ヘンリー・カウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Henry Cowell

ヘンリー・ディクソン・カウエルHenry Dixon Cowell1897年3月11日 - 1965年12月10日)は、アメリカ合衆国作曲家アイルランド系アメリカ人

カリフォルニア州メンロ・パーク出身。幼時より非西洋音楽に親しむ。1914年よりカリフォルニア大学チャールズ・シーガーに作曲を学ぶ。1931年よりベルリン音楽民族学エーリヒ・フォン・ホルンボステルに学び、テヘランチェンナイなどアジアへの研究旅行を行った。後にニューヨークコロンビア大学の教授となった。弟子にはジョン・ケージルー・ハリソンジョージ・ガーシュウィンらがいる。また「ニュー・ミュージック・エディション」の編集者兼発行人として新しいアメリカ音楽の紹介に努めた。

初期にはトーン・クラスターの実験を行い、1931年、ロシア人レフ・テルミンと共同で「リズミコン」という楽器を製作している。チャールズ・アイヴズカール・ラッグルズジョン・ベッカーウォリングフォード・リーガーとともにアヴァンギャルドなグループと位置づけられ、アメリカ5人組と呼ばれた。

作品は19曲の交響曲、2つの琴のための協奏曲、打楽器協奏曲、アコーディオン協奏曲、室内楽曲、合唱曲、歌曲など1000曲近くに上る。そのかたわら「新しい音楽の源泉」などの著作も残し、後進に大きな影響を与えた。

エピソード[編集]

  • 1936年、年齢の離れた若い男性に手を出して逮捕。懲役四年の判決が下るが、刑務所内でバンドを結成しそのための音楽を作曲したことで話題となった。
  • 1957年日本を訪れており、雅楽の印象を元に「ONGAKU」を作曲している。

文献[編集]

  • Bartok, Peter, Moses Asch, Marian Distler, and Sidney Cowell; revised by Sorrel Hays (1993 [1963]). Liner notes to Henry Cowell: Piano Music (Smithsonian Folkways 40801).
  • Boziwick, George (2000). "Henry Cowell at the New York Public Library: A Whole World Of Music," Notes [Music Library Association], 57.1 (available online).
  • Cage, John (1959). "History of Experimental Music in the United States" (available online), in Silence (1971 [1961]), pp. 67–75. Middletown, Conn.: Wesleyan University Press. ISBN 0-8195-6028-6
  • Cowell, Henry (1993 [1963]). "Henry Cowell's Comments: The composer describes each of the selections in the order in which they appear." Track 20 of Henry Cowell: Piano Music (Smithsonian Folkways 40801).
  • Gann, Kyle (1995). The Music of Conlon Nancarrow. Cambridge, New York, and Melbourne: Cambridge University Press. ISBN 0-521-02807-8
  • Harrison, Lou (1997). "Learning from Henry," in The Whole World of Music: A Henry Cowell Symposium, ed. Nicholls; pp. 161–167.
  • Hicks, Michael (2002). Henry Cowell, Bohemian. Urbana: University of Illinois Press. ISBN 0-252-02751-5
  • Sachs, Joel (2012). "Henry Cowell: A Man Made of Music" (available online) Oxford University Press. ISBN 0-195-10895-7
  • Kirkpatrick, John, et al. (1997 [1988]). 20th-Century American Masters: Ives, Thomson, Sessions, Cowell, Gershwin, Copland, Carter, Barber, Cage, Bernstein. New York and London: W. W. Norton. ISBN 0-393-31588-6
  • Lichtenwanger, William (1986). The Music of Henry Cowell: A Descriptive Catalogue. Brooklyn, N.Y.: Brooklyn College Institute for Studies in American Music. ISBN 0-914678-26-4
  • Mead, Rita H. (1981). Henry Cowell's New Music, 1925–1936. Ann Arbor, Mich.: UMI Research Press (excerpted online). ISBN 0-8357-1170-6
  • Nicholls, David (1991 [1990]). American Experimental Music 1890–1940. Cambridge, New York, and Melbourne: Cambridge University Press. ISBN 0-521-42464-X
  • Nicholls, David, ed. (1997). The Whole World of Music: A Henry Cowell Symposium. Amsterdam: Harwood Academic Press. ISBN 90-5755-003-2
  • Nicholls, David, ed. (1998). The Cambridge History of American Music. Cambridge, New York, and Melbourne: Cambridge University Press. ISBN 0-521-45429-8
  • Oja, Carol J. (1998). Liner notes to Henry Cowell: Mosaic (Mode 72/73).
  • Oja, Carol J. (2000.) Making Music Modern: New York in the 1920s. New York: Oxford University Press. ISBN 0-19-505849-6
  • Sollberger, Harvey (1992 [1974]). Liner notes to Percussion Music: Works by Varèse, Colgrass, Saperstein, Cowell, Wuorinen (Nonesuch 9 79150-2).
  • Sublette, Ned (2004). Cuba and Its Music: From the First Drums to the Mambo. Chicago: Chicago Review Press. ISBN 1-55652-516-8
  • Thomson, Virgil (2002). Virgil Thomson: A Reader—Selected Writings 1924–1984. Edited by Richard Kostelanetz. New York and London: Routledge. ISBN 0-415-93795-7