リュウキュウアサギマダラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウアサギマダラ.jpg
リュウキュウアサギマダラ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目 Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科 : マダラチョウ亜科 Danainae
: マダラチョウ族 Danaini
: リュウキュウアサギマダラ属 Ideopsis
: リュウキュウアサギマダラ
I. similis
学名
Ideopsis similis
(L., 1758)
和名
リュウキュウアサギマダラ
英名
Ceylon Blue Glassy Tiger
亜種
  • I. s. similis
  • I. s. persimilis

リュウキュウアサギマダラ(琉球浅葱斑、学名:Ideopsis similis)は、チョウ目・タテハチョウ科に属するチョウの一種。

特徴[編集]

いかにも南国らしい翅を持つチョウである。「アサギマダラ」と名が付くが、アサギマダラ属アサギマダラとは別属である。アサギマダラより一回り小さく、前翅と後翅で地色が同じであることで区別可能である。また、翅の模様も本種のほうが細かい。

食草のガガイモ科植物に含まれるアルカロイドを体内に持ったまま成虫になるので、本種を食べても苦い。それによって鳥に食べられるのを防いでいる。それを知らしめるように緩やかに飛び、人を恐れず近寄ってくることもある。 花に来ることが多く、タチアワユキセンダングサなどで吸蜜しているのを観察できる。

マダラチョウ亜科に属するチョウは、日本ではアサギマダラを除き南西諸島にしかいない。

生活史[編集]

インドスリランカミャンマーマレーシア中華人民共和国南部、台湾、日本の南西諸島に生息する。移動性はなく、奄美大島より北では迷蝶である。越態は成虫。枝などにぶら下がって越冬する。

幼虫はツルモウリンカを始めとするガガイモ科植物を食草とする。

参考文献[編集]

  • 牧林功解説 『日本の蝶』成美堂出版、1994年、ISBN 4-415-08045-6
  • 日本環境動物昆虫学会編『チョウの調べ方』文教出版、1998年、ISBN 4-938489-11-2

関連項目[編集]