ボープレオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Beaupréau

Blason ville fr Beaupréau (Maine-et-Loire).svg

Beaupréau - Hotel de ville.jpg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) メーヌ=エ=ロワール県Blason duche fr Anjou (moderne).svg
(arrondissement) ショレ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 49023
郵便番号 49600
市長任期 ジェラール・シュヴァリエ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) C.C. du Centre-Mauges
人口動態
人口 6 914人
2012年
人口密度 193人/km2
住民の呼称 Bellopratains
地理
座標 北緯47度12分10秒 西経0度59分36秒 / 北緯47.2027777778度 西経0.993333333333度 / 47.2027777778; -0.993333333333座標: 北緯47度12分10秒 西経0度59分36秒 / 北緯47.2027777778度 西経0.993333333333度 / 47.2027777778; -0.993333333333
標高 平均:m
最低:32m
最高:117 m
面積 35.79km2
Beaupréauの位置(フランス内)
Beaupréau
Beaupréau
公式サイト ville-beaupreau.fr
テンプレートを表示

ボープレオBeaupréau)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県のかつて存在したコミューン

地理[編集]

歴史的・自然区分上の地方であるモージュ地方の中心コミューンである。ショレの北西18kmのところにある。

コミューンは、エヴル川の蛇行によって生じた斜面、標高32mから117mの間に広がっている[1]。3579ヘクタールの面積はボカージュ(低潅木地帯)の風景と、ウシを飼うたくさんの牧場が特徴である。コミューンには小さな池や森が多く点在している。ロワール渓谷にある近隣のコミューンとは異なり、ボープレオにはブドウ畑はないが、リンゴを栽培する多くの果樹園がある。

由来[編集]

地名が11世紀にBello-Pratellum、11世紀終わりにBello-Prael、1075年頃にBello Pratello、12世紀初頭にBel-Pratel[2] · [3]、1793年と1801年にはBeaupreauと記されたことが証明されている。その後、Beaupréauとなった[4]

ボープレオは、2つのローマ起源の要素を基本とする、中世に形作られた地名である。古フランス語のpräelは後期ラテン語のpratellu、短縮するとpratuは『草地』を指す。最初の要素beauは『美しい』を意味する古ラテン語belである。したがって、全体的な方向としてはbeau pré、『美しい草地』となる[3]

歴史[編集]

ユグノー戦争時代、ボープレオは王権に対抗していた。アンリ4世が王位につくと、アンジェソミュールを除くアンジューの大部分は、新教徒を王と認めようとしなかった。スグレ、ボージェ、ボープレオ、シャロンヌ・シュル・ロワールのリーグ派たちは王に協力することを拒んだ。1593年、王がカトリックに改宗すると、平和が戻った[5]

18世紀、ヴァンデ戦争が起きると多くの人々がカトリック王党軍に加わった。1793年3月、カトリック王党軍のショレおよびボープレオ師団には9000人もの兵士があり、彼らを指揮していたのがモーリス・ジゴ・デルベであった。ボープレオが脚光を浴びたのは、1794年にシャレットが沼地やボカージュでの遠征で勝利を収め、ロシュジャクランストフレがモージュ地方で勝利したときである。

第一次世界大戦では、131人のボープレオ出身者が命を落とし、第二次世界大戦では14人の出身者が殺された[2]

2014年、自治体間連合に参加しているコミューンを統合し、ボープレオ=アン=モージュ(Beaupréau-en-Mauges)の名で新たにコミューンとなる計画が生まれた[6] · [7]。2015年7月2日、自治体間連合内のコミューン議会全てが、2015年12月15日より新コミューンとなることに賛成票を投じた[8]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
4577 4955 5428 5782 5937 6217 6456 6914

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[9]、2004年以降INSEE[10][11]

史跡[編集]

  • セネシャル邸宅 - 16世紀から19世紀。1900年代には廃墟と化していたが、1930年代に修復された。
  • ノートルダム教会 - ネオゴシック様式。

姉妹都市[編集]

ボープレオと姉妹都市となっているのは以下の自治体である[12]

脚注[編集]

  1. ^ IGN, Répertoire géographique des communes (RGC 2012), consulté le 6 février 2014 - Données consultables sur WikiAnjou.
  2. ^ a b Célestin Port, "Dictionnaire historique géographique et biographique de Maine-et-Loire", 1874-1878, Édition révisée de 1965 par Jacques Levron et Pierre d'Herbécourt, t. 1 p. 294
  3. ^ a b Albert Dauzat および Charles Rostaing, Dictionnaire étymologique des noms de lieux en France, Paris, Librairie Guénégaud, 2e éd., 738 p., p. 64
  4. ^ EHESS, Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui, Notice communale de Beaupréau, consultée le 6 février 2014 - Nom de la municipalité en 1793 (an II), selon le recensement réalisé sur l’ensemble du territoire français de l’époque, et en 1801, selon les « Arrêtés de réduction des justices de paix » (actes publiés au Bulletin des lois) constituant la première nomenclature officielle des circonscriptions administratives de la France contemporaine.
  5. ^ Paul Wagret、Jacques Boussard、Jacques Levron および cartes de H. Jacquinet et P. Simonet, couverture de G. Marjollin, Visages de l'Anjou, Paris, Horizons de France, coll. « Collection Provinciales »,‎ , in-8°, 178 p.
  6. ^ Communauté de communes du Centre-Mauges, Compte-rendu des délibérations du conseil communautaire du 25 juin 2015, portant demande de création d’une commune nouvelle sur la totalité du périmètre de l’intercommunalité en place au 1er juillet, document du 3 juillet 2015.
  7. ^ Ouest-France, « Commune nouvelle. Ce sera… Beaupréau-en-Mauges ! », sur ouest-france.fr,‎ .
  8. ^ Ouest-France, « Feu vert pour trois communes nouvelles », sur ouest-france.fr,‎ .
  9. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=3284
  10. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  11. ^ http://www.insee.fr
  12. ^ Comité de jumelage, Site jumelage Beaupréau, consulté le 19 janvier 2013