ペタソス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ペタソス古希: πέτασος, pétasos)は、古代ギリシアのつばの広い日よけ帽。テッサリアに起源を持ち、しばしばクラミュス英語版と呼ばれるマントと併用される。一般的には羊毛のフェルト生地やなどから作られ、広くだらりとしたつばがついている。農夫や旅人が身に着けていることが多く、田舎の人間の特徴であるとされていた。

ギリシア神話の伝令神ヘルメースローマ神話におけるメルクリウス)の着用する翼ある帽子(羽根兜)もペタソスと呼ばれ、彼らの象徴であった[1]

アテーナイ騎兵が被っていた金属の兜は、ペタソスの形を模して作られた。例えば、つばの外側の縁に、おそらく布のカバーをつけるために穴が開いている。そのことは主に、レリーフ壺絵などから分かるが、アテナイ人の墓からも考古学的な実例が発見されている[2]

ギャラリー[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Petasos”. Encyclopædia Britannica. 2018年4月24日閲覧。
  2. ^ Nicholas Sekunda, The Ancient Greeks (Osprey Publishing, 1986, 2005), p. 19.

関連項目[編集]