マダラチョウ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マダラチョウ亜科 Danainae
Danaus chrysippus Female by kadavoor.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科 : マダラチョウ亜科 Danainae
学名
Danainae
Boisduval, 1833[1]
シノニム

マダラチョウ亜科(マダラチョウあか、Danainae)は、タテハチョウ科を分類する亜科の1つである。

幼虫(毛虫)の餌になるさまざまなmilkweedsに卵を産むマダラチョウ亜科(milkweed butterflies)には、clearwing butterflies(トンボマダラ族(Ithomiini))、およびゴウシュウマダラ族(Tellervini)が含まれる。

この亜科のチョウは世界中に約500種[3] [4] [5] [6]生息している。

マダラチョウ族(Danaini)のほとんどは熱帯アジアとアフリカで見られるが、トンボマダラ族(Ithomiini)は新熱帯区(南米大陸および中米のエリア)で見られる。

ゴウシュウマダラ族(Tellervini)はオーストラリアと東洋区(東アジアの一部(日本のトカラ列島小宝島以南の南西諸島、台湾西部平野、中国の秦嶺山脈以南)、東南アジアの大部分、インド亜大陸)に限定されている。

北米では、オオカバマダラ(monarch butterfly(Danaus plexippus))、ジョオウマダラ(queen butterfly(Danaus gilippus))、トラフマダラtropical milkweed butterfly(Lycorea halia cleobaea))、soldier butterfly("tropical queen"またはDanaus eresimus)の4種が見られる。

これらの中で、オオカバマダラは南北アメリカで最も有名な蝶の1つである。

分類[編集]

マダラチョウ亜科は、現在、タテハチョウ科の亜科Danainaeに分類されている。 ただし、以前の名前のDanaidaeはまだ時々使用される。[7]

この亜科に認識されている族は、次のとおり[8]。 和名は徳重, 森 & 福崎 (2021)による。

化石のマダラチョウ亜科Archaeolycorea属は、ブラジルの漸新世または中新世のTremembé層から知られている。

特徴[編集]

幼虫は胸部にtuberclesを持っており、宿主として茎にラテックス様化合物を含むことが多いキョウチクトウ科の植物を使用している。

成虫は警告色である。(警告信号として明るい色に着色されている。)

脅威[編集]

多くのハチヤドリバエは、マダラチョウ亜科の蝶の幼虫に捕食寄生する。[9]

アメリカとカナダの景観の大幅な変更、農薬の大規模な使用、メキシコでの森林破壊の増加は、渡りをするオオカバマダラを脅かしている。

脚注[編集]

  1. ^ "Danainae" (英語). Integrated Taxonomic Information System. 2021年5月4日閲覧
  2. ^ a b c 徳重, 森 & 福崎 2021.
  3. ^ Danaini - Nymphalidae.net
  4. ^ Tellervini - Nymphalidae.net
  5. ^ Ithomiini - Nymphalidae.net
  6. ^ Butterfly Taxome Project: Butterfly Families - ucl.ac.uk
  7. ^ Ackery, P. R.; Vane-Wright, R. I. (1984). Milkweed butterflies, their cladistics and biology: being an account of the natural history of the Danainae, subfamily of the Lepidoptera, Nymphalidae. British Museum (Natural History), London. p. 17. ISBN 0-565-00893-5. https://archive.org/details/milkweedbutterfl0000acke/page/17 
  8. ^ Danainae - funet.fi
  9. ^ Clarke, A.R.; Zalucki, M.P. (2001). “Taeniogonalos raymenti Carmean & Kimsey (Hymenoptera: Trigonalidae) reared as a hyperparasite of Sturmia convergens (Weidemann) (Diptera: Tachinidae), a primary parasite of Danaus plexippus (L.) (Lepidoptera: Nymphalidae)”. Pan-Pacific Entomologist 77 (?): 68–70. 

参考文献[編集]