ルキウス・カエキリウス・メテッルス (紀元前251年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルキウス・カエキリウス・メテッルス
Lucius Caecilius Metellus
(L. Caecilius L. f. C. n. Metellus)
出生 紀元前290年
死没 紀元前221年
出身階級 プレブス
氏族 カエキリウス氏族
官職 執政官(紀元前251年、247年)
最高神祇官(紀元前243年)
独裁官(紀元前224年)
テンプレートを表示
カエキリウス・メテッルス家系図

ルキウス・カエキリウス・メテッルスラテン語: Lucius Caecilius Metellus紀元前290年頃 - 紀元前221年)は共和政ローマ中期の政治家、将軍である。執政官(コンスル)に二度選出され、第一次ポエニ戦争を戦った。

出自[編集]

父は紀元前284年に執政官を務めたルキウス・カエキリウス・メテッルス・デンテル。息子には同名のルキウス・カエキリウス・メテッルス、紀元前206年の執政官となったクィントゥス・カエキリウス・メテッルス第二次ポエニ戦争プラエトルとしてハンニバルと戦った、マルクス・カエキリウス・メテッルスがいる。

経歴[編集]

メテッルス自身も紀元前251年紀元前247年に執政官に就任している。また、紀元前243年には最高神祇官(ポンティフェクス・マクシムス)、紀元前224年には独裁官に選出されている。

紀元前251年にはパノルムスの戦いカルタゴの司令官ハスドルバルを破り、シケリア(シチリア)におけるローマの優位性を確立した。この戦いでは13人のカルタゴの将軍を打ち破り、120頭の戦象を捕獲し、凱旋式を挙行する栄誉を得た。戦象の何頭かは、ローマで市民に披露されたが、その姿は「カエキリ」コインに描かれている。

この戦いでローマ軍は恐るべき戦象と戦うことになったが、メテッルスは軽歩兵(ウェリテス)を塹壕に潜ませ、塹壕および城壁からの投げやりや投石攻撃によって戦象にパニックを起こさせた。この攻撃と奇襲によるすばやい反撃を実施することにより、ローマ軍歩兵はカルタゴ軍を一掃した。

メテッルスが最高神祇官を勤めていた時、ウェスタ神殿が火事になりパラディウムパラスに似せて作った木像で神聖なものとされていた)や他の神聖な品々が破壊されそうになった。メテッルスは躊躇することなく炎の中に飛び込み、このローマの神聖なシンボルを抱えて戻って来た。しかし、この際の熱のために、彼は盲目になってしまったが、ローマ元老院は彼に対してチャリオットに乗ってクリアに行く特権を与えた。祖先の高貴な行動を記念して、カエキリウス氏族はパラスの像をそのコインに刻むようになった。

参考資料[編集]

  • Manuel Dejante Pinto de Magalhães Arnao Metello and João Carlos Metello de Nápoles, "Metellos de Portugal, Brasil e Roma", Torres Novas, 1998

関連項目[編集]

公職
先代:
ガイウス・アウレリウス・コッタ
ガイウス・スルピキウス・パテルクルス
ローマ執政官(コンスル)
紀元前251年
同僚
ガイウス・フリウス・パキルス
次代:
ガイウス・アティリウス・レグルス・セッラヌス
ルキウス・マンリウス・ウルソ・ロングス
公職
先代:
ガイウス・アウレリウス・コッタ
プブリウス・セルウィリウス・ゲミヌス
ローマ執政官(コンスル)
紀元前247年
同僚
ヌメリウス・ファビウス・ブテオ
次代:
マニウス・オタキリウス・クラッスス
マルクス・ファビウス・リキヌス
宗教の称号
先代:
ティベリウス・コルンカニウス
ローマ最高神祇官
紀元前241年 – 紀元前221年
次代:
ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス