マルクスの二挺拳銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルクスの二挺拳銃
Go West
Go West poster.jpg
監督 エドワード・バゼル
脚本 アーヴィング・ブレッチャー
製作 ジャック・カミングス
出演者 マルクス兄弟
ジョン・キャロル
ダイアナ・ルイス
音楽 ジョージ・ストール
撮影 レナード・スミス
編集 ブランシュ・セーウェル
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1940年12月6日
日本の旗 1950年8月12日
上映時間 80分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

マルクスの二挺拳銃』(マルクスのにちょうけんじゅう、原題:Go West)は、1940年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

マルクス兄弟メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)専属第四作。監督は前作『マルクス兄弟珍サーカス』に引き続きエドワード・バゼル。共演は主に西部劇で活躍したジョン・キャロルD・W・グリフィス作品などで知られるベテラン、トゥリー・マーシャルなど。

あらすじ[編集]

ゴールドラッシュに沸く開拓時代のアメリカ西部。一攫千金を夢見て東部からやって来たパネロ兄弟は、ダンという老人から、「死人の谷」という辺境の土地の権利書を10ドルで譲り受ける。ダンによると、その土地は40年前にターナーという詐欺師同然の男から無理やり売りつけられたという。一方、ダンの孫娘イヴとターナーの孫テリーは恋仲であるが、前述の事情によりダンに結婚を許してもらえない。そこで2人は「死人の谷」を東部の鉄道会社に高く売ってダンの怒りをおさめようとするが、事情を知らないパネロ兄弟は酒場のおやじレッドに飲み代代わりに権利書を渡してしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ版1 テレビ版2
クエンティン・クエール グルーチョ・マルクス 千葉耕市 肝付兼太
ジョセフ・パネロ チコ・マルクス 藤村有弘 加茂嘉久
ラスティ・パネロ ハーポ・マルクス
テリー・ターナー ジョン・キャロル 堀勝之祐
イヴ・ウィルソン ダイアナ・ルイス 一条みゆ希
ダン・ウィルソン トゥリー・マーシャル
ビーチャー ウォルター・ウルフ・キング 大塚周夫
レッド・バクスター ロバート・バラット 細井重之
ビーチャー ウォルター・ウルフ・キング
ルルベル ジェーン・マクロイ 小谷野美智子
  • テレビ版1:初回放送1979年12月30日 NHK『アメリカ喜劇映画(2)』

スタッフ[編集]

  • 監督:エドワード・バゼル
  • 製作:ジャック・カミングス
  • 脚本:アーヴィング・ブレッチャー
  • 音楽:ジョージ・ストール
  • 撮影:レナード・スミス
  • 編集:ブランシュ・セーウェル
  • 日本語版台本:佐藤一公(テレビ版1)

外部リンク[編集]