マイクロビキニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイクロビキニ
布地のないマイクロビキニ
マイクロビキニ

マイクロビキニは、着用する者の身体の最小限のプライベートゾーンだけを覆うよう、大胆にデザインされた水着であり、ビキニの一種である。英語圏ではマイクロキニ: Microkini)という。

熱帯民族が着用したごく小さな衣類に基づいて形作られている。1995年には過激なデザインのマニアオンラインのコミュニティにおいて、マイクロキニと呼ばれるようになったが、しばしばマイクロビキニとも呼ばれている。

マイクロビキニは、幅の狭いTバックや、性器を覆うだけの細い布地が付いたGストリングなどが一般的であり、従来からあるTバックの水着はこれらに対して保守的にも見える。

1970年代初頭にアメリカ合衆国カリフォルニア州ヴェニス・ビーチにおいて、でいることを禁止する法律が制定されてから、ビーチの常連たちは、新しい法に適応するために小さい水着を作り始めたことがその始まりである。手製の水着は、小さすぎたり、布地の再利用などによるもので、質的に劣るものもあった。1975年頃に、地元のビキニ店がこの考えを採り入れて、現代的な素材を使用した、より実用的なスタイルのものを作るようになった。

マイクロビキニはヌーディズムと旧来の水着の中間に位置するものであり、法的な制約の枠内で最大限に挑発的な水着として発展した。1990年代以降、世界において何十ものメーカーが男女のためにマイクロビキニを生産している。


関連項目[編集]