ファビウス氏族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファビウス氏族の代表的な人物、ウェッルコスス・クンクタートルの像

ファビウス氏族ラテン語: Gens Fabia)は、古代ローマ氏族のひとつ。主に共和政ローマ前期より活躍し、元老院の守護者として名を残す。共和政ローマを代表する名門氏族だといえる。

略歴[編集]

ローマと諸民族との位置関係。ウェイイがローマのすぐ北にある事がわかる

平民に憎まれるファビウス氏族[編集]

ファビウス氏族の名が歴史に現れるのは紀元前5世紀頃。このときローマは共和制初期であり、戦争に次ぐ戦争で領土を拡大していたが、新たに獲得した土地の配分をめぐってプレブス (平民)とパトリキ (貴族)の間で不和が生まれていた。紀元前486年執政官となったスプリウス・カッシウス・ウェケッリヌスは平民との宥和を考え、ヘルニキ人と戦って獲得した土地の半分を平民に分配し、もう半分を同盟者のラテン人に配分することを提案した。これは後の世にも問題となる農地法の、最初の提出である(これより約400年後のグラックス兄弟ガイウス・ユリウス・カエサルのときにも農地法が提出され、そのたびに大騒動を引き起こしている)。だがこれは貴族が暗黙的に利用していた国有地まで含めて分配する法案であったため、彼らの意向を受けた同僚執政官のプロクルス・ウェルギニウスが反対する。また平民も、カッシウスが土地の半分を同盟者に譲ってしまうことに不満を抱いた。カッシウスは公職を退いたあとすぐに処刑されてしまうが、そのとき彼を弾劾したのがファビウス氏族でクァエストル・パッリキディ (査問官)を務めていたカエソ・ファビウスらであり、処刑されたのはカエソの兄弟であるクィントゥス・ファビウスが執政官を務めていた紀元前485年だった[1]。さらにクィントゥス・ファビウスは、ウォルスキ人とアエクィ人との戦いで勝利した際の戦利品を兵士(ほとんどが徴兵された平民であった)から没収し、国庫に収めてしまった。そしてその次の執政官となったカエソ・ファビウスは農地法問題を先送りする。これによりファビウス氏族は貴族からの名声を得たが、平民から憎悪されることとなる[2]

軍務忌避事件[編集]

カエソ・ファビウスが執政官であった紀元前481年ウェイイ人とアエクィ人はローマの領土で略奪を働き、ローマを攻撃する気配を見せた。これを受けてローマでは戦争準備が始まったが、執政官に反感を持つ平民たちは軍務忌避という手段をとった。これは護民官スプリウス・リキニウスの主導によるものだったが、彼はやがて同僚護民官からも軍務忌避はやりすぎだと非難されるようになり、徴兵が行われた。だが実際に戦争が始まると、戦闘自体はカエソ・ファビウスの巧みな指揮で勝利を収めることができたが、兵士達はその後の追撃を拒否し、指揮官を呪う言葉を吐きながら勝手に退却をしてしまう。これは無視できない重大な軍規違反であったが、対処はなにも行われず、戦果も大きかったが、平民の執政官に対する憎悪もまた大きかった[3]

平民との関係改善[編集]

紀元前480年の執政官も貴族の後押しを受けてファビウス氏族であるマルクス・ファビウスが当選し、平民との溝はさらに深くなる。だがそのころ、先の戦争でローマ内部に不和が起こっているのを知ったウェイイが、全エトルリア人を集めてローマを滅ぼそうと宣戦を布告した。護民官の一人はこの期に及んでも農地法を再提出して軍務忌避を呼びかけたが、アッピウス・クラウディウスが他の護民官を説得してなんとか徴兵が実施される[4]

