マリア・ヒタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はカマルゴ第二姓(父方の)はマリアーノです。
マリア・ヒタ
Maria Rita @ Virada Cultural 2009 07.jpg
2009年、サンパウロにて
基本情報
出生名 Maria Rita Camargo Mariano
別名 マリア・ヒタ・マリアーノ
生誕 (1977-09-09) 1977年9月9日(43歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル サンパウロ州サンパウロ
学歴 ニューヨーク大学
ジャンル MPB, サンバ
職業 歌手
担当楽器 ヴォーカル
活動期間 2001年 -
レーベル ワーナー・ラティーナ
WEAインターナショナル
ユニバーサル
公式サイト 公式ウェブサイト

マリア・ヒタ(Maria Rita, 1977年9月9日 - )は、ブラジルサンパウロ出身のMPB歌手ラテン・グラミー賞やブラジルのプレミオ・ムルチショウ・ヂ・ムジカ・ブラジレイラ (Prêmio Multishow de Música Brasileira) などの音楽賞で多数受賞の実績を持つ。英語読みでマリア・リタと表記されることもある。

経歴[編集]

ピアニストアレンジャーセザール・カマルゴ・マリアーノと歌手エリス・レジーナの娘として出生。本名はマリア・ヒタ・カマルゴ・マリアーノ (Maria Rita Camargo Mariano)。ミュージシャンとして活動しているペドロ・マリアーノは実兄、音楽プロデューサージョアン・マルセロ・ボスコリは異父兄に当たる。名前の由来は、両親が家族ぐるみで親交があったヒタ・リーにちなんで付けられたものであり、本人も歌手になるという夢を14歳の頃から持っていた。

幼い頃に母親のレジーナを亡くし、青春期は父親とアメリカで暮らしていた。ニューヨーク大学でラテンアメリカ学と社会コミュニケーション論を学び、卒業後はジャーナリストとして青少年向けの雑誌に関わっていた。

その後、24歳でプロの歌手として活動するようになり、1枚目のセルフタイトルアルバム『Maria Rita』を発表。ブラジル国内で50万枚を売り上げてプラチナディスクとなり、国外でもヒットして注目のデビュー作となった。

2004年のラテン・グラミー賞では、総合部門 (General Field) において最優秀新人賞 (Best New Artist)、「A festa」で最優秀ポルトガル語歌曲賞 (Best Song in Portuguese)、さらにアルバム『Maria Rita』が最優秀MPBアルバム賞 (Best MPB Album) となり三冠を受賞した。2枚目のアルバム『セグンド』は、2006年の同賞で最優秀MPBアルバム賞となり、さらにホドリゴ・マラニャォン (Rodrigo Maranhão) の作曲による収録曲「カミーニョ・ダス・アグアス」("Caminho das Águas") も最優秀ブラジル歌曲賞 (Best Brazilian Song) を受賞した。またこのアルバムを引っさげてモントルー・ジャズ・フェスティバルノース・シー・ジャズ・フェスティバルサンフランシスコ・ジャズ・フェスティバルへの参加など50以上の国外公演を敢行し、好評をもって迎えられた。

2008年には、BBCが主催するワールド・ミュージックの賞、BBC Radio 3 Awards for World Musicにノミネートされた。同年は6月28日に初めてロンドンでの公演を開催したほか、11月に日本公演も行なった。

ブラジル屈指の女性歌手であった母親・レジーナの名声はヒタの人生に大きな影響を及ぼしており、「偉大な歌手の娘であるということは常に意識している」と自ら語ってもいるが、2012年のライブアルバム『Redescobrir』でようやくレジーナの曲を取り上げるまで、母親が歌って有名になった曲を自ら歌うことは敢えてしてこなかった。デビューもレジーナの娘ということを伏せて独力で勝ち取ったものである。一方で、エラ・フィッツジェラルドなどの歌手を参考にしつつ彼女自身が作り上げたジャジーなヴォーカルスタイルによって、母親のレジーナとは一線を画している。

ディスコグラフィー[編集]

  • Maria Rita (2003年)
  • Segundo セグンド(2005年)
  • Samba Meu サンバ・メウ(2007年)
  • Elo(2011年)
  • Redescobrir(ライブアルバム、2012年)
  • Coração a Batucar(2014年)
  • O Samba em Mim - Ao Vivo na Lapa(ライブアルバム、2016年)
  • Amor e Música(2018年)

他アーティストとの共演としては、ミルトン・ナシメントのアルバム『Pietá』にマリア・ヒタ・マリアーノ名義で参加し、収録曲「Tristesse」でナシメントとデュエットしている。この曲は2003年のラテン・グラミー賞最優秀ブラジル歌曲賞を受賞した。ナシメントからはアルバム『Maria Rita』の1曲目「A Festa」の提供を受けている。なお、ナシメントはヒタの母親であるレジーナがその楽曲を取り上げたことで注目され、その後MPBの大御所となったという経緯があり、ヒタとも浅からぬ縁がある。

また、2004年のグラミー賞受賞者であるウルグアイ出身の歌手ホルヘ・ドレクスレルが2006年に発表したアルバム『12 Segundos de Oscuridad』では、収録曲「Soledad」でデュエットした。彼女はブラジルのラップヒップホップグループであるオ・ハッパ (O Rappa) の大ファンであり、彼らのライブにカメオ出演したことがある。

受賞・ノミネート[編集]

ラテン・グラミー賞[編集]

2004年 結果
最優秀アルバム賞『Maria Rita』 ノミネート
最優秀レコード賞「A Festa」 ノミネート
最優秀新人賞 受賞
最優秀MPBアルバム賞『Maria Rita』 受賞
最優秀ブラジル歌曲賞「A Festa」 受賞(賞はミルトン・ナシメントに授与)
2006年 結果
最優秀MPBアルバム賞『セグンド』 受賞
最優秀ブラジル歌曲賞「カミーニョ・ダス・アグアス」 受賞 (賞はホドリゴ・マラニャォンに授与)
2008年 結果
最優秀サンバ・パゴーヂアルバム賞『サンバ・メウ』 受賞(パウリーニョ・ダ・ヴィオラ (Paulinho da Viola) の『MTV Unplugged』と同時受賞)
2011年 結果
最優秀レコード賞「Latinoamérica」 受賞フィーチャーアーティストとして)
2012年 結果
最優秀MPBアルバム賞『ELO』 ノミネート
2013年 結果
最優秀MPBアルバム賞『Redescobrir』 受賞
2014年 結果
最優秀サンバ・パゴーヂアルバム賞『Coração a Batucar』 受賞

プレミオ・ムルチショウ・ヂ・ムジカ・ブラジレイラ[編集]

2003年 結果
最優秀新人賞(ソロ) ノミネート
2004年 結果
最優秀アルバム賞『Maria Rita』 ノミネート
最優秀女性歌手賞 受賞
最優秀歌曲賞「A Festa」(ミルトン・ナシメント) ノミネート
最優秀DVD賞『Maria Rita』 ノミネート
最優秀公演賞 ノミネート
2008年 結果
最優秀アルバム賞『サンバ・メウ』 受賞
最優秀女性歌手賞 ノミネート
最優秀歌曲賞「あなたを許すわ」("Tá Perdoado") ノミネート
2013年 結果
最優秀女性歌手賞 ノミネート

外部リンク[編集]