マイケル・スターン (指揮者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・スターン(Michael Stern, 1959年 - )は、アメリカ合衆国指揮者。現在はミズーリ州で、カンザスシティ交響楽団音楽監督と首席指揮者を兼務している。また、テネシー州ジャーマンタウンにアイリス管弦楽団を設立して初代音楽監督も務めている。

略歴[編集]

著名なユダヤ系ヴァイオリニストのアイザック・スターンを父に持つ。1981年米国史ハーヴァード大学より学士号を取得。その後はフィラデルフィアカーティス音楽院指揮法マックス・ルドルフに師事して1986年に卒業。メイン州ハンコックピエール・モントゥー記念学園で2度夏季講習に参加した。

1986年9月、異例なことに卒業からわずか1ヵ月で、他の2人の新人指揮者とともにレナード・バーンスタインに招かれて、指揮法のワークショップに参加した後、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団を指揮してデビューを果たす[1]。この栄誉のお蔭でクリーヴランド管弦楽団の指揮者助手の地位を提供され、1991年まで務めた。同年、リヨン国立管弦楽団の永年客演指揮者に就任した。またパリボルドーリールトゥールーズなど、フランス各地やその他のヨーロッパ諸国とも共演した。

1996年にリヨン国立管弦楽団を辞任して、ザールブリュッケン放送交響楽団の首席指揮者に就任、同楽団の歴史において初のアメリカ人指揮者となった。在任中に、ヘンリー・カウエルチャールズ・アイヴズらアメリカ人作曲家の作品の数々を録音に残して名を馳せた。また同楽団を率いてスペインポルトガルスイス中国で演奏旅行を行なった。その後、2000年に退任した。

帰国後はテネシー州ジャーマンタウンに、アメリカの現代音楽を専門とするオーケストラ、アイリス管弦楽団を創立した。アイリス管弦楽団との活動に加えて、北米各地をめぐって多くの交響楽団と共演しており、2001年の夏にニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の一連の演奏会に客演したほか、シカゴ交響楽団フィラデルフィア管弦楽団ピッツバーグ交響楽団セントルイス交響楽団ヒューストン交響楽団ボルチモア交響楽団トロント交響楽団シンシナティ交響楽団ナショナル交響楽団を指揮した。アスペン音楽祭にも定期的に出演し、2001年の9月には、中国を演奏旅行中のウィーン放送交響楽団を指揮した。このほかにも、王立ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団オスロ・フィルハーモニー管弦楽団ベルゲン交響楽団ベルリン・ドイツ交響楽団ブダペスト放送交響楽団イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団チューリヒ・トーンハレ管弦楽団ロンドン交響楽団ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団BBC交響楽団イギリス室内管弦楽団台湾国立交響楽団シンガポール交響楽団NHK交響楽団などとともに、国際的に活動を続けている。

2005年9月30日カンザスシティ交響楽団の音楽監督兼首席指揮者に就任した。現在も在任中であるが、アイリス管弦楽団との活動や他のオーケストラへの客演も継続している。

外部リンク[編集]