そしてローマ軍はウェイイ・エトルリア連合と対陣したが、マルクス・ファビウスはこのままでは前のような命令拒否で満足に戦えないと判断し、全軍を陣地にこもらせ出撃を命じなかった。これに調子をよくしたエトルリア人達は、ローマの陣営に向けてさかんに侮辱的な罵声を飛ばす。この状況にローマ兵の若手達から不満の声があがり、執政官に出撃を求めたがそれは拒否された。やがてエトルリア人からの罵倒はますます激しくなり、今度はローマの全兵士が執政官のもとに出撃命令を出せと詰め寄った。同僚執政官のグナエウス・マンリウスが譲歩しかけたとき、マルクス・ファビウスはこう発言した。「兵士達が勝利することはわかっているが、彼らが勝利を願っているのかがわからない。兵達が勝利者として戻ってくると神に誓わない限り、私は出撃命令を出さない」この言葉を聴いて、請願に来ていた百人隊長がまず神々に誓い、次々と全兵士が勝利を誓った[5]

そして出撃命令が出され、ローマとウェイイ・エトルリア連合との戦いが始まった。戦いに参加したファビウス氏族の男達はみな勇敢に戦い、前々回の執政官を務めたクィントゥス・ファビウスは最前線で剣を振るい、華々しい戦死を遂げた[6]。このときの戦いは執政官のグナエウス・マンリウスが戦死するほど激烈なものであったが、エトルリア人は包囲殲滅され、ローマにとって比類ない勝利となった。元老院はこの勝利を祝って生き残った執政官であるマルクス・ファビウスの凱旋式を提案したが、マルクスはクィントゥス・ファビウスおよび同僚執政官の死を悼んで、凱旋式を辞退した。誰もが望む栄誉である凱旋式を自ら断ったことにより、ファビウス氏族は平民からも多くの賞賛を受け、翌紀元前479年の執政官選挙ではカエソ・ファビウスは貴族だけではなく平民の支持も受け再選された[7]

ファビウス氏族の壊滅[編集]

ウェイイは大打撃を受けたがローマと講和を行わず、ゲリラ戦を継続した。すなわちローマの領土で盛んに略奪を行うが、ローマ軍が編成され近づいてくると、戦わず都市に立て篭もってしまうのである。当時はアエクィ人やウォルスキ人がローマの隙をうかがっており、サビニ人やエトルリア人もローマに対して敵意を抱いているため、ウェイイのみに専念することができなかった。これを憂慮したカエソ・ファビウスは驚くべき宣言をする。ローマ軍を動かすことなく、ファビウス氏族だけで軍を編成し、ファビウス氏族の私費でウェイイと戦争を行うとしたのだ。この決断は全ローマ市民が賞賛し、ファビウス氏族の名声は最高潮に達した[8]

306人のファビウス氏族と4000人のクリエンテスはウェイイとローマの境界線付近に陣取った。そしてウェイイの略奪を防ぎ、何度かウェイイの軍勢と会戦を行いこれに勝利する。一氏族の私費の軍隊に負けたという屈辱はウェイイを怒らせ、彼らは計略を用いてこれを壊滅させようと考えた。それからしばらくの間、ファビウス氏族が現れるとウェイイ軍は無様に逃げ回り、ファビウス氏族が略奪を始めると偶然を装って家畜の群れを捕まえさせるなどといったことが続いた。これによってファビウス氏族は増長し、ローマから遠く離れたところまで略奪を行うようになった。ある日、いつものように略奪行に出ているときに家畜の大群を発見。家畜はすぐに散り散りになって逃げ始めたので、ファビウス氏族は隊列を崩してこれを捕らえ始める。だが家畜を追うのに夢中になっているうちに、彼らはエトルリア人の伏兵に完全に包囲されていた。ファビウス氏族は必死に楔形陣形をとりなんとか包囲を突破して丘に陣をはったが、そのときウェイイ軍の本隊が突然背後から現れて襲い掛かり、その場でファビウス氏族の306人は一人残らず戦死した[9]

この出撃の際にファビウス氏族はカルメンタリスの門(ローマのカピトリヌスの丘の南西隅にあった)を通ったため、これ以降ここは「不幸の通路」と呼ばれるようになった。しかし、ファビウス氏族はこのときたった一人の幼い男子(後に紀元前467年紀元前465年紀元前459年の執政官を務めるクィントゥス・ファビウス・ウィブラヌス)が残っており、辛うじて血脈を繋ぐ事が出来たのだった

