ポンス (揚陸艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポンス (揚陸艦)
130426-N-GZ984-233.jpg
基本情報
種別 ドック型輸送揚陸艦
建造所 ロッキード造船
運用者  アメリカ海軍
要目
基準排水量 9,201 トン(軽荷)
満載排水量 16,590 トン
全長 173.7 m
最大幅 30.4 m
吃水 6.7 m
機関方式 蒸気タービン
主機 2基
推進器 2軸
出力 24,000hp
速力 21 ノット (39 km/h)
搭載能力 海兵隊員 900名
乗員 士官24名、下士官・兵396名
兵装 Mk 38 25mm単装機銃 2基
ファランクスCIWS 2基
M2 12.7mm機銃 8基
LaWs レーザー兵器システム
搭載機 CH-46 6機
搭載艇 LCACエアクッション揚陸艇 1隻、LCU 1隻、LCM-4 4隻、LCM-6 9隻、AAV7 24輛のいずれか
テンプレートを表示

ポンス(Ponce)は、アメリカ海軍ドック型輸送揚陸艦である。現在、レーザー兵器を使用するアメリカ海軍艦艇としては唯一の艦である。母港はノーフォーク海軍基地である。

2014年レーザー兵器システム(LaWS: Laser Weapon System)の試作品が艦載され、2014年8月から1年間に及び運用試験を行った。NAVSEA (Naval Sea Systems Command) によって開発され、30 kW 級の出力を持っており、これは商用の5.4 kW 級レーザーを6基束ね、そこにアメリカ海軍研究所 (Naval Research Laboratory) が開発したビーム・コンバイナーが組み込まれた構造をしている。またコスト削減を目的に、取り付け台や望遠鏡、赤外線センサーなどは既存の部品が多く用いられている。