マルクス一番乗り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルクス一番乗り
A Day at the Races
監督 サム・ウッド
脚本 ジョージ・オッペンハイマー
原案 ロバート・ピロッシュ
ジョージ・シートン
製作 サム・ウッド
アーヴィング・タルバーグ(クレジットなし)
ローレンス・ウェインガーテン(クレジットなし)
出演者 マルクス兄弟
モーリン・オサリバン
アラン・ジョーンズ
音楽 ブロニスラウ・ケイパー
ワルター・ユルマン
フランツ・ワックスマン
撮影 ジョセフ・ルッテンバーグ
編集 フランク・E・ハル
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1937年6月11日
日本の旗 1938年3月
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

マルクス一番乗り』( - いちばんのり、原題・英語: A Day at the Races)は、1937年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。 この映画は前作『オペラは踊る』と同じくらいに大ヒットを記録した[1]

概要[編集]

マルクス兄弟メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)専属第二作。前作に引き続きサム・ウッドが監督、アラン・ジョーンズが共演した他、『ターザンの逆襲』のモーリン・オサリバン、『オペラハット』のダグラス・ダンブリルが出演している。前作同様ストーリー性が強く、やや冗長の観は否めないが、随所に見られるギャグシーンでは、3人が持ち味を発揮し、それなりに楽しめる内容になっている。

キャスト[編集]

  • ハッケンブッシュ博士:グルーチョ・マルクス
  • トニイ:チコ・マルクス
  • スタフィ:ハーポ・マルクス
  • ジュディ:モーリン・オサリバン
  • ギル:アラン・ジョーンズ
  • アプジョウン夫人:マーガレット・デュモン
  • モーガン:ダグラス・ダンブリル
  • スタインバーグ博士:シグ・ルーマン
  • 保安官:ロバート・ミドルマス

スタッフ[編集]

  • 監督:サム・ウッド
  • 製作:サム・ウッド、アーヴィング・タルバーグ(クレジットなし)、ローレンス・ウェインガーテン(クレジットなし)
  • 脚本:ロバート・ピロッシュ(原案)、ジョージ・シートン(原案)、ジョージ・オッペンハイマー
  • 音楽:ブロニスラウ・ケイパー、ワルター・ユルマン、フランツ・ワックスマン
  • 撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ
  • 編集:フランク・E・ハル
  • 美術:セドリック・ギボンズ
  • 衣裳:ドリー・ツリー

あらすじ[編集]

舞台は競馬場近くの診療所。経営難に苦しむオーナーのジュディは、患者で富豪のアプジョウン夫人の強い希望で名医ハッケンブッシュ博士を呼び寄せる。だが、ハッケンブッシュ博士なる者は、田舎で馬の医者をしている男だった。夫人は博士に病気を治してもらえれば、病院に資金援助をしても良いという。一方、ジュディの恋人で売れない歌手のギルは、運転手のトニイ・騎手のスタフィと協力し、名馬「ハイ・ハット」を買ってレースの賞金をジュディに渡そうと考える。だが、債権者で病院乗っ取りを企てるモーガンは、博士の正体を暴き、さらにトニイらの計画を潰そうと悪巧みを巡らす。

後世での評価[編集]

2000年、『マルクス一番乗り』は、 アメリカン・フィルム・インスティチュートのリスト『アメリカ喜劇映画ベスト100』の第59位にランクインした[2] >[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]