後継者たち[編集]

アウグストゥス帝時代に鋳造された、クィントゥス・ファビウス・マクシムスのコイン

その後もファビウス氏族はローマの守り手として活躍しており、紀元前4世紀後半にはクィントゥス・ファビウス・マクシムス・ルリアヌスサムニウム戦争で大きな戦果を挙げ、独裁官を二度務めたとされ、マクシムスの尊称を贈られた。

紀元前3世紀後半には、先祖と同じく二度独裁官に任命されたクィントゥス・ファビウス・マクシムス・ウェッルコススが歴史に登場する。彼は第二次ポエニ戦争の際、戦争の天才であったハンニバル・バルカ相手に徹底した持久戦を行ったため、市民からクンクタートル(のろま、ぐずの意味)と貶された。だが相手に勝利を掴ませない戦略は短期決戦を望むハンニバルを苦しめ、やがて市民も彼の戦略の正しさを認め、ウェッルコスス・クンクタートルは「ローマの盾」とあだ名されるようになった。

また同時代のクィントゥス・ファビウス・ピクトルはローマ最初の歴史書を執筆し、彼の書はポリュビオスティトゥス・リウィウスハリカルナッソスのディオニュシオスなど後世の歴史家にも引用された。

ファビウス氏族の著名な人物[編集]

メンバー[編集]

ウィブラヌス家[編集]

アンブストゥス家[編集]

ドルスオ家[編集]

マクシムス家[編集]

リキヌス家[編集]

ピクトル家[編集]

ブテオ家[編集]

ラベオ家[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ リウィウス, 2.41.
  2. ^ リウィウス, 2.42.
  3. ^ リウィウス, 2.43.
  4. ^ リウィウス, 2.44.
  5. ^ リウィウス, 2.45.
  6. ^ リウィウス, 2.46.
  7. ^ リウィウス, 2.47.
  8. ^ リウィウス, 2.48-2.49.1.
  9. ^ リウィウス, 2.50.
  10. ^ Broughton, p.21.
  11. ^ a b Broughton, p.22.
  12. ^ Broughton, p.32.
  13. ^ Broughton, p.54.
  14. ^ Broughton, p.68.
  15. ^ Broughton, p.69.
  16. ^ Broughton, p.41.
  17. ^ Broughton, p.76.
  18. ^ Broughton, p.79.
  19. ^ Broughton, p.120.
  20. ^ Broughton, p.156.
  21. ^ Broughton, p.121.
  22. ^ Broughton, p.81.
  23. ^ Broughton, p.104.
  24. ^ Broughton, p.94.
  25. ^ Broughton, p.132.
  26. ^ Broughton, p.151.
  27. ^ Broughton, p.131.
  28. ^ Broughton, p.163.
  29. ^ Broughton, p.149.
  30. ^ Broughton, p.181.
  31. ^ a b Broughton, p.201.
  32. ^ Broughton, p.224.
  33. ^ Broughton, p.262.
  34. ^ Broughton, p.314.
  35. ^ a b Broughton, p.384.
  36. ^ Broughton, p.469.
  37. ^ Broughton, p.520.
  38. ^ Fasti Capitolini
  39. ^ Broughton, p.474.
  40. ^ Broughton, p.530.
  41. ^ Broughton, p.196.
  42. ^ a b Broughton, p.216.
  43. ^ Broughton, p.199.
  44. ^ Broughton, p.251.
  45. ^ Broughton, p.361.
  46. ^ Broughton, p.217.
  47. ^ Broughton, p.319.
  48. ^ Broughton, p.335.
  49. ^ Broughton, p.408.
  50. ^ Broughton, p.378.
  51. ^ Broughton, p.543.
  52. ^ Broughton, p.103.
  53. ^ Broughton, p.141.
  54. ^ Broughton, p.200.

参考文献[編集]

関連項目[編集]