ポラリス・スリングショット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポラリス・スリングショット
Polaris Slingshot
Polaris Slingshot.jpg
乗車定員 2人
エンジン GM直42.4LDOHC
駆動方式 MR
変速機 5速MT
サスペンション (前)スウェイバー付きダブルウィッシュボーン
(後)ダブルウイッシュボーン
全長 3,800mm
全幅 1,980mm
全高 1,318mm
ホイールベース 2,667mm
車両重量 752.9kg
-自動車のスペック表-

スリングショットSlingshot)は、カナダスノーモービル全地形対応車メーカーであるポラリス・インダストリーズが初めて製造した三輪自動車タイプのスポーツカーである。同社では三輪のオートバイとして扱っている。ステアリング・ホイール、横一列のバケットシートにより傾き調節ができる。カーボン製のベルトドライブにより後輪の一輪で駆動する[1]ESCトラクションコントロールABSを標準装備している。

解説[編集]

2013年に特許画像がインターネット上に公開される[2]。翌2014年1月にレタリング画像が公開される[3]。同年7月3日にティーザー映像を公開[4]

GMから供給された直列4気筒2.4LDOHC「Ecotec」を搭載し最高出力173hp/6,200rpm、最大トルク22.9kgm/4,700rpmを発揮する。また、地上高はわずか127mmとなっている他、ドア、屋根やウィンドシールド、エアバッグ、クラッシャブルゾーンが装備されていないためヘルメットを着用することになる。ヘルメットはシートの後ろに収納可能である。上級モデルのSLはウィンドシールド、バックカメラ、プレミアムアルミホイール、Blutooth対応のオーディオが装備される。

アメリカではトライクの扱いとなるため、二輪免許が必要となる[5]

日本でも2015年の東京モーターショーで初公開され、2016年にホワイトハウスからスリングショットとスリングショットSLが発売された。免許は普通自動車となり、ナンバープレートは3ナンバーとなる。

グレード[編集]

  • スリングショット
標準仕様グレード
  • SL
ウィンドシールド、バックカメラ、プレミアムアルミホイール、Blutooth対応6スピーカーオーディオシステムを装備。
  • SLR
リアタイヤを305mmとし、コンポジットブレーキディスク、大型エアインテーク、LEDライト、Sparco製アルミペダルとステアリングホイール、ギアノブなどを装備する他、スリングシェードという着脱式ルーフをオプション設定している。
  • SL LEミッドナイトチェリー
ウインドシールド、バックアップカメラ、ロックフォード・フォズゲート製サウンド・システム、Bluetooth対応といった快適性を少し向上させている他、ダーク・チェリーのメタリック塗装に、ホワイトパールのグラフィックを組み合わせ、燃料キャップ、スイングアーム、コントロールアームも白く塗装している特別仕様のカスタムペイント。

脚注[編集]

外部リンク[編集]