チコ・マルクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チコ・マルクス
Chico Marx
Chico Marx
1930年頃撮影
本名 Leonard Joseph Marx
生年月日 (1887-03-22) 1887年3月22日
没年月日 (1961-10-11) 1961年10月11日(74歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 俳優コメディアン音楽家
ジャンル 映画舞台
活動期間 1910年 - 1960年
配偶者 ベティ・カープ(1917年 - 1940年)
メアリー・デ・ヴィタス(1958年 - )
著名な家族 ハーポ(弟)
グルーチョ(弟)
ガンモ(弟)
ゼッポ(弟)
主な作品
我輩はカモである
オペラは踊る
テンプレートを表示

レナード・ジョセフ・"チコ"・マルクス(Leonard Joseph "Chico" Marx, 1887年3月22日 - 1961年10月11日)は、アメリカのコメディアン俳優音楽家。「マルクス兄弟」の長男として、舞台・映画に出演した。

来歴[編集]

1887年3月22日にニューヨークマンハッタンで、ユダヤ系移民の家庭に生まれる[1]。貧しい家庭のために幼い頃から働きつつ、母ミニーのもとで芸能の訓練を積んでいった。1910年代以降、ハーポグルーチョガンモゼッポの4人の弟と共にヴォードヴィルの舞台に立ち、アメリカ各地で公演を行った。「チコ」という芸名は、「チキン("女性"のスラング)を追いかけ回す奴」に由来している[2]

ブロードウェイでの成功ののち、ハーポ、グルーチョ、ゼッポと共にパラマウントと契約、映画に出演する。ヴォードヴィル時代から、チコは自身のキャラクターとして、イタリア人的な特徴を取り入れ、イタリア訛りのステレオタイプ的な人格を演じていた。映画内でのチコのキャラクターは、学はないが魅力的な詐欺師であることが多く、基本的にハーポのキャラクターと相棒の関係を築いていた。衣装としては、古ぼけた服と、チロル帽で個性を出していた。

また、チコはピアニストとしての才能が卓越しており、幼い頃からピアニストとしての収入を得ていた。映画でもチコのピアノ演奏は定番となり、ほとんどの作品でチコの演奏シーンが用意されている。指を銃に見立てて鍵盤を「撃つ」ように演奏するなど、独特の指使いで知られている。

ヴォードヴィル時代から兄弟のマネージャーをしていた母ミニーの死後、チコは代わってグループのマネージメントを担当していた[1]。パラマウントとの契約満了後にMGMと契約することを可能にしたのは、敏腕プロデューサーのアーヴィング・タルバーグとチコの間につながりがあったことである。

また、チコは生涯、ギャンブルの悪癖を抱えていた。彼はギャンブル依存により常に多額の借金を抱えた状態にあり、1946年の映画『マルクス捕物帖』は、その借金返済に充てるために制作されたものだった。

1949年に映画界から退いたのちは、ビッグバンドを率いたり、ときおりテレビに出演したりしていた。1961年10月11日、ハリウッドの自宅で動脈硬化で死去した[1]

主な出演作品[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]