歯が生えていたため、デンタトゥス(歯のある)という渾名を付けられた[1]

略歴[編集]

デンタトゥスは紀元前298年から291年の間、幾度か護民官を務めた。護民官として、インテルレクスであったアッピウス・クラウディウス・カエクスによる執政官選挙からの平民候補締め出しに対し、元老院に民会を許可するように働きかけるなどして抵抗した[2][3][4]。 この行動はデンタトゥス自身を候補者へと押し上げたが、アッピウスは平民出身の執政官と並立する事に強硬に抵抗し[2]、選出されたのはアッピウスが三度インテルレクスを務めた後であった[5]

紀元前290年、執政官に選出されると、第3次サムニウム戦争を終結させ、サビニ人の反乱を鎮圧、二度の凱旋式[2][6]と、ルカニア人に勝利して小凱旋式を挙行した[2][7]。凱旋後は国家事業であるウェリヌス湖[注釈 1]の排水事業に加わった。

紀元前283年、デンタトゥスは北イタリアに住むガリア人とのアレティウムの戦いにおいて戦死した ルキウス・カエキリウス・メテッルス・デンテル の後任としてプラエトルに就任した。ポリュビオスによれば、デンタトゥスはまず捕虜返還を要求したが、ガリア人は使者を殺してそれに応えたため、怒ったローマ軍によってガリア人セノネス族はそのテリトリーから駆逐され、アドリア海に面した地にセノネスの名を冠した植民地セナ・ガリカが設立されたという[8][9]。ベロッホは、これらのデンタトゥスの大征服によって、ローマ領は約7500平方kmから約13500平方kmまで拡張したと試算している[10]

ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ, デンタトゥスの凱旋式 (1727-1729年)

二度目の執政官を務めた紀元前275年には、エピロスピュロスと戦うために、徴募に応じない兵士の財産を売り払うなど厳しい対応を取り、ベネウェントゥムの戦いにおいて引き分けに持ち込み、ピュロスをイタリア半島から撤退させた[11]。その結果凱旋式を挙行し[12][13]、翌年も続けて執政官を務めた[14]

紀元前272年にはケンソルを務め[15]、同僚の死後も辞任せず[注釈 2]古代ローマで2番目に古い旧アニオ水道建設を引き継いだ。紀元前270年には引き続き水道二人官の一人として建設を担当し、その費用には彼がこれまでに獲得してきた戦利品が充てられたという[12]。この建設中にデンタトゥスは死去し、その後任者 マルクス・フルウィウス・フラックスの監督の元、水道は完成された[16]

逸話[編集]

デンタトゥスは質素で清廉な人物と考えられている。ある時ガイウス・ファブリキウス・ルスキヌスがピュロス王の下へ使節として赴いた時、王の助言者たるテッサリアキネアスから、アテナイでは快楽を判断基準とするエピクロス主義者が哲学者として存在していると聞き大いに驚いた。その話をファブリキウスから聞いたデンタトゥスとティベリウス・コルンカニウスは、ピュロスとサムニウム人がエピクロス主義に染まれば簡単に征服できるのに、といつも語り合っていた。彼らは勝利のために自らを生贄に捧げたデキウス・ムスと友人同士であり、快楽よりも追求すべき素晴らしいものがあると信じていたという[17]

また、晩年は農業をして質素に暮らしていたといい、ある時サムニウム人の大使が高価な賄賂を持って彼の元を訪れると、炉端で蕪を焼いているところだった。彼は賄賂を拒み、こう言ったという「私はこれを食べながら金を持つ連中に指図する方が性に合っている[2][18][19][注釈 3]」 この話が真実か定かではない (ことによると大カトの創作かもしれない) が 、多数の画家たちに題材とされている。

また、デルフト工科大学技術管理学科の学生協会クリウスは、彼の名から付けられた[20]

美術作品[編集]

他にも、 フェデーレ・フィスケッティ[21]、 Jean Guillaume Moitte (1795–1796年)[22]、 作者不明 (1664年)[23] など

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ プリニウス, 7.15.
  2. ^ a b c d e 松原, 33.
  3. ^ ブロートン, 174.
  4. ^ キケロ『ブルートゥス』55
  5. ^ ブロートン, 174–175.
  6. ^ ブロートン, 183.
  7. ^ ブロートン, 184.
  8. ^ ポリュビオス歴史』2.19
  9. ^ ブロートン, 188.
  10. ^ Taylor, p.59.
  11. ^ リウィウス,ペリオカエ 14
  12. ^ a b ブロートン, 195.
  13. ^ Fasti Triumphales[1]
  14. ^ ブロートン, 196.
  15. ^ ブロートン, 198.
  16. ^ ブロートン, 199.
  17. ^ キケロ、老年, 42.
  18. ^ キケロ、老年, 55-56.
  19. ^ マクシムス, 4.3.5.
  20. ^ S.V.T.B. Curius
  21. ^ MET
  22. ^ MET
  23. ^ スコットランド国立美術館

注釈[編集]

  1. ^ 現在のラツィオ州リエーティ付近
  2. ^ ケンソルは同僚が死去した場合残った方も辞任するのが通例。紀元前312年のケンソル、アッピウス・カエクスは任期を過ぎても辞任せずアッピア水道などを建設していた
  3. ^ マクシムスより。デンタトゥスはサムニウム人にこう言った「こう記憶し報告するがいい。私は戦に倒れることはあっても、金に転ぶ事はない (refertote et memento me nec acie vinci nec pecunia corrumpi posse)」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • "Dentatus, Manius Curius" . Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). 1911.
  • Fasti Triumphales at attalus.org. Partial, annotated English translation. From A. Degrassi's "Fasti Capitolini", 1954. Attalus.org

関連項目[編集]

公職
先代:
ルキウス・ポストゥミウス・メゲッルス
ガイウス・ユニウス・ブブリクス・ブルトゥス
ローマ執政官(コンスル)
紀元前290年
同僚
プブリウス・コルネリウス・ルフィヌス
次代:
マルクス・ウァレリウス・マクシムス・コッリヌス
クィントゥス・カエディキウス・ノクトゥア
先代:
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・グルゲス
ガイウス・ゲヌキウス・クレプシナ
ローマ執政官(コンスル)
紀元前275年
同僚
ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス
次代:
マニウス・クリウス・デンタトゥス
セルウィウス・コルネリウス・メレンダ
先代:
マニウス・クリウス・デンタトゥス
ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス
ローマ執政官(コンスル)
紀元前274年
同僚
セルウィウス・コルネリウス・メレンダ
次代:
ガイウス・ファビウス・ドルソ・リキヌス
ガイウス・クラウディウス・カニナ
公職
先代:
紀元前275年 XXXIII
ガイウス・ファブリキウス・ルスキヌス
クィントゥス・アエミリウス・パプス
ローマケンソル
紀元前272年
同僚
ルキウス・パピリウス・プラエテクスタトゥス
次代:
紀元前269年 XXXIV
クィントゥス・マルキウス・ピリップス
ルキウス・アエミリウス・バルブラ