スグレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Segré
Blason ville fr Segré (Maine-et-Loire).svg

Segré - Eglise - Vue depuis le vieux pont.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) Unofficial flag of Pays-de-la-Loire.svg ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏
(département) Drapeau fr département Maine-et-Loire.svg メーヌ=エ=ロワール県
(arrondissement) スグレ郡
小郡 (canton) スグレ小郡
INSEEコード 49331
郵便番号 49500
市長任期 ジル・グリモー
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Canton de Segré
人口動態
人口 6,593人
2008年
人口密度 415人/km2
住民の呼称 Segréenne, Segréen
地理
座標 北緯47度41分14秒 西経0度52分15秒 / 北緯47.6872222222度 西経0.870833333333度 / 47.6872222222; -0.870833333333座標: 北緯47度41分14秒 西経0度52分15秒 / 北緯47.6872222222度 西経0.870833333333度 / 47.6872222222; -0.870833333333
標高 平均:?m
最低:22m
最高:92 m
面積 15.87km2 (1 587ha)
Segréの位置(フランス内)
Segré
Segré
公式サイト Site de la ville de Segré
テンプレートを表示

スグレSegré)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県の旧コミューン

地理[編集]

アンジェレンヌ間、ナントラヴァル間の各道路が交差する地点にあたる。

歴史[編集]

スグレとは、ラテン語で『孤立した』を意味するセクレトゥム(Secretum)に由来する。

10世紀、初代アンジュー公フールクが、2つの河川を見下ろす突端の上に城を築いた。封建時代のモットーは今も見ることができる。

11世紀、アンジュー公フールク3世(fr)時代に城壁を備えた石造りの城に建て替えられた。1066年にこの城はブルターニュ公コナン2世軍によって攻略されている。

1191年、時のアンジュー公にしてイングランドリチャード獅子心王は、自らの王妃ベレンガリア・オブ・ナヴァールの所領とするため、ジョフロワ・ド・ラ・ゲルシュの持つスグレを没収した。

1490年、高アンジュー地方を荒らしまわっていたならず者たちによって、スグレの町全体が破壊された。

1589年、アンリ3世の名代としてアンジュー総督であったラ・ロシュポ伯爵は、かつてリーグ派のものだったスグレを攻略した。スグレを平定後、彼は城と城壁、全ての要塞化された邸宅を解体させた。

1635年、リシュリューは自らの家臣であるルーヴェヌ領主ギヨーム・ド・ボートリュに、スグレを男爵領として与えた。

フランス革命後の1795年、200人の共和国軍兵士たちが防衛するスグレに、2000人もの反乱軍が侵攻した。4時間の戦闘後、共和国側が降伏した。町は略奪され、身柄を拘束されていた33人の共和国派の人々が虐殺された。

19世紀から20世紀初頭、スグレの人口は増加傾向にあった。原因は、隣接コミューンの併合、鉄道網の拡張、鉄とスレート産業の拡大にあった。

1944年8月5日から6日、ドイツ軍は、侵攻するアメリカ軍に対して、スグレの町に火を放ち、60人の人質をとった。郡と司祭の仲介をとらなかったため、彼らは非難された。

少なくとも中世以来、スグレは鉄とスレートの採掘を産業としてきた。スグレ、ニオワゾー、ノワイヨン、コンブレは、高アンジュー地方における鉄およびスレート採掘の中心地だった[1]シェール川ロワール川が近くにあったことで、これら河川は産業の拡大に貢献することとなった[2]。スグレの産業は大きな変化に直面している。この30年間、スグレにおいて、行政ニーズである経済、教育、保健、社会保険を満たすため、ビジネスや文化・スポーツ施設が開発された。

2016年12月15日、周辺コミューンと合併し、コミューン・ヌーヴェル(fr)であるスグレ=アン=アンジュー・ブルーとなった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
5 203 5 959 6 702 6 777 6 434 6 410 6 593

source = Cassini[3] et INSEE[4]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ D'ardoise en minerai de fer, le Haut-Anjou minier et ses cités, sur le site de l'association pour la promotion et la conservation du patrimoine minier et ardoisier du haut-Anjou.
  2. ^ La Loire – les peuples du fleuve, par Abel Poitrineau. pp. 63-86, La sarabande des frets. Éd. Horvath, Saint-Étienne, 1989. ISBN 2-7171-0639-1
  3. ^ http://cassini.ehess.fr/ Population par commune avant 1962 (résultats publiés au journal officiel ou conservés aux archives départementales)
  4. ^ INSEE : Population depuis le recensement de 1962